整形外科的Blog

運動器疾患を担当する整形外科のBlogです。医療から法律、ネット文化などを話題にしています。

組織の健全性って、ヤバイ時にヤバイって言えることかと思います。。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
脊椎手術の医療事故ですね。
http://blog.koshihakase.com/?eid=3550

船整と言えば、千葉大の手術のうまい先生達が共同で作り上げた

できる外科医の為の先進施設

と言われていましたよね。

とくに人工関節で先進的だったので、
みんなこぞって見学やら研修やら行きたい病院No1な病院です。

現在の状況はよくわからないですが、この類いの脊椎の事故は稀ですがわりとある事とはいえ、
なかなか結論は難しいですね。

基本は、
ヤバいかもと思ったら”ヤバい”と言うのを上司が推奨している施設かどうか
というのは健全度を測る良い指標かと思っています。

原発がメルトダウンしたのに上層部はこぞって逃げて、国民へは計画停電させて目くらまししたどこかの某国は、かなり健全ではないということですよ。

いかに実績や手術が良い先生でも、かならず

”なんでも言ってくれ!”

と普段からみんなに見るポイントを指導している
教育に自信のある先生でないと外科医はダメな気はしています。

脊椎も400件近い数をこなすという、かなり大きい施設だったようですが、
大きな組織になれば、必ずこのようなことを乗り越えて行かねばいけないと思うので、
なんとか乗り越えて行ってほしいと思います。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形内科の教科書あるじゃん。。 でもどうして個人で翻訳をやり遂げてしまうんですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
整形内科のテキストを探していたら




オステオパシーの教科書普通に日本語でありますね。

 travel&simmonsでいいじゃんって思ってたんですが、やっぱり整形外科診察法との絡みの教科書が欲しかったんですね。

 オステオパシーっていうのは、俗にいうDOっていうやつですね。米国では医師としての教育機関として認定されています。シンセスのAOコースにもDOの先生、たくさん来ていました。

最初のオステオパシーの本の訳者の先生は

DC

 つまりカイロですね。カイロプラクティック。カイロは米国ではDOと異なり医師としては認定されていませんが、ヘルスケアプロバイダーとしては認知されているようです。日本ではカイロとか医師ではない方が、残念ながら整形外科と協力できずにこういうものを日本で広めるので、なんとなく整形外科へ浸透しない気がするんです。
 このような方でも技術の高い方も多いと思うので実際問題とってももったいない構造な気がします。このような知識や技術を公にしようとせず、自分達だけのの手柄や技術にしてしまっていて広まらない気がするんですね。どうしてカイロの先生が自分だけで翻訳してしまうのか、というところに、公共性の欠如を感じるのです。ま、経済活動の自由があるので、全然自由でいいのですが、誤解を生み出す原因なのかなと。

 しかしながら、手技療法学会とかも活躍してきているので、だいぶ改善されて行くかもしれませんね。やっぱり統合的な部分で医師との協力が不可欠な部分なので、医師を巻き込んでこのような活動が展開されて行く方が良いと思います。主導権はどちらでもいいのですが、コンセンサスと責任の問題なのではないかと思うんです。だって内科や整形外科の先生と協力しないと絶対に完結しない問題が部分的には必ずあるはずだからですね。

 でもって、次の新しい本はPTの先生です。

訪問理学療法技術ガイド2014年11月、文光堂
スポーツ理学療法学 2014年5月、編集執筆、メジカルビュー社
5ミニッツオステオパシー 2014年3月、監訳、医道の日本社
ファッシャル・リリース・テクニック 2012年6月、監訳、医道の日本社
DVDで学ぶ 理論と実践!治療的テーピング 2012年6月、監訳、医学映像教育センター
オステオパシーアトラス 2010年8月、監訳、医道の日本社
運動学テキスト 2010年4月、編集及び章担当、南江堂
メイトランド四肢関節マニピュレーション 2010年4月、監訳、医学映像教育センター
臨床スポーツ医学 2009年1月、監訳、医学映像教育センター
メイトランド脊椎マニピュレーション 2008年7月、監訳、エルゼビア・ジャパン
マリガンのマニュアルセラピー 2007年9月、監訳、協同医書出版
エビデンスに基づく整形外科徒手検査法 2007年8月、監訳、エルゼビア・ジャパン
運動器リハビリテーションの機能評価1 2006年12月、監訳、エルゼビア・ジャパン
運動器リハビリテーションの機能評価Ⅱ 2006年12月、監訳、エルゼビア・ジャパン
理学療法のクリティカルパス下巻 2005年12月、監訳、エルゼビア・ジャパン
理学療法のクリティカルパス上巻 2004年12月、監訳、エルゼビア・ジャパン

 僕、この先生の翻訳した教科書たくさん持っている事に気がつきました。日本の理学療法教科書の草分け的な先生ですね。是非とも頑張ってほしいです。(ただ少し翻訳が気になるところがあるのは気のせいでしょうか。)

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

マリガン・コンセプトの日本語論文見つけました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
帰ってきた! シリーズ腰痛(5)マリガン・コンセプトと腰痛
The Japanese journal of acupuncture & manual therapies 70(10), 76-84, 2011-10
赤坂 清和

 正直、頸椎の方で使用していて、腰痛には使用していませんが、胸椎にはもっと上手に使いたいと思っています。
 腰痛はASTRの方が効果的で、あんまりマリガン使ってなかったんですが、ちょっとトライしてみようかと思います。
 ただ、トライするのもわりと大変そうなので、自分の体を痛めそうだなとか思ってます。

 マリガンよりもASTRで腰痛にはアプローチしています。マリガンだとどれくらいアウトカムがあるのかちょっと適応やら診断含めて聞いてみたいですね!

赤坂先生のブログも見つけたので、今後参考にして行きます。
http://smuptakasaka.blog.fc2.com/

これでなんとなく糸口が見えてきましたね!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

初期研修トラブルシューティング 再掲

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
初期研修トラブルシューティングというテーマで再掲してみます。
これまでいろんなこと書いて来たもんですね。。

1、研修をスムースにすすませる為に。

*周りとうまくあわせること。
http://www.orthopedic.jp/archives/52115450.html
いろんな年代のいろんな人と仲良くするのは結構難しいですね。

*だれも受けた救急患者さんとってくれないんです。
http://www.orthopedic.jp/archives/52099290.html
院内たらいまわし問題ですね。
院内ルールが未整備でプアーだと末端の人にしわ寄せが、、

2、上司がなんかヘンなの。助けて編

*上司が明らかにミスしそうな状況でどう立ち回ればいいの?
http://www.orthopedic.jp/archives/52089829.html
何にも知らないふりして、上司のミスを直すのはわりと難しい気がします。

*セクハラされた時の対応。
http://www.orthopedic.jp/archives/52133366.html
セクハラをしたときされた時に役に立つ情報です.

3、部下がなんかおかしいの。こんな時どうする編

*嘘つき研修医さんへの対応
http://www.orthopedic.jp/archives/52144842.html
虚偽記載してもあっけらかんとしてるような人はどう対応すればいいんでしょう。。

*病的な研修医さんへの対応
http://www.orthopedic.jp/archives/52081464.html
ヘルプしてもすねて周囲を罵倒するような研修医はどう対応すればいいんでしょう。。

*言う事聞いてくれないんです!!
http://orthopedic.jp/archives/52149637.html
仕事の全体像って言うのもあるから、研修よりも優先してほしい事もあります。

4、職場がなんかおかしいの。
*職場がブラックでまっくろけっけなの!
http://www.orthopedic.jp/archives/52063667.html
なかなか病院の根本がおかしな組織だと、歯車が全部狂ってきますよね。。

こんな感じかな。エントリーの内容は題名とちょっと異なりますが、
だいたいそんな感じですね!

みなさんの体験談もお待ちしております!!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

マンガで学ぶ 家庭防災! by JPSSO

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
http://www.jpsso.org/
からの拾い物です。

sss


ここで家庭の防災マニュアルを漫画化しているようです。
http://www.jpsso.org/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC-%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E3%81%AE%E9%98%B2%E7%81%BD%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB/

熊本地震をきっかけに整備してみてはどうでしょうか。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。


電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛に関わるスタッフは必見!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
新人さんの必読本!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ