整形外科的まとめBlog

運動器疾患を担当する整形外科のBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を背景にまとめて取り上げてまっす。

先生方は、若い整形外科医と一緒にスポーツ医学会を作っていく意志が本当にありますか?日本整形外科学会第38回スポーツ医学研修会報告1

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
整形外科学会 第38回 スポーツ医学研修会 報告

日本整形外科学会が主催する第38回スポーツ医学研修会に参加してきました。

一言で感想を言うと、”とてもつらい”です。

何がつらいというと、朝の8時から夕方6時までほとんど休みなく座って講義を聴かないといけないからです。正直、こんだけ長時間座っていると、エコノミークラス症候群で誰か死にかねないなとまじめに思いましたし、休み時間も10分程度、それも講義ごとにとれるわけではないので、かなりつらかったです。

講義内容も知識全般の全体のコンセンサスを全然とっていないように感じ、個人の主張も入れ混じっていたので、ためにならない講義も多く、”教育というよりはむしろ、お金の収集を目的としているのではないのか?”と思われても仕方ないと思います。

多分、テストを作らないんだから、座学だけでいいだろう、批判されたらテストでも始めよう。などと思われているのかもしれませんが、ワークショップなどで診察実技や運動処方の実技を取り入れたり、SmallGroup学習で、各参加者の先生と知見を深めたり、少し工夫をしてスポーツ界にも人間学と教育学をとりいれないと、

この分野はいまだ根性主義で、未来がさっぱりないなとか若い人に思われてしまいますよ。

と個人的には思いました。

FYI
・専門医取得後に講義を聞いて、2年連続聴講すると日本整形外科学会のスポーツ医学専門医の資格がもらえるそうです。
・値段がかなり高く、この講義の内容を考えると、かなりのぼったくられ感があります。これまで受けた講習の中で最悪の講習でした。
・ただ原先生の講義はすばらしかった。山澤先生も面白かった。
・もう少し講義の内容を学会としてスタンダード化させると聞きやすいのかもしれません。
・あと重複がものすごい多くて正直いらいらしました。整理すれば講義は半分量くらいにはなると思います。
・質問できないのであれば、ビデオでも変わらないのではないかと思いました。講義の学習効果は300人大教室だとほとんどないと考えたほうがいいと思われます。半分くらい講義もつまらないので寝ているようでした。

澤選手の”さわ”やかな言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
http://atr4440.tumblr.com/post/7790832610
以上から転載しました。

“We knew that what we were doing here could be about a little more than just a football tournament. If winning this makes one person, someone who lost something or someone or was hurt or damaged by the events that touched our country, feel better for even one moment, then we have really achieved a most special thing. If it makes everyone happy and joyful and gives them a reason to cheer after such difficult times, then we have been successful. Japan has been hurt and so many lives have been affected. We can not change that but Japan is coming back and this was our chance to represent our nation and show that we never stop working. This is like a dream to us and we hope our country shares it with us.”

「我々のしていることは、ただサッカーをするだけではないことを、意識してきた。我々が勝つことにより、何かを失った人、誰かを失った人、怪我をした人、傷ついた人、彼らの気持ちが一瞬でも楽になってくれたら、私達は真に特別な事を成し遂げた事になる。こんな辛い時期だからこそ、みんなに少しでも元気や喜びを与える事が出来たら、それこそが我々の成功となる。日本は困難に立ち向かい、多くの人々の生活は困窮している。我々は、それ自体を変えることは出来ないものの、日本は今復興を頑張っているのだから、そんな日本の代表として、復興を決して諦めない気持ちをプレイで見せたかった。今日、我々にとってはまさに夢のようで有り、我々の国が我々と一緒に喜んでくれるとしたら幸いです」


感動しました。ひとつひとつがんばる事にも気配りを忘れないこと。大切ですね。


この本は小さな子供がいる、もしくは近い将来会えるお父さんお母さんにぴったりの本です。
医療従事者ではない友達の出産祝いとして送ることが多いです。



準備はOK?そろそろ専門医試験を準備する時期ですよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑簡単にまとまっていてオススメです。


例年どおり7月提出であれば、そろそろ提出症例を集めて回る時期です。

とりあえず何をしたらいいの?
http://www.orthopedic.jp/archives/51774878.html
提出症例の作り方
http://www.orthopedic.jp/archives/51775312.html
試験勉強に必要な本
http://www.orthopedic.jp/archives/51776121.html
2011年試験
http://www.orthopedic.jp/archives/51772843.html

フォーマットはこちらから
http://www.joa.or.jp/jp/joa/apply/index.html

もちろん現段階で論文も発表もない人は来年受験になります。
もちろん腫瘍の単位をとりそびれた人は来年受験になるかもですね。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。

整形外科専門医試験に役に立つ教科書 その1 とりあえずこの本を買いましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
とりあえず取り急ぎ整形外科専門医試験に役に立つ本を紹介していきます。
http://www.orthopedic.jp/archives/51776121.html

1、標準整形外科 
☆☆☆☆☆

一番新しい標準整形外科を入手しましょう。標準整形外科はどんどん新しくなり、学生のころの”使えない”標準整形外科からは進化してきています。臨床もわりともれなくないてあるので、専門医試験のための教科書と考えてもいいかと思います。スタンダードな知識でこれ一冊だけでも十分かもしれません。

2、整形外科卒後研修Q&A
☆☆☆☆☆

今年Q&Aは改定されるでしょうか?第6版が来そうですね。リウマチのかなりの部分が改定になっているのでそろそろ改定が必要でしょう。Q&Aを何回かとくのが合格への第一歩のような気がします。 この2冊は必ず必要なものかと思います。症例を提出して準備が終わったら、とりあえず問題集を標準整形片手に始めるというのがいいかと思います。他の教科書はとりあえず最初は必要ないと思います。これだけで50-60%は大丈夫です。

他に必要なものは次回乗せていきます。 今後ともよろしくお願いしますね! eseikeiUntitled
↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。

提出症例について。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
提出症例について。

提出症例の作成にはとても時間がかかりました。もちろん当直の間などに作るわけですが、これがどうして締め切りに間に合わない間に合わない!どうして時間がかかるかというと、

1、ミスのないように何回もチェックが必要。
2、指導の先生にチェックしていただく必要がある。
3、フォロー期間が必要で、レントゲンが足りなかったり所見が足りないことがある。
4、複数施設の症例が必要なため、症例を前の施設にとりにいかねばならず、かつ他施設から持ってきた症例のデータが足りなかったりすることがあるので何回か往復する羽目になる。
5、文句があまりつけられないようなスタンダードな治療を選ばなければいけない。
6、提出症例の内容を複雑なものにすると複雑につっこまれて面接試験ではまることがある。

というような理由で時間がかかります。

特に、どう”突っ込まれないか”というのが大切なようで、膝蓋骨骨折であるとか、アキレス腱断裂であるとか、突っ込まれようがない症例をどれだけ選べるかどうかが重要だと教えていただきました。

かつ、”スタンダードな治療”というのも曲者で、骨折であればスタンダードと自分の施設が思っていても、全国的なスタンダードというのが少し異なったりすることがあるので、そういう整形外科的な多様性を理解できているかどうかという部分に難しさを感じました。

突っ込まれる部分もある程度決まっていて、たとえば大腿骨頚部骨折やアキレス腱であればガイドラインの内容など定型的な質問がある程度想定されます。症例に関する論文やガイドラインのレビューは試験前までに準備しておいて、想定されうる質問を準備しておいたほうが無難かと思います。

まぁ、面接試験ではあまり落ちそうな印象はなかったのですが、先生によっては不合格を出す厳しい先生もいるようなので、注意が必要かと思います。 今後ともよろしくお願いしますね! eseikeiUntitled
↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
予約販売中です!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ