整形外科的まとめBlog

運動器疾患を担当する整形外科のBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を背景にまとめて取り上げてまっす。

初期研修ミニマムエッセンス的に必要な教科書 再掲

toorurulle

初期研修対策ですが、購入すべき本としては、以下の本を挙げておきます。

僕的な研修ミニマムエッセンス的に必要な教科書はこんな感じです。

1、内科 
up to date使えるようになれば御の字だと思うんですよね。患者さんの内科的な診療内容が理解できて記録できるんだったら、uptodate通りに情報収集と治療計画立てて、指導医と確認して医療行為すれば、正直ほぼ内科ってそれでいいんじゃ、、と思いました。もちろん手技ですとか、現場感覚は臨床にいないとあれですが、uptodateってすごいですよね。。ですから、内科の教科書を挙げるとしたら、currentくらいかな。。毎年改定でしたよね?”今年のやつ”買ってくださいね。

↑、一応currentは全部病気が乗ってるわけじゃないけど、一応一般的なことが網羅されていて、uptodate毎年される教科書で、安くて、読みやすいので価値があると思います。uptodateが使えれば十二分だと思いますよ。小児科研修は余裕があったので、uptodateも緑の本(Nelson)読んでましたが、学生の時と違って内科研修ではきつくってもう連日夜12時くらいで力尽きて、青い本(Harrison)なんかは勉強する時間はありませんでした。。

消化器内科、神経内科、循環器内科、内分泌内科などそれぞれの科の特性と手技の特性があるので、それを専門に入ったら研修する感じでいいんじゃないかな、僕はもう心カテとかやらないし、、

2、外科 
腫瘍マニュアルはあった方が外来こなしやすいというか、ないと仕事にならないですよね。手術の解剖やら手技書みたいなのを、先輩の手術記録とにらめっこしながら、っていうスタイルでいいんじゃないでしょうか。


3、麻酔科 
研修チェックシートでいいでしょ。この本は優れもので、これだけでいいから全部覚えろ!とか言われました。


4、小児科 
薬がめんどくさいので、薬の本が重要ですね。小児科は、しっかり全身を診察することができるようになって、異常と正常が汲み取れるようになって、発熱の見方がわかるようになればいいんじゃないかなとか、、、難しいですけど、整形外科でも結局小児科的な発想は重要ですよ!
 ちなみに、私は、HEINEの耳鏡手に持って、外来頑張ってました。研修病院では3年間外来やらないと小児診れるようにはならん!って言われてました。今度、オススメの耳鏡の記事を書きますね!


5、整形外科 
手術とか外傷とか画像診断に興味があると思うんですが、身体診察が最も重要だと思います。なぜならプライマリーでそういう患者さんが多いからです。整復とかレントゲン読影もできるようになるといいけどね!


6、産婦人科 
可能であれば、ALSO/NRP受けたいですよね。僕はテキスト流し読みだけですませましたが、可能だったらALSO受けてからお産とりたかったな。。1ヶ月何件くらいお産を経験するのが平均になってますか?

7、救急 
研修する前に、PALSやらJATECは受けておきたいですけど、なかなか難しいですね。ACLSは使用頻度はさほど高くないんですが、ある程度不整脈に強くなるのはいい部分ですね!

↑外傷に関わる整形外科医は必須というか、逆にERがあると、やらなくていいかもですが、ERと協力するつもりなら勉強しておいた方がいいかなと強く思います。

↑くらいで初期研修はいいんじゃない?教科書は改訂版のチェックは各自でお願いいたします。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

90%の痛みが治せる事はわかったけど、この維持をどうするかという問題。やっぱプールかね。。

ま、腰痛、肩痛、頸部痛、ほとんど90%くらいはすぐ治せる事はわかってきたんですが、
今後は、これをどうやって継続させるかという部分かなと。

慢性痛にならなければ、わりとそのまま良くなる人が多いですが、
慢性痛になると少し成績が落ちます。(3ヶ月以内治療で60-70%くらいかな。2-3週間隔外来ではこれでせいいっぱいっす。)

なんとなくですが、これ

”運動療法やらない群が圧倒的に成績が悪い”

という感じです。

幸いにして今の職場はかなり意識高い人間が多いので、
普段からプールに行ってるけど、なんかオカシイ治らない。
こういう人って、かなり治りますね。すぐ。

でも、運動しない、タバコ辞めないとか、忙しい、
とかこういう人はなんとなく治り悪いなと。というか治らないぞ、と。

ですから、整形外科クリニックではなくて、やっぱりスポーツジムと提携して外来するのが正解だと思っていますよ。だって病院やクリニックの整形外科にはスポーツできる施設ないんですから。外来リハがNGっていう施設もわりとありますからね。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

*あとは10%くらいのホントに治らない人々の評価をもう少し丁寧にしていこうかなとも思っています。わりと薬だけで治ったりするわけですが、、

整形外科的にアンチエージングを考える その7:どうして癌にならない方法って報告されてるのに注目されないの?

 実は癌にならない方法って既に報告されてます。というのも、小児期に成長ホルモンを暴露されないラロン型低身長症の方々は、とても癌になりにくいと報告されています。このタイプ小人症は、下垂体前葉が先天性に欠損しています。下記論文では小人症の方でがんで亡くなった方の割合はほぼ0%に近いという衝撃的なことが書いてあります。死因の分析をすると、背が小さいということでアルコール依存になってしまったり、心臓疾患や中枢性疾患のパーセントが高かったり、交通事故を起こされたりと他の原因でなくなる事があるように推測され、とりあえず平均寿命は普通の成人と大差がない感じなのです。年をとっても本当に癌にはなっていなさそうなので、つまり他の変な死因が無ければ、癌にならない分だけ長寿遺伝子という事になるのかもしれません。ま、逆に言えば癌を克服したってたいして寿命は延びねえぞって思うわけですが、、
 現在もたくさんの人に癌の治療を延々と行われていますが、じつは小人症では癌にならないので、成長ホルモン分泌の関連を突き詰めれば、癌は完全に防げるのではないかと考えています。だって、既にほとんど癌を起こさない系統があるんですからね!!どうしてこれ追求しないの?と。下垂体前葉には他にも重要なホルモンがあるので全て後天的に止める事は副作用が起きそうですし、後天的に止めてどれくらい効果があるのかはわかりませんが、研究が進んでほしいなと思っています。これ報道すると抗がん剤が儲からなくなるからあんまり報道されないんでしょうかね。(陰謀論入ってますかね!!)

Sci Transl Med. 2011 Feb 16;3(70):70ra13. doi: 10.1126/scitranslmed.3001845.
Growth hormone receptor deficiency is associated with a major reduction in pro-aging signaling, cancer, and diabetes in humans.
Guevara-Aguirre J1, Balasubramanian P, Guevara-Aguirre M, Wei M, Madia F, Cheng CW, Hwang D, Martin-Montalvo A, Saavedra J, Ingles S, de Cabo R, Cohen P, Longo VD.

蚊にさされまくると毒素を出すようになるって本当なの?

なんか学生の時に吉田寮に一泊させてもらった時の事です。
寮生の友人が、

”蚊は刺されまくると人体は毒を出すようになるので蚊に刺されなくなる。”

という事を言っていたんですが、本当に彼ら全然刺されないんですよね!!

でもって、前は家族が刺されていたのに、
最近はなぜか僕が刺されるようになってきて、
タイヘンイライラしてきています!

先日は蚊について痛いニュースで話題になっていましたが、
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1931840.html
足を奇麗にすると刺されない言うヤツですが、
吉田寮生が奇麗だったとは全く思わなかったので、
なんか蚊に刺されない為には、ノウハウがありそうです。

ま、蚊に刺されても、冷やせば大丈夫になるので、
特に困ってないんですけどね。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

アイスの話題。夏はアイスで始まりアイスで終わりましょう!

k

アイス、ふるさと納税でもあるとは思うんですが、
https://minatoku-time.com/furusato-tax-ranking/ice-gelato/
やっぱり夏の定番は

これなんじゃないかと。ブルーシールおいしいです。沖縄で食べるより贈答品がおいしかったです。
(浦添市のふるさと納税でももらえるそうです。)

シロクマとかスーパーの300円アイスも最近侮れないんですが、2lとかの業務用アイスも安いんですよね。だいたい100円/100gって感じです。

↑送料馬鹿高いですが、、

クッキー&クリームが一番好きなんですけど、高いのか安いのか、、


店頭でも1300円くらいなので、これくらいかなと。


ココナッツ好きなので、これは買おうかなと。


手術や外来が終わった後ってアイスに限ると思いませんか?
(っていうか、朝にアイス食べて、寝る前にアイス食べてます。。)
他にアイスの情報ありましたら、教えて下さい!!!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

夏、一番快適な寝具とは。 断然スクラブじゃないかと、、

k

いやー暑いですね!!!
っていうのは冷房を夜にかけると風邪を引くので、病院でも冷房なしなんです。
はやく24時間で湿度管理もバッチリなエアコン完備のおうちに引っ越したいなと思うんですが、まだまだ無理なので熱帯夜はこたえます。。

Tシャツだと汗でぐっしょりしてしまうんですよね。
ってことで、病院からスクラブを拝借するわけにもいかないので、
病院用のスクラブを夜も使ってます!!
これですこれ。
sukurabu

世界で2番目に安い!という広告の白衣屋の問屋さんに行ってみたら、
スクラブ、上だけで3200円もしたんです。
でもリンク先のネットショップだと上下セットで2000円くらいからあるので、
スクラブも昨今安くなったなーって感じです。
ネットだともっと安いスクラブもあるので、昨今凄い時代になったなーと。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形外科的夏の必須アイテム☆その1 外来って暑いですよね!

先日床屋さんで見つけたハイテクアイテムがこれです。

クッションに扇風機がついているだけなんですが、これがかなり快適なんです!

外来を長時間していると、イスが暑くなったり蒸れてしまうんですね。すこし熱がこもるだけでかなりストレスがたまってきます。これで外来がかなり楽になります。

USBタイプ、電源タイプ、などありますが、外来だと移動が多いの電池式のほうがいいのかもしれません。
車・USBタイプもあります。


これから整形外科医を目指す先生へ お薦めの教科書(洋書・和書)

これから整形外科医を目指す先生へ お薦めの教科書(洋書・和書)

新人さんが準備をする時期なので、再掲しておきます。

定番の教科書は大体決まっています。以下のようなものを大体の先輩は持っているので3年目に適当に購入するといいです。追加するとしたら、Campbellくらいですかね。。

Rockwood, Green, and Wilkins' Fractures 

 最初に整形外科レジデントになったときに薦めていただいたのはこの本です。5年に一回くらい改訂があり、2014年に出版されています。外傷全般の教科書になるので、海外の治療をスタンダードに勉強したい人にお薦めです。ほとんどの外傷をこの教科書は網羅していると思われます。私はリファレンスに使っていましたが、すべて読破したという指導医もおりましたので、おそるべしです。。↑kindle版が昨年の12月にでているようです。

骨折・脱臼  

 私立大学の医局の先生が使っていました。所属医局よって使う教科書が異なるみたいようです。外傷に関して和書ではこの教科書がスタンダードになると思います。

整形外科医のための手術解剖学図説 

 手術解剖学の優れた教科書です。最近はイラスト満載の教科書が多いのでこの本の価値はあまりないのかもしれませんが、私の前の世代の先生から”手術進入路についてはこの本で学んだ。”という先生が多いのです。どんなに教科書を持ってないレジデントでもこの本だけはなぜか持っているようでした。

AO法骨折治療

骨折治療の原則を知りたい方には必須です。これ知ってると知らないとで全然診療が異なります。っていうか、考える楽しみが出てきます。AOコースもスキーとかできて楽しいですよね。

図解四肢と脊椎の診かた 

 身体診察の優れた教科書です。整形外科医は各運動器ごとに診察項目をルチーン化し、診断し治療する必要がありますが、この教科書はその診断思考過程形成に必須かと思います。

あとは、標準整形外科、クルズスは標準整形外科があればあまり必要ないかなと思います。標準整形外科は古くても多少問題なく、専門医受験の前に買いかえる形で大丈夫かと思われます。あとは興味ある分野の簡単な手術手技書を適宜購入したり、雑誌を講読したり、論文を読む形になっていくと思います。

標準整形外科学 

 標準整形外科は昔はリファレンスもなく、かなりいい加減な(整形外科的な?)教科書でしたが最近は一新されてだんだんよくなっています。2016年12月に13版でました。

教科書を買い揃える時の何かを始めよう!なにかをやってやろうという気分、いいものですよね!大切にしていきましょう!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。

夏にオススメのグッズ これまでのまとめ

k

例年のごとく、かなり暑いですね。
暑いので夏のグッズを再紹介します.

1,スクラブ白衣
http://orthopedic.jp/archives/52301515.html
sukurabu

断然この季節過ごしやすいんです!

2、椅子関連

ファン付きのマットはかなり快適です.5年使ってます。
http://www.orthopedic.jp/archives/52030573.html
メッシュの椅子もわりと快適です.
http://www.orthopedic.jp/archives/52119335.html

3、柚子胡椒
http://www.orthopedic.jp/archives/52162982.html
sukurabu
ソーメンのお供にオススメです

4、蚊にさされた時の対処法
http://www.orthopedic.jp/archives/52116817.html
ムヒとかよりアイスノンが役に立ちます.

5、今更ですがオーエスワン
http://www.orthopedic.jp/archives/52105296.html
大部分の人はポカリの方が好きって言いますよね.

6、ブルーシールアイスはおいしいですよね!!

http://orthopedic.jp/archives/52301589.html
夏の定番かと、、

というわけで、

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

外国語の使い方:コミュニケーションの基本ってどう交渉するか考えれるかどうかですよね。

http://tailor-madeimage.blogspot.jp/2017/06/blog-post_9.html
破天荒を目指す整形外科の先生のブログからです。
語学は交渉能力が大事という事で、これは僕も同感です。

基本、英語ができるということでなぜか外人が僕の外来に流れてくるわけですが、
スタッフはもちろん全然できなくてもいいのですが、なんというか、

スタッフは言葉ができないのではなく、
"交渉ができない、外国人の行動を予想できない。"
という部分が問題になります。

そして通訳がいたとしても通訳は医療通訳でも慣れていないと、
相手のニーズがわからなかったりするので問題になったりすることがあります。
(診断書が欲しいとか、保険がどうのとか、そういうシステムを説明するのに手間がかかる。)

スタッフはできないなりにいろいろ考えたりせずに、

外国語>先生

という短絡思考で仕事の割り振りをしている事に問題が有ると思うんですね。
普段やってる事が、外国語のせいでできないと思ってしまうわけです。
実は、日本語を声高に話すだけで半分くらいの問題は解決するんですが、、
(不自由な日本語を使うのが嫌だと思ってるだけの外国人が中にいます。)
英語で対応するという部分で思考停止が起こっています。

基本私は外来では

日本語

を使ってます。英語はほとんど使いませんので、困るのは相手であって、僕じゃないから、しょうがなく使う事はあっても、自分からは使いません。
 何回かお願いされて、懇願されて、初めて使う感じですかね。これも交渉のうちです。最初から英語使ってると、こちらの英語が不備な事を指摘されてしまうので、あくまで相手の日本語ができない事を不備とする必要があるのです。
 本来は病院が医療通訳を準備するべきです。そのコストを惜しんで私の技能を私のリスクの上で、施設がフリーライドしているだけであります。

 基本、語学は、語学が問題なのではなく、コミュニケーションや交渉ができるかどうかという部分が問題になり、語学ができても交渉ができない人は語学はできるとは言えないんじゃないかと思ったりしてます。
 バックパッカーで拙い英語で交渉してきた経験からすると、やっぱり語学はできなくても交渉技術というのはとても重要だと思うわけであります。もちろん語学がよくできて、交渉ができればそれにこした事は無いと思いますけど、なかなか自分の主義主張をウィットにとんだ台詞でカバーするのって難しいもんですよ。僕は日本語でもこれうまくできませんからね。。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

これまでの整形内科の記事まとめてみました。

これまでの整形内科的な記事をまとめてみました。わりと論文じゃないので適当に書いてます。

総論
整形外科の変革の必要性 腰痛や肩痛は初診でわりと治る外来構築が必要なのでは?
http://orthopedic.jp/archives/52293380.html
運動療法の指導のポイント とりあえず個人的には大事だと思ってるポイント
http://orthopedic.jp/archives/52148372.html
整形内科概論リリースしました!!!
http://orthopedic.jp/archives/52283976.html

教科書
整形内科概論リリースしました!!!
http://orthopedic.jp/archives/52283976.html
整形内科の教科書あるじゃん。。 でもどうして個人で翻訳をやり遂げてしまうんですか?
http://orthopedic.jp/archives/52275027.html
ペインの先生ってこれ暗記してますか? 関連痛の教科書で、良書があったら教えてください!
http://orthopedic.jp/archives/52262963.html

診断
整形外科の変革の必要性 腰痛や肩痛は初診でわりと治る外来構築が必要なのでは?
http://orthopedic.jp/archives/52293380.html
整形外科の先生は、軟部組織わからないって素直に認めたらどうですか?
http://orthopedic.jp/archives/52262436.html
リハビリメニュー書いてますか? 全部PTに一任してますってなんなの?馬鹿なの?
http://orthopedic.jp/archives/52294604.html
整形外科保存療法の方向性はどうなっていくのか。
http://orthopedic.jp/archives/52100345.html

手技
評価方法がわからないと診断も治療も満足にできないという点について。
http://orthopedic.jp/archives/52269741.html
運動療法ってどう指導してますか?
http://orthopedic.jp/archives/52146828.html
運動療法の指導のポイント とりあえず個人的には大事だと思ってるポイント
http://orthopedic.jp/archives/52148372.html
マリガン・コンセプトの日本語論文見つけました。
http://orthopedic.jp/archives/52275957.html
ASTRってPNFじゃないんですか?なんとなくやりようによってはそんな感じもしてきました!
http://orthopedic.jp/archives/52261101.html

病態
卵が先か鶏が先かで議論するのは馬鹿げているとは思いませんか?
http://orthopedic.jp/archives/52293665.html
整形外科のメジャーな先生が筋膜疾患側で活動されています。
http://orthopedic.jp/archives/52297075.html
TOS:胸郭出口症候群ってみたことありますか?僕は最近見なくなりました。。
http://orthopedic.jp/archives/52080964.html

腰痛・下肢痛
おかげさまでほとんどの腰痛をその場で治せるようになりました。(92%くらい)
http://orthopedic.jp/archives/52293333.html
調べたら下肢痛(いわゆる座骨神経痛)も初診で80%くらい治してました。
http://orthopedic.jp/archives/52294154.html
hip-spine症候群って難しいですよね! 手術しても手術しても治らない時があるから。 
<最近の論文レビュー>
http://orthopedic.jp/archives/52124192.html
腰痛の原因を考えると、HipSpine症候群も理解できるし、予防治療可能なことすら伺える。
http://orthopedic.jp/archives/52293699.html
下肢痛ってわりと治せますよね!トリガーポイントブロックを解説している先生の紹介です。
http://orthopedic.jp/archives/52299452.html

老年リハビリ講座
整形外科的老年リハビリ講座 その1 学校で教えてくれない膝痛評価のポイント
http://orthopedic.jp/archives/52181397.html
整形外科的老年リハビリ講座 その2 頚椎過伸展問題はどう対応するの?
http://orthopedic.jp/archives/52181754.html
整形外科的老年リハビリ講座 その3 臀部痛ってLCSかLDHの二択しかないの?筋肉の評価ってどうしてますか?
http://orthopedic.jp/archives/52181755.html
整形外科的老年リハビリ講座 その4 5分できる簡単ストレッチ
http://orthopedic.jp/archives/52234726.html

外来TIPs
これですこれ!!! どうして症状悪化動作を繰り返すの?
http://orthopedic.jp/archives/52172811.html
治ってるのにー 治ってない人!!! 実はよくなってるでしょ?
http://orthopedic.jp/archives/52299249.html
座り仕事はヘルニアに要注意?
http://orthopedic.jp/archives/52126348.html

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ