整形外科的まとめBlog

運動器疾患を担当する整形外科のBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を背景にまとめて取り上げてまっす。

ひさしぶりにやっちまいました!! レントゲン見てほしいんです!に怒り心頭。。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
ひさしぶりに激切れしてしまいました。。

救急の先生が、
”レントゲンだけ見てほしいんです!”
っていうから、
”ホントにレントゲンだけで良いの?”
って聞くと、
”はい、レントゲンだけで良いんです。”
だそうです。

それでレントゲン見に行きましたが、やっぱり案の定、
”これは骨折でしょうか”
が始まりました。
”え、病歴は?”と聞くのに、レントゲンがどうからこうからとか言おうとしません。

”僕は、単純レントゲンだけで、骨折は判別できないから、病歴をしっかりプレゼンして!”

と言って、帰ってきてしまいました。。
だって、埒があかないんですもの。

うーん。骨折って、病歴と身体診察としっかりしてから、総合的に判断してっていう流れだし、MRIとらないと否定できないから、どういうつもりなのかなーって思ってました。骨折だと思ったら、シーネでも巻いとけば良いじゃないの?

ま、MRI取る予定だったのかもしれないですけどね、 
でもそれなら僕に相談する必要もないですよね!

というわけで、意味わからないコンサルトでした!

 自分も整形外科の看板背負ってるんで、画像診断屋さんではないことくらいは主張しても良いかなと。っていうか、画像診断屋である放射線の先生だって診断の時に所見を聞いてくる先生もいますよ?
ま、ニーズに応えて画像診断学に徹しても良いんですけど、見逃しがあったりと経験上全然良い事は無かったんですね。。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

初期研修医の先生へすすめる5つのポイント。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
初期研修医の先生向けの記事を少し編集しました。

ちょっとわかりやすくした程度なので、新しい記事はありません。


1、研修する上で一番大切なこと。:優先順位ははっきりと
http://www.orthopedic.jp/archives/52126194.html

2、プレゼンの仕方のまとめ
http://www.orthopedic.jp/archives/52105307.html

3、初期研修って何すれば良いの?:研修のミニマムエッセンスって?
http://www.orthopedic.jp/archives/52105854.html

4、研修医になる前に読んでおくと良かった本。:敵を作らないように。
http://www.orthopedic.jp/archives/52115450.html

5、初期研修で忘れちゃいけない心構え。:めげずにがんばろう!
http://www.orthopedic.jp/archives/52090030.html

こんな感じかな。。。


今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

え い ご の絵本について。 子供ってなんでも吸収して凄いでつね!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
早期の幼児教育はモチベーションに悪影響があるとかないとか、
早期の語学教育は母国語への悪影響があるとかないとか、
いろいろ言われていますね。

基本的に患者さんの話を総合すると、
1、幼児教育では自己コントロール能力さえ身につけさせればなんでもできるようになる。
2、言語は母国語をメインに発展させないと思考能力が発展しない。
という部分でしょうか。

子供ってわりと面白くって、言語はわかってもわからなくても映像が面白ければ、
しゃべって覚えてしまう習性があります。

I have a pen------

って、幼稚園児がみんな言ってるみたいですね。
つまり、もう昔の中学生なんかより今の幼稚園生の方が英語できるわけですよ。
普通に英語しゃべりますからね。

でも、言語能力という面では、やっぱり幼稚園生と小学生とはきっと異なるでしょう。
そして言語の上達は女の子の方が早い気がしています。

個人的には僕が合宿の時に出会った民宿の子なんですが、
3歳くらいなのに、めっちゃ頭がいい子なんですね。

・頭の回転が速い。
・大人という物を理解している。
・人が嫌がっているのか楽しんでいるのか考察が鋭い。
・なぜ?どうして?を多様して知性を延々とのばしている。

という特徴を持った子に出会い、それ以来
”3歳くらいの女の子は要注意!!!”
とか思ってたんですが、

それからはあんまりそういう目にはあってませんが、
(やっぱり3歳児は3歳児かなと。)
それでも女の子は成長が早いなーって印象はあります。

というわけで、トライアルとして英語の本ですが、

親戚の子にいろいろトライしている訳ですが、例のロシア語や英語の動画でもそうなんですが、
意味がわからなくっても、子供って映像を普通に楽しんでる訳ですね。
子供の吸収力ってすごいなーって感じているところです。
でもって、結構こういう簡単な絵本でも自分がわからなかったりする部分があるので、
やっぱり子供の絵本って大事だよなーって思いました。




ちょっと教育論からいろいろ勉強してみます。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

いろいろ英語の絵本でオススメがありましたら教えて下さい!

医学生の定番教科書まとめ 再掲

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
学生の時の定番の教科書ってなんでしたか?

 学生の時は、、、シケプリですね。これがメインです。勉強好きな学生は、教科書読んだり学習グループなんてしてる人たちもいましたが、一般的には国家試験の勉強会以外の勉強会が開かれることはまず稀ですね。

 USMLE勉強会なんてのもやってる人たちもいましたね。。結局USMLEは医師国家試験の勉強の延長上ですから、国家試験前2ヶ月くらい前に、受験してしまうのが楽なのかもしれません。USMLEの知識は国試の知識と被るとかいわれています。

 基礎から臨床までの教科書を紹介していきます。

基礎
1、生化学
基本はストライヤーですね。まだこの本が改訂されていたのでうれしかったです。分子生物学はCell、生化学はストライヤーというのが、基本路線になります。シンプル生化学とかでもシケプリベースであればとくに問題ないんじゃないでしょうかね。


2、生理学
体を物理学などで表現し、理解することを目標とした学問です。私はGuytonという教科書で勉強しました。生理学も、診断学と一緒でほぼ変らない学問かと思います。わりとこの教科書は日本の授業にも対応してました。


3、解剖学
昨今、本屋さんはプロメテウスばっかりでした。。私の時は英語だとGreyでしたけどね。解剖も大学の指定の教科書がいいと思います。解剖の勉強は、実地で学び、そして実地で悪戦苦闘するしかないですな、、

4、病理学
 病理学は、昔は光学顕微鏡主体の授業でしたが、現在はどうですか?これだけ分子生物学による疾患原因解明が進んだのに、いまだに分子病理学とかがメインにならないのは、結局標本作りが病理の仕事のメインだからなんでしょうか。もし病理が人材不足なのであれば、標本より病理解剖実習を少し学生の時に義務化してもいい気もしますけどね。。ちなみに私はrobbinにおける光学系の知識があまりに乏しかったため、留年しそうになりました。



臨床
標準シリーズ
 シケプリや授業資料だけでもわりと勉強になりますが、卒業してから自分が教科書を買って勉強していた分野とそうでない分野の知識がちょっと異なっていたりします。ですが、結局は学生の時の知識なのでたかが知れています。でも、学生の時に厳しくて有名だった科目は、今でも鮮明に覚えています(汗)ので、やっぱり学生を厳しく教えるというのは、とても重要なのだなと思います。

内科診断学
 このテキストがまだ現役なのにとても喜びを感じました。この診断学というのが医学の根本であり、Mosby社の身体診察学の教科書と内科診断学をまず医学部入学と同時に購入すること。暇があったら眺めてみることを薦めますね。この教科書は年代がたっても重要であり続ける教科書ですね。


身体診察学
 上記被りますが、Mosby社のPhisical Examinationがオーディオビジュアル的によかった印象があります。身体診察は各科の特性があり、各科の教科書も重要になりますが(特に整形外科、皮膚科、眼科、耳鼻科などマイナー科目)、この教科書は満遍なく書かれています。この分野も年代がたっても朽ちることがない分野です。


整形外科の教科書、昔は一冊も持ってなかったのですし、国家試験でも一切勉強しなかったんです。。それでも無事に整形外科医やってるところがまたそういうものかなと思います。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形外科専門医更新に再試験が必要になるそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
日本整形外科学会が2020年度から5年ごと更新性に移行し、再試験も要求することが決定されたようです。

http://www.orthopedic.jp/archives/52071550.html

整形外科専門医のつらーい試験のことを思うと、もう一回あんな思いをしなければいけないと思うとつらく感じます。







というわけで、4月1日のネタでした。
そういうことも検討してそうですが、なわけねーだろと。。
わりとビックリしましたか?

でも手の外科学会でこんなことが議論されているとか聞いたこともありますし、わりと現実になったら嫌だなーと思ったりもしています。。






驚いた人も、驚かなかった人も今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

本当にそうなったらどうしようと、内心ドキドキしているorthopedicsより
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
予約販売中です!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ