整形外科的まとめBlog

整形外科専門医が監修しているBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を幅広く取り扱います。専門医試験対策はアップデートされますので過去ログ参照してください。青森・東京・関西圏対応

厚生労働省、マイナンバーの個人情報を中国企業へ漏洩か。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1961158.html

これ、ひどいですよね。。

なんかマイナンバーができたら便利になるって話が、

変な紙を

糊付けして、

方々に配り歩く

という意味不明な運用方法をしてて、

そして情報漏洩だから、

わらっちゃいますよね!!!!

手間増えまくり。

やりたいことは、戸籍の統一していない人たちへの牽制であったはずなので、
つまりは外国人対策を厳しくすればいいだけの話ではなかったかと思うのですが、
一般の善良な人たちを抹殺しうるような方向に動いただけでしたね。

あーひどいな、やっぱりな。と思ったので、書きました。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

日本年金機構からデータ入力の業務を委託された東京の会社が、契約に違反しておよそ500万人分の個人情報を中国の業者に渡し、入力業務を任せていたことが厚生労働省などへの取材でわかりました。

日本年金機構は、去年8月、東京・豊島区にある情報処理会社におよそ500万人分のマイナンバーや配偶者の年間所得額などの個人情報の入力業務を委託していました。

ところが、厚生労働省などによりますと、この会社は、中国の業者にデータの一部を渡し、入力業務を任せていたということです。

これらの個人情報は、公的年金の受給者が所得税の控除を受けるために日本年金機構に提出したもので、年金機構とこの情報処理会社が交わした契約では、個人情報を保護するため、別の業者への再委託を禁止していました。

厚生労働省によりますと、中国の業者から個人情報が外部に流出した事実は今のところ確認されていないということです。

この情報処理会社については、データの入力が進まず、少なくとも6万7000人の受給者が所得税控除が受けられず、本来よりも少ない年金しか受け取れない事態となっていて、日本年金機構が、中国の業者への再委託との関連など詳しいいきさつを調べています。

情報処理会社は、NHKの取材に対し「コメントできない」としています。一方、日本年金機構は「現在調査中でコメントを差し控えたい」としています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180319/k10011371391000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001




ホワイトデー何買ってますか? 個包装のほうがいいのかどうなのか。。

ホワイトデーのお返しですが、結構たいへんですよね。皆さん何をプレゼントしてますか?
これの、
アンリ・シャルパンティエ | HenriCharpentier
www.henri-charpentier.com/

これは、数的にはわりといい線行ってると思うんですよね。

でも個包装であるほうが喜ばれることも多いので、普通にデパートとかで個包装の買ったりしてます。

北海道物産展とかやってたら、

こういうのもあるんですが、ちょっと送料考えると割高なんですよね。

いろいろ教えて頂ければ幸いです。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

事実は小説より奇なり。。 地で行ってるかんじですよね。

事実は小説より奇なりというのは、

最近話題の棋士の藤井さんなんかは、

『りゅうおうのおしごと!』
『3月のライオン』
といったマンガやラノベの設定そのまま出てきたようにドラマチックですし、

もっと最近話題のスケートの羽生選手も、
野球の大谷選手もそんな感じなのですが、

泌尿器科の先生でもこれに該当する先生が報道されてしまいました。。。

元ラグビー部主将の泌尿器科医、公衆の面前で、、
http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9783422.html

整形外科でも出てこないことを祈るばかりです。。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

*既にありましたね。。
http://orthopedic.jp/archives/52069614.html



おとなのえいごのべんきょうほうほう game of thronesの話題

最近英文をいじっているのですが、なんか急に読むスピードが上がったんですね。
なんでだろう、どうしてこんなに早くスラスラ読めるんだ!!

って思ってたら、

毎日game of thronesを字幕で見てて英語がドバーっと入ってきてる状態でした。
8c7a8059s


これ、

極東ブログさんで紹介されていて
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2018/01/post-7de4.html
話題盛りだくさん!!

っていうところに惹かれてみはじめたんですけど、

*注意:大人の人と見てください。子供はダメです。

エログロ
近親相姦
凌辱
サドマゾ
同性愛
売春婦
障害者の性
子作り
出産プレイ
ソンビ
巨人
大きな防衛の壁
ドラゴン
魔力
超能力 etc etc

という、ファンタジーとソンビ、そして王国物語という、なにそれ反則!!!
っていうバックグラウンドがある超大作です。(サイバーパンクは無いのかな?)

ベルセルクなんかも同じジャンルかと思いますが、ドラマということで投資規模の面ですごいな~って思います。逆に言えば、マンガ・アニメでは同じようなことが安価な値段でできてしまうのかもしれませんが、、

戦術的な部分でもっと面白くしてくれればいいんですが、
そんなに戦術はマニアックでないので個人的にはやや物足りないですし、以前ちょっと見たときは設定や衣装がなんか風変わりで見る気なくしてたんですが、最初からきっちり見ると面白く、概ね講評通りでした。

盛り沢山なわけですが、逆に言えばこれに盛り込まれていないテーマは、

ロリコン

くらいなもので、これが欧米社会での大いなるタブーということが見て取れます。
この部分で圧倒的に自由が残っているのが、ロシアと日本かとも思うので、
本当に表現の自由にタブーなき挑戦!するならば、ロシアや日本で積み上げるしかないのかなと思ったりします。日本は正攻法ではもうへたれてるからダメですが、でも本当にこんだけの映画を大金かけてエログロ映画作るっていうのがすごいことですよね。。
(ま、ロリコンについては、当面厳しい視線が続くでしょうが、ロリコン規制問題は、ポルノ、売春、麻薬、お酒など、犯罪や事故の原因になるようなテーマを全面禁止するのか、それとも許可して抑止するのかという根源的な政策問題でもあります。)

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

オペ室内ウンコ禁止令!!!っていうかこれ禁止しても出ちゃうんですよね。。。

破天荒を目指す整形外科医のブログの先生とのコメント蘭履歴でやる気になったので記事にしました!

20180226d


禁止というか、ウンコって出ちゃうんですよね。
特に腰椎麻酔で肛門括約筋が弛緩すると?かどうかはわかりませんが、
(ホント定かでないです。腰麻では尿はでませんからね。それに全身麻酔でも肛門括約筋は弛緩するはずなんです。。)
どうしてもでちゃいます。
っていうか、今の職場、なぜか頚部骨折とかだと出ないことの方が少ないんじゃないですか?
ガーゼを穴に埋めたり、いろいろ工夫しますが、
どうしても緑色の汁が延々と漏れてきたりと、
なかなかの強敵もいます。

オペ後にウンコ汁でガーゼ汚染なんていうことも時々ありますので、
勘弁してくれよーって感じですよね。

ただ脊椎とか腰椎麻酔しない手術では朝浣腸だけでいけることも多いのですが、
ナースに聞くと

浣腸なんてしてもしなくても便失禁はかわらないから、めんどくさいしセクハラされるから嫌!!

みたいな本音も垣間見れてみなさんどうされてますか?

って感じですねー。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

*ちょっと他の先生に取り上げていただいたので急いでちょっと調べ物しました。やっぱり術前浣腸してもしなくても結果は変わらない(というのは前にも読んだことはあったので)ってことでよかったです。ただ、どうして腰麻が入ると便失禁しちゃうのかはよくわからんです。。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/nnigss/60/0/60_0_396/_article/-char/ja/

オペ日におむつ替えはしないルールの是非

20180226a

あのですね。。。

昨今父親も育児に参加するってことで、
”外科医がおむつ替えをオペ日にするかしないか”で
職場がもめているわけです。

”外科医たるもの、オペ日にウンコをさわるとは何事か!!!!”
という指導医もいるわけです。
この気持ち、ホントよくわかります。
手術日に正直うんこなんてさわってほしくないです。

普通にトイレの時に紙でうんこ拭いてもかなり大腸菌で汚染されるわけですから、
うんこ直接触ったらそりゃ大変なことになりそうではありますよね。

でもそんなこと言ったら、

”子育て中のナースは全てオペ禁止”

ということになるんですよぉぉぉ!!!

一般病院の手術室はこれには耐えられないでしょうから、やっぱりうんこ触ってもいいよ的な流れにどうしてもなりますよね。。。

外科医としてはオペ日にはうんこ触らないようにしますけど、やっぱり看護師さんにこれを強要はできないなーって思ってます。

皆さんの職場はどんなルールになってますか?オペナースのおむつ替え、禁止されてますか?

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

*うんこ禁止はさすがに、かなり無理がありますね。。逆効果かと、、

11単位だった、、単位を確認して振替しっかりしましょう!!

スポーツ認定医の資格継続単位なんですが、ちょっと確認したら

11

ってなってて、ヤバイ状況にありました。
8c7a8059s


ホームページを見ると
12単位の人には自動的に更新手続きの用紙を送るってなっていますね。

なんか研修会で単位取ってもスポーツとかに勝手に振り込んでくれるわけではないので、
後で必ず単位チェックが必要という状態になるかと思います。

要注意ですね!!!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

2018年(平成30年)第28回整形外科専門医試験の合格発表

やっと合格発表がありましたね!!!
おめでとうございます!
otukareyama1


https://www.joa.or.jp/topics/2018/files/20180216.pdf
今年は合格発表は2月16日に掲載されていたようです。

報告していただいた情報からは

・Q&Aからと過去問、ロコモに関する新問3問
・Q&Aは問題そのままではなく選択枝が一部いじられているものが多かった。
・Q&Aの丸暗記だけでは難しく、ちゃんと疾患についても標準整形などで理解しておくのが望ましい。
・過去問は昨年の過去問からそのまま出題されているものもありました。
・27回以前と28回以降ではQ&A改訂があったので問題の毛色が大きく異なった。

・勉強の中心はやはり「Q&A」です。私の場合は結果的に6周しました(5択すべてに訂正出来たら、二度とやらない。解説をルーズリーフにまとめるといったやり方で)。あとは、過去問17回~22回は、「筆記試験問題の解説(金原出版)」で4週(上記同様に)、昨年末から23~29回を1週回しました。
・「運動器診療ガイドライン(総合医学社)」で出版部分を読んで試験に臨みました。(過去2年ロコモ関連問題が出ているので、そこだけはじっくり読みました(編集が中村先生だけあって詳しく書かれていますので)。

口頭試験
ビデオ:円板状半月と離断性骨軟骨炎の合併
プリント問題:頚椎脱臼骨折による頸髄損傷、キーンベック病による手根管症候群

円板状半月:
15歳男子、ランニング中に膝の痛み、何を考えますか?
ビデオでMcMurray testが出て、これは何テストで何を調べていますか?
XpとMRIの所見を述べてください。
診断は? 治療は?
関節鏡のビデオが流れて、これは何の治療をしていますか?(半月板形成と水平断裂部の縫合、遊離骨片の骨接合?)

頚椎脱臼骨折による頸髄損傷:
C4/5の脱臼骨折のCT、MRIが出て予想されるMMTの所見をきかれました。C6髄節以下の障害なので肩の外転や肘の屈曲はできるが、肘伸展や手関節伸展は難しいと答え問題なかったと思います。
治療は?→手術が必要。後方からfacetを削って脱臼を整復して後方固定を行う。
術後の神経学的所見を見せられ、フランケル分類をきかれました。
リハビリはいつからしますか?→カラーをつけてすぐに始めます。

キーンベック病による手根管症候群
手のしびれの症例。予想される疾患は?→手根管、ギュヨン菅、肘部管、頚椎症性神経根症
必要な検査は?:Jackson test, Spurling test、MMT、DTR、Phalen test, Tinelなど・・・思いつく限り答えました。
手の写真を見せられ所見は?→母指球の萎縮と母指の対立困難による不完全なO sign
確定診断の仕方は?→神経伝導速度
Xp、MRIを見せられ所見は?:手関節のOAと月状骨のMRIでの異常信号。
ということは?→キーンベック病
治療は?→手根管解放、月状骨の摘出

ということでした!

過不足ありましたら教えてください!!!
けい先生、ひで先生、整形外科医先生、コメントありがとうございます!!
今年も報告していただきありがとうございました!!!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

DLBってあるんですね!!そういや治療可能な認知症ってカテゴリがありましたね。。

リリカ1


よくコケるっていう老人、外来でよくいますよね。
なんかたくさんコケるんです。って近くにいない家族が連れてくるパターン。
”しっかり骨折してますよー”症例です。

なんで家族が付き添わないんだとかプンプン怒ってばかりでしたが、
それは、それまで大丈夫からだったからでしょう。

こんな人、僕普通に見過ごしていましたが、
https://journal.jspn.or.jp/jspn/openpdf/1110010037.pdf
DLB(Dementia with Lewy Bodies)という疾患概念というのがあるみたいで、
わりと治せるかもしれないということでした。

今後は、いろいろトライアルして行こうと考えています。
認知症は神経内科に一任してたんですが、
そこに紹介するのも大事な仕事ですね。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

専門医試験お疲れ様です。2018年度整形外科専門医試験

otukareyama1


試験お疲れ様です。

senmoni


これってことは今年は神戸で試験でしたでしょうか。

googleの関係上、今年のアクセスは少なめですが、
もしよろしければ掲示板を例年通り情報交換などにお使いください。

それではそれでは。






交通事故専門外来登場!京都の濱口裕之先生って覚悟がすごいですね!!

こんなん見つけました。。
CC1

http://medicalconsulting.co.jp/2017/10/07/827/
 なんか京都府立の整形外科の先生が、交通事故専門外来を芸能界事務所の方とタッグを組んで始めたみたいですね。
 なんかうさんくさいセミナーのお知らせが回覧に回ってた!というのが第一印象だったんですね。京都府立の先生が変なところに名前貸してるなーと思ったんですが、ブログを読むとそうでもなさそうですね。

 交通事故はご存知の通り奥が深くて、頚椎捻挫だけ12級・14級で済ませられたらいいんですけど、結構頭部外傷とか時間がかかる案件があって、これものすごい時間取られるし、すごい専門性高いし、すごい先進性も高いんですよね。そしてここは魑魅魍魎が蠢く世知辛い世界でもあります。

 それこそ交通事故専門外来で行う部分でめんどくさいのは、この部分かなーって思ってたんですが、やっぱりブログでは大変そうなので、頑張ってるなーと思います。

 交通事故は本当に困ってる人は困ってるけど、お金持ちの人って少ないし、なかなか楽しくないことが多いんですけど、それでもビジネス的に頑張る先生もいて、いろいろだなーと思いました。やっぱり芸能とかそっち関係の処理ができないと、無理な芸当だなーって思いました。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

以下引用
http://medicalconsulting.co.jp/2017/10/07/827/

最近では、外傷性頚部症候群(いわゆる、むち打ち症)などの単純な意見書依頼の割合が少なくなり、かなり医証を読み込まないと対応が難しい事案の依頼が増えてきています。

医学的な難症例ということはないのですが、自賠責や訴訟で行う医学的主張という意味での難症例(難事案)が増えてきているのです。依頼者の目的をお伺いして客観的に医証を読み込んでいくのですが、依頼内容が医証から乖離していることも多々あります。

主治医の出した臨床的診断と私たちのグループの診断が異なるケースが多くなってきてのです。この原因のひとつとして、私たちは各領域の専門医が症例を検討していることにあると考えています。

脊椎・肩関節・手の外科などの領域は、かなり専門性が高いため一般整形外科では診断・治療が難しいことがあります。大都市圏では、各領域の専門医へ紹介することが容易ですが、地方圏では地域の中核病院で治療を完結させる必要があります。

このため、本来なら専門医による診断・治療が望ましい症例であっても、一般整形外科医が対応せざるを得ないケースが多いのです。現在の医療体制下では、この問題の解決は難しいですが、その余波が交通事故の事案にまで影響を与えています。

医証を読み込んで論理的に考えておられる弁護士の先生が多いですが、医証そのものに疑問符のつく事案では、せっかくの論理的思考も無駄になってしまいます。このあたりの問題を解決するには、やはり弁護士と医師が関係を深めて、率直な意見交換を行うことが理想だと感じています。
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
プロフィール

orthopedics

関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ