整形外科的まとめBlog

運動器疾患を担当する整形外科のBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を背景にまとめて取り上げてまっす。

これから整形外科医を目指す先生へ お薦めの教科書(洋書・和書)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
これから整形外科医を目指す先生へ お薦めの教科書(洋書・和書)

新人さんが準備をする時期なので、再掲しておきます。

定番の教科書は大体決まっています。以下のようなものを大体の先輩は持っているので3年目に適当に購入するといいです。追加するとしたら、Campbellくらいですかね。。

Rockwood, Green, and Wilkins' Fractures 

 最初に整形外科レジデントになったときに薦めていただいたのはこの本です。5年に一回くらい改訂があり、2014年に出版されています。外傷全般の教科書になるので、海外の治療をスタンダードに勉強したい人にお薦めです。ほとんどの外傷をこの教科書は網羅していると思われます。私はリファレンスに使っていましたが、すべて読破したという指導医もおりましたので、おそるべしです。。↑kindle版が昨年の12月にでているようです。

骨折・脱臼  

 私立大学の医局の先生が使っていました。所属医局よって使う教科書が異なるみたいようです。外傷に関して和書ではこの教科書がスタンダードになると思います。

整形外科医のための手術解剖学図説 

 手術解剖学の優れた教科書です。最近はイラスト満載の教科書が多いのでこの本の価値はあまりないのかもしれませんが、私の前の世代の先生から”手術進入路についてはこの本で学んだ。”という先生が多いのです。どんなに教科書を持ってないレジデントでもこの本だけはなぜか持っているようでした。

AO法骨折治療

骨折治療の原則を知りたい方には必須です。これ知ってると知らないとで全然診療が異なります。っていうか、考える楽しみが出てきます。AOコースもスキーとかできて楽しいですよね。

図解四肢と脊椎の診かた 

 身体診察の優れた教科書です。整形外科医は各運動器ごとに診察項目をルチーン化し、診断し治療する必要がありますが、この教科書はその診断思考過程形成に必須かと思います。

あとは、標準整形外科、クルズスは標準整形外科があればあまり必要ないかなと思います。標準整形外科は古くても多少問題なく、専門医受験の前に買いかえる形で大丈夫かと思われます。あとは興味ある分野の簡単な手術手技書を適宜購入したり、雑誌を講読したり、論文を読む形になっていくと思います。

標準整形外科学 

 標準整形外科は昔はリファレンスもなく、かなりいい加減な(整形外科的な?)教科書でしたが最近は一新されてだんだんよくなっています。2016年12月に13版でました。

教科書を買い揃える時の何かを始めよう!なにかをやってやろうという気分、いいものですよね!大切にしていきましょう!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。

夏にオススメのグッズ これまでのまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
k

例年のごとく、かなり暑いですね。
暑いので夏のグッズを再紹介します.

1,スクラブ白衣
http://orthopedic.jp/archives/52301515.html
sukurabu

断然この季節過ごしやすいんです!

2、椅子関連

ファン付きのマットはかなり快適です.5年使ってます。
http://www.orthopedic.jp/archives/52030573.html
メッシュの椅子もわりと快適です.
http://www.orthopedic.jp/archives/52119335.html

3、柚子胡椒
http://www.orthopedic.jp/archives/52162982.html
sukurabu
ソーメンのお供にオススメです

4、蚊にさされた時の対処法
http://www.orthopedic.jp/archives/52116817.html
ムヒとかよりアイスノンが役に立ちます.

5、今更ですがオーエスワン
http://www.orthopedic.jp/archives/52105296.html
大部分の人はポカリの方が好きって言いますよね.

6、ブルーシールアイスはおいしいですよね!!

http://orthopedic.jp/archives/52301589.html
夏の定番かと、、

というわけで、

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

外国語の使い方:コミュニケーションの基本ってどう交渉するか考えれるかどうかですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
http://tailor-madeimage.blogspot.jp/2017/06/blog-post_9.html
破天荒を目指す整形外科の先生のブログからです。
語学は交渉能力が大事という事で、これは僕も同感です。

基本、英語ができるということでなぜか外人が僕の外来に流れてくるわけですが、
スタッフはもちろん全然できなくてもいいのですが、なんというか、

スタッフは言葉ができないのではなく、
"交渉ができない、外国人の行動を予想できない。"
という部分が問題になります。

そして通訳がいたとしても通訳は医療通訳でも慣れていないと、
相手のニーズがわからなかったりするので問題になったりすることがあります。
(診断書が欲しいとか、保険がどうのとか、そういうシステムを説明するのに手間がかかる。)

スタッフはできないなりにいろいろ考えたりせずに、

外国語>先生

という短絡思考で仕事の割り振りをしている事に問題が有ると思うんですね。
普段やってる事が、外国語のせいでできないと思ってしまうわけです。
実は、日本語を声高に話すだけで半分くらいの問題は解決するんですが、、
(不自由な日本語を使うのが嫌だと思ってるだけの外国人が中にいます。)
英語で対応するという部分で思考停止が起こっています。

基本私は外来では

日本語

を使ってます。英語はほとんど使いませんので、困るのは相手であって、僕じゃないから、しょうがなく使う事はあっても、自分からは使いません。
 何回かお願いされて、懇願されて、初めて使う感じですかね。これも交渉のうちです。最初から英語使ってると、こちらの英語が不備な事を指摘されてしまうので、あくまで相手の日本語ができない事を不備とする必要があるのです。
 本来は病院が医療通訳を準備するべきです。そのコストを惜しんで私の技能を私のリスクの上で、施設がフリーライドしているだけであります。

 基本、語学は、語学が問題なのではなく、コミュニケーションや交渉ができるかどうかという部分が問題になり、語学ができても交渉ができない人は語学はできるとは言えないんじゃないかと思ったりしてます。
 バックパッカーで拙い英語で交渉してきた経験からすると、やっぱり語学はできなくても交渉技術というのはとても重要だと思うわけであります。もちろん語学がよくできて、交渉ができればそれにこした事は無いと思いますけど、なかなか自分の主義主張をウィットにとんだ台詞でカバーするのって難しいもんですよ。僕は日本語でもこれうまくできませんからね。。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

これまでの整形内科の記事まとめてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
これまでの整形内科的な記事をまとめてみました。わりと論文じゃないので適当に書いてます。

総論
整形外科の変革の必要性 腰痛や肩痛は初診でわりと治る外来構築が必要なのでは?
http://orthopedic.jp/archives/52293380.html
運動療法の指導のポイント とりあえず個人的には大事だと思ってるポイント
http://orthopedic.jp/archives/52148372.html
整形内科概論リリースしました!!!
http://orthopedic.jp/archives/52283976.html

教科書
整形内科概論リリースしました!!!
http://orthopedic.jp/archives/52283976.html
整形内科の教科書あるじゃん。。 でもどうして個人で翻訳をやり遂げてしまうんですか?
http://orthopedic.jp/archives/52275027.html
ペインの先生ってこれ暗記してますか? 関連痛の教科書で、良書があったら教えてください!
http://orthopedic.jp/archives/52262963.html

診断
整形外科の変革の必要性 腰痛や肩痛は初診でわりと治る外来構築が必要なのでは?
http://orthopedic.jp/archives/52293380.html
整形外科の先生は、軟部組織わからないって素直に認めたらどうですか?
http://orthopedic.jp/archives/52262436.html
リハビリメニュー書いてますか? 全部PTに一任してますってなんなの?馬鹿なの?
http://orthopedic.jp/archives/52294604.html
整形外科保存療法の方向性はどうなっていくのか。
http://orthopedic.jp/archives/52100345.html

手技
評価方法がわからないと診断も治療も満足にできないという点について。
http://orthopedic.jp/archives/52269741.html
運動療法ってどう指導してますか?
http://orthopedic.jp/archives/52146828.html
運動療法の指導のポイント とりあえず個人的には大事だと思ってるポイント
http://orthopedic.jp/archives/52148372.html
マリガン・コンセプトの日本語論文見つけました。
http://orthopedic.jp/archives/52275957.html
ASTRってPNFじゃないんですか?なんとなくやりようによってはそんな感じもしてきました!
http://orthopedic.jp/archives/52261101.html

病態
卵が先か鶏が先かで議論するのは馬鹿げているとは思いませんか?
http://orthopedic.jp/archives/52293665.html
整形外科のメジャーな先生が筋膜疾患側で活動されています。
http://orthopedic.jp/archives/52297075.html
TOS:胸郭出口症候群ってみたことありますか?僕は最近見なくなりました。。
http://orthopedic.jp/archives/52080964.html

腰痛・下肢痛
おかげさまでほとんどの腰痛をその場で治せるようになりました。(92%くらい)
http://orthopedic.jp/archives/52293333.html
調べたら下肢痛(いわゆる座骨神経痛)も初診で80%くらい治してました。
http://orthopedic.jp/archives/52294154.html
hip-spine症候群って難しいですよね! 手術しても手術しても治らない時があるから。 
<最近の論文レビュー>
http://orthopedic.jp/archives/52124192.html
腰痛の原因を考えると、HipSpine症候群も理解できるし、予防治療可能なことすら伺える。
http://orthopedic.jp/archives/52293699.html
下肢痛ってわりと治せますよね!トリガーポイントブロックを解説している先生の紹介です。
http://orthopedic.jp/archives/52299452.html

老年リハビリ講座
整形外科的老年リハビリ講座 その1 学校で教えてくれない膝痛評価のポイント
http://orthopedic.jp/archives/52181397.html
整形外科的老年リハビリ講座 その2 頚椎過伸展問題はどう対応するの?
http://orthopedic.jp/archives/52181754.html
整形外科的老年リハビリ講座 その3 臀部痛ってLCSかLDHの二択しかないの?筋肉の評価ってどうしてますか?
http://orthopedic.jp/archives/52181755.html
整形外科的老年リハビリ講座 その4 5分できる簡単ストレッチ
http://orthopedic.jp/archives/52234726.html

外来TIPs
これですこれ!!! どうして症状悪化動作を繰り返すの?
http://orthopedic.jp/archives/52172811.html
治ってるのにー 治ってない人!!! 実はよくなってるでしょ?
http://orthopedic.jp/archives/52299249.html
座り仕事はヘルニアに要注意?
http://orthopedic.jp/archives/52126348.html

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

下肢痛ってわりと治せますよね!トリガーポイントブロックを解説している先生の紹介です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
「ゴルフをたくさんやった後に、太ももやおしりが痛くなった」って聞いたら、
普通の人は「それは筋肉痛だろう」って答えるのではないでしょうか。
ところが、整形外科医だけは違います。
殿部や太ももの痛みは、腰からきている神経痛と診断してしまいます。
「殿部や下肢の痛み=腰からきている神経痛」と教え込まれていて、そこで思考停止しているからです。
おしりや太ももの筋肉が痛いのに、腰引っ張ったって効くわけないよね。
http://www.nishibori-seikei.com/blog/2017/03/post-668.html

にしぼり先生のブログからです。このブログではわりと前からトリガーポイントブロックについてブログでわかりやすく解説されています。

結構The整形内科以前から、こういうように主張してる整形外科の先生はちらほらいるのですが、あの本が出てもまだまだ整形外科界隈に劇的な変化が出ていない様でかなしい限りですが、もうそろそろ変わっても良いのかなって思うんですけどね。。基本はトリガーポイントブロックをしてもすぐに戻ってしまうという認識だと思いますが、わりと効果が持続する人も注射の技量があがればいるという事を理解して頂けると良いなーって思ってます。
 
というわけで、今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ