整形外科的まとめBlog

整形外科専門医が監修しているBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を幅広く取り扱います。専門医試験対策はアップデートされますので過去ログ参照してください。青森・東京・関西圏対応

マクロビ派?ビスケット マクロビオティックっていうのがあるらしいです。


これですこれ。

いっつも医局でカロリーメート食ってたんですけど、

・食用油脂
・砂糖

っていう部分に引っかかってたんです。あんまり体に良くないんじゃないだろうかと。
費用対カロリー効率はペヤングに負けますが、ペヤングよりはましかなと。

でもってマクロビ派ビスケット@MORINAGAですが、
これは、バター、マーガリン、白砂糖不使用ってことになってます。
(てんさい糖は使用しているそうですが、、)

いつもパン買う時にショートニング使っていないかどうか見たりしてて、
最近は食用油を家で使う事もめっきりなくなりました。

からだの調子に変化が出るかはわかりませんが、
多分プラセボ的にちょっと調子がいい様な気はしてます。
ちょっとお高いんですけどね。。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

レセプトチェック!!! とりあえず自助努力してくださいな!!

 湿布なんて無駄だから、保険適用から外せば?と厚生官僚に言ったのが、かれこれ10年前ですね。

 やっとここ数年で変革されて、湿布だけに来る変な外来顧客をかなり減らせたと思いますが、まだそんな患者さん残ってますよね。なんというか、薬局で普通に待ち時間ゼロで買った方がお互いの為なのにって思ってます。

 今回は、臨床整形外科の理事が脅迫等にあっても変わらなかった柔道整復師の保険不正請求問題ですが、やっと改革が断行されたようです!!!
http://seikeigekai.org/archives/51390109.html
(整形外科医の先生ブログより)

 ここらへんもやっと動いたかー!って感じで、当事者の皆様お疲れさまでした!って思いますけど、やっぱり最終的にはレセプトチェックまで整形外科医が踏み込まないとダメだと思っているので、あともう少しな感じでしょうね。

 次なる勝利目標は、柔道整復師は、内科学を十分に履修し、実習しているわけではないので、開業権は医師の指導の元に限定するべきかと思います。整形外科医とは仲悪いかもなので、内科医と共同でも特段良いと思いますよ。少なくともレセプトチェックは医師の指導が必要かと思います。

 昨今のネットでの情報の拡散スピードにより改革を実感しますので、ネットでの情報拡散を継続して行きたいと思います。

 ダメだと思っていないで、情報拡散していたら、いろいろなところに届くやもしれないので、がんばっていきましょー!!

治ってるのにー 治ってない人!!! 実はよくなってるでしょ?

外来で文句言われるんですよね。
腰痛が全然治りません!!!!

って。

で、よくよくお話を聞くと

・以前より動けるようになってきている。
・凄い痛いのはなくなった。
・痛み止めはなくても大丈夫になった。

と、わりと良くなってるのに

症状が残るから、なぜかよくなってるのに

文句言ってくるわけですね。

もうこれ多分治療のありがたみの問題だと思うんですよね。
その場でパット症状をよくするという体験をさせないと
治ってる感って演出できないんだと思ってるんです。
これってビジネス的ななにかなんじゃないかと。

鍼灸なんかそうなんですが、何回も通わないとダメだぞ的な雰囲気ですよね。
なんとなく、そんな雰囲気を醸し出さないといけないのに、

・汚い外来
・待ち時間2時間
・診療時間5分

これじゃ、土台商売が無理だと思ってます。
なんとなくですが、病院の外来っていうシステム自体がエラーなんじゃないの?

って思い始めました。

やっぱり15-20分は一人に時間をかけて、
待ち時間はほぼなし、
奇麗で広い診察室だったらどんなにいいかなー

って考えてます。

ってことで、
今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

新しいバイト先に配属 まずやることは?

新しいバイト先に配属です。

新しいバイト先に行くといろいろ偵察をするわけなのですが、行き先は、

1、薬局
2、接骨院です。

薬局はいろいろ疑似照会を受けるのでまずご挨拶。
そして競合?である接骨院やらペインやらの視察です。
わりと低いお店が多いのですが、
最近レベルの高い店もちらほら見られるようになってきました。

立て看板と技術的なことが書いてあるのでなんとなくわかります。
極めつけは、かかっちゃうんですよね、一回通院するんです。
そうするとレベルがわかっちゃいますね。

今回のバイト先には、まわりに6つも!!
接骨院があり、今の病院の整形外科がかなり支持されていないことが伺えます。
ここからどう這い上がる戦略を取るか、頑張って行こうと思います。

今後ともよろしくお願いしますね!!

ワークショップって何ですか? ワークショップの運営についていろいろ教えて下さい。

 前回ワークショップについて書きましたが、続けて書きます。
http://orthopedic.jp/archives/52298849.html

 これまでいろいろなワークショップに参加してきました。ACLS,PALS,ICLSなどで教わる側、そして院内勉強会では教える側、いろいろですね。
 ワークショップについては、別に僕経験が多いわけではなく、普段教員で使ってる先生の方がお上手かと思います。

続きを読む

講義形態という古い教育方法について: はよワークショップに切り替えてやー!!

ACLSなどに出会って維持してきた世代としては、なんとなく、

”講義ってもう時代遅れなのに、どうしてまだ続けているんだろう。”

ていう疑問を学生の時から感じていました。
良く言われる、ワークショップのインストにならないと、80%の内容を理解できるようにならないとかいう知識習得のステップラダーとかいうヤツですね。
(僕は院内勉強会でもほぼワークショップ形態でしてます。)

なんというか、講義だと

・インタラクティブでもないし
・出会いも無いし
・質問できないし
・つまらないし

良い事無いんですよね。
話のうまい先生、面白い先生、勉強になる先生、あまり見つかりません。

でもワークショップだと、

・ワークの班内で質問しやすいし
・出会いがあるし、
・おもしろいし、
・参加者から学ぶ事があるし、

内容がはずれだとしても、良い点があると思うんですね。

ワークショップは
ワークの内容によって、
そして割り振られたメンバーによって
やや当たり外れはありますが、
それでも、講義よりはマシ

講義よりは絶対にマシ!!!

だと考えています。

今回英語ぺらぺら道場の先生が
ワークショップのアイスブレーキングについてお話しされていたので、
こういうワークショップ型のレクチャーが増えて行くと良いな
と思ったわけでした。

っていうか、日整会も、教育コースは全部これにすれば良いのに、
と思います。スポーツやリハ講習も、、、

少人数制で身体診察の実技まで同じ予算でもやろうと思えばできるはずです。
やらないのはトップの怠慢と教育能力不足とマネージメント不足と発想力不足でしょうね。

・トップの怠慢
・教育能力不足
・マネージメント不足
・発想力不足

学会の未来を暗示してます。。。つまらない学会に未来はありません。

つまらない整形外科に未来は無いんです!!!!!

AOとかはこっちの少人数ワークショップ制に切り替えてきているので、
なんとなくUSAでは教育革命が終了している感じはありますね。

ま、日本は各自独自自由で良いんですけどね。これはこれでいい面もあるとは思ってますので、良い面を残しつつ、最低限のコンセンサスと教育水準を保つ努力をしても良いのかなと。

追い討ちをかけるとしたら、どうして学生の時に散々講義聞かなかったのに、偉くなったら人に講義する事を躊躇しないのかという部分でしょうかね。想像力とか発想力は無いんでしょうかね。。

パルパゴスのあの台詞が頭をよぎります。。。

”ばっかじゃねーの”と。。。

今後ともよろしくお願いしますね!!

整形外科学会スポーツ認定資格の問題点を考えてみた。

以下、5つの問題点です。

1、せっかくみんな集まるのに、専門家同士のクロストークができていない。

2、全体的なコンセンサスが学会として形成できていない。
・最小限の内容と言うよりその道の専門家が自由に話している印象.

3、認定医のミニマムエッセンスを形成する意思を感じない。

4、指導者の生涯学習が足りない。
指導者の知識の全体的な常識的なコンセンサスという部分が不足している気がします。

5、講義の事前のチェックが十分でない。
偉い先生の講義をチェックするのもどうかと思うのですが、偉くなくてもしっかりした先生に講義をしてもらうというのもありだと思います。

というわけで、組み直した方が教育コースとしては良いのではないかと思います。

リハの方がまだコンセンサスを統一しようと言う意気込みがありました。

 エビデンスを求めるパートと、実際の診療パートがAOコース並みに実用的、理論的に常識人に耐えうるもんじゃないってことです。
 単に、

”ボクチン、偉い先生のお話たくさん聞いたから認定医だよー!”

 みたいな印象があるんですね。ハイ。

 現状は残念ですが、偉い先生が自分が偉い事を認識する為のマウンティング会みたいに感じてしまうんです。。

 でも最低限のラインを決めると、偉い先生に講義してもらうにしては、とてもつまらない事を講義させることになるので、なんとなく講師は普通のPTによる講義で良い一般部分と、専門的で斬新な部分に分ければ良いのにって思いました。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

本当に固定しちゃっていいんですか? 固定術って再手術率高くないですか?

2年で3-5%くらいですか?
再手術率。
チェックすると思ってたより
そこまで高くはないんですけどね。。
続きを読む

外科医の究極奥義 ”@@@は避けよ。”の正当性について。

え、そんなこと書いちゃうんですか?続きを読む

学会の単位移し替えました!

何の単位かというと、整形外科学会の単位ですよ!

単位を1-14の科目に割り振って、50単位以上取らないといけないんですね!

新制度の問題もありますのが施設が対応していなかったので今回はあきらめました。

あまった単位はなるべくスポーツ医にわりふって、講習にでなくてすむように頑張ってみます。

というわけで、今年から来年にかけて、スポーツの講習に出まくらないといけない感じになりました。。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。けなくなりましたね。。

初期研修トラブルシューティング 再掲

初期研修トラブルシューティングというテーマで再掲してみます。
これまでいろんなこと書いて来たもんですね。。

1、研修をスムースにすすませる為に。

*周りとうまくあわせること。
http://www.orthopedic.jp/archives/52115450.html
いろんな年代のいろんな人と仲良くするのは結構難しいですね。

*だれも受けた救急患者さんとってくれないんです。
http://www.orthopedic.jp/archives/52099290.html
院内たらいまわし問題ですね。
院内ルールが未整備でプアーだと末端の人にしわ寄せが、、

2、上司がなんかヘンなの。助けて編

*上司が明らかにミスしそうな状況でどう立ち回ればいいの?
http://www.orthopedic.jp/archives/52089829.html
何にも知らないふりして、上司のミスを直すのはわりと難しい気がします。

*セクハラされた時の対応。
http://www.orthopedic.jp/archives/52133366.html
セクハラをしたときされた時に役に立つ情報です.

3、部下がなんかおかしいの。こんな時どうする編

*嘘つき研修医さんへの対応
http://www.orthopedic.jp/archives/52144842.html
虚偽記載してもあっけらかんとしてるような人はどう対応すればいいんでしょう。。

*病的な研修医さんへの対応
http://www.orthopedic.jp/archives/52081464.html
ヘルプしてもすねて周囲を罵倒するような研修医はどう対応すればいいんでしょう。。

*言う事聞いてくれないんです!!
http://orthopedic.jp/archives/52149637.html
仕事の全体像って言うのもあるから、研修よりも優先してほしい事もあります。

4、職場がなんかおかしいの。
*職場がブラックでまっくろけっけなの!
http://www.orthopedic.jp/archives/52063667.html
なかなか病院の根本がおかしな組織だと、歯車が全部狂ってきますよね。。

こんな感じかな。エントリーの内容は題名とちょっと異なりますが、
だいたいそんな感じですね!

みなさんの体験談もお待ちしております!!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
プロフィール

orthopedics

関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ