整形外科的まとめBlog

整形外科専門医が監修しているBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を幅広く取り扱います。専門医試験対策はアップデートされますので過去ログ参照してください。青森・東京・関西圏対応

この身体診察の教科書、オススメにプラスしてもいいかな?



これです。
わりとわかりやすいので、いいのかなと。
先輩が何してるかわからない時にちらっと見たりするのは良いと思います。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

調べたら下肢痛(いわゆる座骨神経痛)も初診で80%くらい治してました。

 自分のデータせっせこまとめてるんですが、いわゆる座骨神経痛の様な下肢痛ですよね。
膝の痛みも鷲足炎とかだとわりと治せるのですが、あんまり成功率高く無いですね。やっぱり半月板やらOAが入ってますから、手技療法は全能ではありません。
ただ、座骨神経痛みたいな症状の痛みは、80%くらいで初療で治せる感じになってます。

 腰痛ほど下肢痛はひどく長引かないのでわりとすっきり治る事が多いのです。これは感謝される事が多いですかね。だからLCSの人は、外来で治らない人を手術すれば良いと考えると、全部の中の10%くらいの人が真性のLCSなんじゃないかなとか。それでも部位間違えとかも入ってると思うので、手術になる人ってもっと実際は低いですね。

 あとはどうやったらもっと感謝されるかとかも考えてますが、僕はわりと外来でわからないようにそれとなく治してたりするので、逆にこういう方法が外来が増えずに混まないポイントなんじゃないかと思ってきました。患者さんの通院量減らして楽して外来楽々ちんですね!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

一番リスクが高いところから事故は起こる。 長野県防災ヘリ墜落事故

長野県防災ヘリの件、救出される人がいることを祈っています。

ただ、長野県防災ヘリについては
http://blogs.yahoo.co.jp/bell214b1989/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=%C4%B9%CC%EE%B8%A9%CB%C9%BA%D2

神パイロット先生が、このように評価していました。

つまり、

次落ちるとしたら、長野県が一番怪しいな。

という類の評価が外部から既にされていたという印象があります。
組織の存続性という部分と山岳地帯というリスクを考慮すると、長野が一番危ないと私も感じていました。

このことで、県の責任者は糾弾されるでしょうが、糾弾されるような情報が果たして出てくるか、報道されるかどうか、という部分に、組織の健全性、つまり、再発自己防止という部分が出てきます。

なんとなくですが、情報を公開しようがしまいが、現状でも存続困難な部分をどうしようもできないでしょうから、多分継続しない方向になるのかなと。

長野県には松本駐屯地もあり、ヘリ部隊もあるようので、結局防災ヘリが導入されていない県と同様になくても自衛隊さえ頼れば防災ヘリなどいらないという結論になります。

昨今、自衛隊が活躍するのが嫌なので導入された?とも言われる防災ヘリですから、縮小していくのかどうか、注目しています。

自動運転はよ! 認知症老人による交通事故多発社会が到来してます!

http://gurikenblog.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-905f.html

これ冗談じゃない問題なんですが、認知症や問題がある時運転の許可僕は出してないです。

友人も認知症老人と思われるヒトにぶつけられて腹立ててましたが、
http://orthopedic.jp/archives/52253064.html

認知症に怒るって、赤ちゃんに怒るのと同じくらい無意味な事で、
ホント生産性がないです。

個人的にははやく自動運転社会がこないかなーって思ってます。
自動運転の事故と、高齢者による事故の天秤という社会状況になってますよね!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形外科的老年リハビリ講座 その1 学校で教えてくれない膝痛評価のポイント

<2014年の記事になります。>

老年リハビリですね!

老年リハビリと言うのが注目されているようなので、
http://blog.livedoor.jp/gp_ken/archives/8521048.html

自分なりに1つ記事を書いてみました.

続きを読む

リハビリメニュー書いてますか? 全部PTに一任してますってなんなの?馬鹿なの?

先日の肩関連の講演会でスポーツの単位取ってきたんですが、

診断についての項目が一切なかったので講師の先生に、

"ほぼ肩は軟部が原因だと思うんですが、診断等はどうされていますか?”

と聞いてみると

”保存療法含めて全部PTに一任してます。”

とのことでした。

正直

”どうしてこんな方がスポーツ講習会の単位を保証する講師なのか?”

と思いましたが、皆さんはどう思いますか?

なんとなくですが、

”その病院のPTに講師をお願いした方が、100倍為になるんじゃないかな。”

と思いました。

以前の私の指導医の口癖は、

”手術適応のわからない人間はメスを握るな。”

でしたので、肩の軟部の評価が自分できないのにメスを握るのはどうでしょうか。
肩の診療で一番のポイントは軟部の評価方法なのに、と感じたんですね。

日整会は適当な人材を講師にしてると、
学会のレベルをコメディカルにすら嘲笑される状況ですよ!

ってことで、

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

P.S. とりあえずPTとカルテ共有から始めたらどうかと思ってるorthopedicsより

初期研修のミニマムエッセンスって何? 必要な教科書を検討してみる。

シーズンのため、以前の記事の再掲載になります。

toorurulle

僕的な研修ミニマムエッセンスは、

1、内科 
up to date使えるようになれば御の字だと思うんですよね。患者さんの内科的な診療内容が理解できて記録できるんだったら、uptodate通りに情報収集と治療計画立てて、指導医と確認して医療行為すれば、正直ほぼ内科ってそれでいいんじゃ、、と思いました。もちろん手技ですとか、現場感覚は臨床にいないとあれですが、uptodateってすごいですよね。。ですから、内科の教科書を挙げるとしたら、currentくらいかな。。毎年改定でしたよね?

↑、一応currentは全部病気が乗ってるわけじゃないけど、一応一般的なことが網羅されていて、uptodate毎年される教科書で、安くて、読みやすいので価値があると思います。uptodateが使えれば十二分だと思いますよ。小児科研修は余裕があったので、uptodateも緑の本(Nelson)読んでましたが、学生の時と違って内科研修ではきつくってもう連日夜12時くらいで力尽きて、青い本(Harrison)なんかは勉強する時間はありませんでした。。

消化器内科、神経内科、循環器内科、内分泌内科などそれぞれの科の特性と手技の特性があるので、それを専門に入ったら研修する感じでいいんじゃないかな、僕はもう心カテとかやらないし、、

2、外科 
腫瘍マニュアルはあった方が外来こなしやすいというか、ないと仕事にならないですよね。手術の解剖やら手技書みたいなのを、先輩の手術記録とにらめっこしながら、っていうスタイルでいいんじゃないでしょうか。


3、麻酔科 
研修チェックシートでいいでしょ。この本は優れもので、これだけでいいから全部覚えろ!とか言われました。


4、小児科 
薬がめんどくさいので、薬の本が重要ですね。小児科は、しっかり全身を診察することができるようになって、異常と正常が汲み取れるようになって、発熱の見方がわかるようになればいいんじゃないかなとか、、、難しいですけど、整形外科でも結局小児科的な発想は重要ですよ!
 ちなみに、私は、HEINEの耳鏡手に持って、外来頑張ってました。研修病院では3年間外来やらないと小児診れるようにはならん!って言われてました。今度、オススメの耳鏡の記事を書きますね!


5、整形外科 
手術とか外傷とか画像診断に興味があると思うんですが、身体診察が最も重要だと思います。なぜならプライマリーでそういう患者さんが多いからです。整復とかレントゲン読影もできるようになるといいけどね!


6、産婦人科 
可能であれば、ALSO/NRP受けたいですよね。僕はテキスト流し読みだけですませましたが、可能だったらALSO受けてからお産とりたかったな。。1ヶ月何件くらいお産を経験するのが平均になってますか?

7、救急 
研修する前に、PALSやらJATECは受けておきたいですけど、なかなか難しいですね。ACLSは使用頻度はさほど高くないんですが、ある程度不整脈に強くなるのはいい部分ですね!

↑外傷に関わる整形外科医は必須というか、逆にERがあると、やらなくていいかもですが、ERと協力するつもりなら勉強しておいた方がいいかなと強く思います。

↑くらいで初期研修はいいんじゃない?教科書は改訂版のチェックは各自でお願いいたします。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

FACEBOOKのファンページをつくってみました!! 再掲

FACEBOOKですね!

そうです。
個人情報を流しても気にしない人が多くて不思議な、
FACEBOOKでのファンページを作ってみています。
orthopedcis11

https://www.facebook.com/orthopedics119

とりあえず周囲の人にはナイショで運営しているので、
まだまだ認知度少ないですが、応援よろしくお願いします。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled




日本人DOの人を見つけました!!

DOの人はAOコースでもちらほらいたので、
いろいろとお話するチャンスはあったのですが、、、
ネットのとあるサービス経由で見つけました!

USAではDOとは、

Doctor of Osteopathy

のことですね。

USAではMDとDOが医師として認められています。

DOのコースでは解剖をちょっと詳しく学ぶ体系の医学を付加されてあって、
いろいろな手技療法とかも学べるようです。

日本でOsteopathyというと、

代替療法の代名詞のようになっていますので、アレですが、

結構面白そうですよ!

ってことで、

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

K点治療、病院PTに見てもらいました。怖くて先生にしかできませんって言われました。。

自分的には基本はこれ関節Mobilizationかと思っています。
http://orthopedic.jp/archives/52088677.html

でも侵襲的なんじゃ、、という人はその通りですが、
Jackson/spurlingもかなり言うほど良い診察法ではありませんよね。
この手技の後は大抵症状はかなり悪化します。

そしてCDHの診察の為だけにやる訳ですから、
それなら
"病歴聞いてMRI取れば?"
とも思います。

私はNAGsを利用して高位診断をして、SNAGsをかけて関節Mobilizationしてますが、
意味するところは、これで高位診断と保存療法が有効かどうかが判別できます。
Jackson/spurlingでは、高位診断できないし、圧倒的に痛み少ないですしね。

つまり関節動かして症状が悪くなる物は、リハビリしても望みがないから
手術した方が良いんじゃないかと思うんです。
多くの保存療法が効くCDHはこれで判別できると思います。

リハビリテーションシークレットには、
”脊椎関節Mobilizationは安全”って書いてあったんで
(もちろん教育された施設で教育された手技でという事かと思いますが、、)
別に問題ないかなーと思ってます。

っていうか、怖くてできないとか良いながら、PT部屋には脊椎関節Mobilizationの教科書が置いてあったの、僕は見逃してないんだぞ!いろいろ知識を共有しましょうね!!
でもASTRすらも怖くてできないとか言われると、仕事やる気あるのかな?と思ったりします。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

腰痛の原因を考えると、HipSpine症候群も理解できるし、予防治療可能なことすら伺える。

これですよね。

腰痛の頻度的な原因を考えると、HipSpine症候群がどうして起きるのか、というのが、
ちょっと見えて来る様な気がします。
結局卵か鶏かの議論になると思うんですけどね。

ま、僕の勝手な思い込みなのかもしれないんですが、
そういう議論がみなさんと共有できるようになってきて非常に楽しいです。
そして論文も少しづつ核心に迫ってきてますね!

外来も漫然とプログラム通りにやるのはつまらないですが、
外来診療プログラミングを常に組み替えていく外来作業は、
わりとクリエーティブだと考えております。
(そろそろ一人外来はサヨナラしたいんですけどね。。)

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
プロフィール

orthopedics

関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ