6月に入ってそろそろ症例集めも一段落してきた頃でしょうか?今回は整形外科専門医試験の問題予測をしてみます。

 私は試験対策に当たって問題集を2-3回、過去問を2-3年分を2回、AAOSの問題を2回解きました。最近の過去問を見ているとある程度傾向がわかるようになってきます。筆記試験はわりと古い問題は出ない傾向にあると思います。各分野から出題数はある程度決まっているので、同様な問題が連続で聞かれる場合もありますが、最近のトピックなども踏まえて、穴を見つけ出したり、周辺の知識を洗っておくだけで問題がある程度予想できます。ですから、過去問は一年分は最後にとっておくとしても、傾向と対策を考えて勉強する上で、直前に解くよりは、すこし前にといておいてもいいかと思います。
 口答試験問題も肩関節鏡が約4-5年前に出題されて昨年出題されているので、口答試験の問題は4-5年分の問題をプールしておけば、ある程度出題予想もしやすいのかなと思います。てん先生のblogなどは年代的に調度、試験対策にはもってこいな年代になってきているのかなと思います。
http://ameblo.jp/ten-sensei/theme-10001467141.html
 いずれにせよ試験勉強はまだまだ先のお話なのであとになったら振り返ってみてください。皆さんの問題予想をコメント欄でお待ちしております。


第24回整形外科専門医試験(2012年度)について 口答試験など
整形外科専門医試験に役に立つ本 その2 もしかしたら問題が出るかも。。
専門医試験に役に立つ本 その1 とりあえず買いましょう!
準備はOK?そろそろ専門医試験を準備する時期ですよ!
提出症例について。
整形外科専門医試験のためにまずやること3つ。
第23回整形外科専門医試験(2011年度)を受けてきました。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled