今回のテーマは難治性腰痛です!
ririka22


作画は再び季節キノコ先生にお願いしました。
季節キノコ先生ありがとうございました。
backpain1P
backpain2P

 難治性の腰痛は正直難しいところですね。。

 いろいろな病院に行っても治らない腰痛の患者さんはよくいらっしゃいます。それでも原因を考えると、運動療法ができない、日常生活が忙しくて体調のコントロールができない、など、自分の生活をコントロールできていない人が大半を占めている気がします。

 つまり負荷を減らし、毎日プールに行ってるけど腰痛がどうしても治らない。というような人を見るのは稀です。ある程度ひどい腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症があっても、労働をせず本当にプールしか行っていない人は症状も悪化しないし経過見れる場合も多い印象があります。(もちろんダメなら手術なのですが、、)

 ですから自分の日常生活と腰痛の関連をみなさん黙認して、ごまかしながら腰痛と共生していると思うのです。”そんなこと言ってもいまさら仕事やめられないしー”とか、”とりあえず痛みの原因を見つけてくれよ”とかいろいろ皆さん感じると思うのですが、痛みを感じたまま生活することはあんまりよくはないので、一旦人生を見直す機会にするのも悪くないかもしれません。結局痛みが治らないと仕事もできなくなってしまうし、手術をしてもしなくても、治らなければ日常生活も崩壊してしまうことになります。

 もし整形外科的疾患がある場合はなおさらです。本当に手術が必要になった場合のリスクも考慮する必要があります。腰痛の手術では固定術を選択することが多いでしょうから、合併症の問題がどうしても出てきます。固定術後はあまり負担かけない方がよいと思いますので、そこまでの手術をあえて受けるまで人生そこまでがんばらなくてもいいのではないでしょうか、、、

 腰痛が治らない場合、本当に人生を不意にしてしまいますので、主治医選びは慎重に、そして治療法も慎重に行う必要があると思うのです。安易な治療法になびかないことが大切なんじゃないかなと思います。治らない腰痛患者さん、主治医としても苦労が多いですし、もし手術するとなってもやや緊張しますが、お互いリスクと治療選択肢を理解した上で治療に望みたいですね。。。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。