救急外来のおばちゃんナースの言うことから卒業する日

yuu


 研修医1年目の時はERナース達の言うことは絶対でした。ERナースは普段怖い人と接しているからか、やや怖い方が多い印象があります。。

そうなんです。最初はアレ?と思うところから。

 最初はただナースの言われるままに仕事をこなしていればいいと思ってました。しかし、1年もたたないうちに、不思議に思うことも出てくるはずです。いわれのない責任を押し付けられたり、言った言わない論争になったりと、、

そうです。それは”巣立ち”のときなのです。

 医師と看護では役割が異なり、基礎的な勉強も異なっています。もちろん専門的に研修してきたナースの言うことはたいがいあっていることが多いですが、ナースはナースであり、外来でも病棟でも仕事の効率を優先する傾向があり、Pitfallをつぶしにかかる医師の思考回路とは異なる可能性があります。
(もちろん逆に足りない部分を指摘してくれたりする場合もあるので、臨機応変さが必要ですが、、)

 診断を最短でみつける事と、否定しておくことの重要性と思考過程がやや異なる印象を受ける場合が多いですね。

 もちろん職場での看護教育や雰囲気の影響が大きいと思いますが、仕事の効率を求めるあまり、必要な部分もすっ飛ばしてミスした時の責任はナースではなく自分にあるということを肝に銘じてERをこなしましょう。
(そしてもちろん言うこと聞かない変なドクター扱いされないようにフォローも忘れずにね。)

 医師は医師の仕事を、ナースはナースの仕事をきっちりやることで、この問題は解決できると思いますし、逆に言えば、本当は必要なことはある程度決まっており、本来本当に必要な仕事量はどうやってもあまり差はないのだと思っています。

 僕の指導をしてくれたおばちゃんナース、つまり私のERにおける師匠のERナースは持病がもとでもう引退してしまったそうです。

私の勇姿を見せられなかったなぁとすこし残念です。





今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。