ririka322

ノロウイルスが流行っていたりすると、いろいろ困りますね。

困るポイントとしては、
・下痢の人にノロウイルスの検査とかイチイチ出す出さないのがめんどくさい。
・”あれ?どこいっちゃったの”的な患者さん隔離的なBed管理で困る。
・看護師に感染して貴重なスタッフの数が減少してしまう。
・ナース・PT通して遠隔地転移を起こすので、病院全体の取り組みが必要。

などなど、困りますね!

別にノロだからといって、単なる感染性の腸炎のウイルスなので、どうと言うことはないのですが、
やっぱり院内感染が止まらない時はさすがに焦ります。

そして高齢者には時に腸炎は結構大きな打撃になります。多くの整形外科の手術後の患者さんは動けませんので、体力を消耗してしまうのです。そして頚部骨折、THA、脊椎関連などで臀部に近い手術も多いので不潔っぽくて嫌ですね。。

ちなみにナースや助手さんにとっては病棟業務が半端なく増えて厄介だそうですね。。

今回はノロウイルスのCDCガイドラインの訳から面白い部分を抜粋してみます。
http://www.hica.jp/cdcguideline/norovirus/CDCguideline2011.htm

・嘔吐や下痢への暴露を避ける。>避けれたら苦労しないぜ!姉さん!
・患者は個室で接触予防策の下に置く。>部屋が余ってたら苦労しないぜ!姉さん!
・症状が収まってから少なくとも48時間は接触予防策の下に置く。 >2日間ね。。個室代がパーでトホホだよ。姉さん!

・新たな入転院に対し病棟閉鎖を考慮する。>閉鎖してほしいよ!姉さん!!
・ノロウイルス感染症に合致した症状のある医療従事者の病気休暇方針を作成し遵守する。 >休みをおくれよ!つらいよ姉さん!!(切実。。)
・病棟での一患者コホートに対するスタッフケアを保証し、患者コホート間を移動させない。>そんなにリソース余裕なーいんじゃないかなぁ。がんばってよ姉さん!
http://www.micks.jp/jhi/2012/09/20120905.html

ってことで、病棟管理で防げる問題も多いからICTチームのせんせ、よろしくお願いしますねー。

 僕は日常的な病棟管理(患者配置・人員配置など)や日常的な衛生管理(トイレ・手洗いなど)に鍵があるんじゃないかと思っていますが、経営の問題もありなかなか難しいですねぇ。
(という意味でこの戦いには実は仁義がないんじゃないかと、、、)




今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

blogランキングになってますので、↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。

これまでの感染症関連の記事はこちら。
http://www.orthopedic.jp/archives/cat_50048754.html