麻酔科医の先生、いつも大変お世話になっております。頚部骨折、圧迫骨折、踵骨骨折の季節になってますのでいつもありがとうございます!!

 今回は麻酔科医の先生と腰椎麻酔(ルンバール)がテーマです。

麻酔科の先生は時になぜかルンバールを嫌う先生がいらっしゃいます。

・ルンバールは各科で、、

 なーんてことはざらだったりしますが、ルンバールでも高度のCHF(心不全)やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などリスクがあるケースもあるので時にはお願いしたい場合もあります。

麻酔科医のコストにルンバールは沿わないというのが、麻酔科医の言い分なのだと思われますが、

・まずは患者さんの手術が必要で、麻酔が必要である!

ということから麻酔計画を立てて頂きたいと考えています。

 つまり、麻酔計画は麻酔科医の領域であって、本来リスク評価、麻酔法選択は麻酔科医が外科医と協議して選択し、より安全で患者さんにBestな方法を選択するのが麻酔科医のお仕事なのだと考えているのですが、いかがでしょうか。

バナナはおやつにはいりませんか?
2番はダメですか?2番じゃ、、、
やっぱり全身麻酔じゃないと麻酔じゃないんですか?





麻酔科の先生!今後ともよろしくお願いしますね!!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。