いつも大変お世話になっております。

 昨年度、当blog経由でamazonで購入された教科書ランキングトップ5を公表します。blogから発生する料金は小額なのですが、blog運営やイラストなどに使用しています。つまりblog的にはわりと赤字なのですが、将来的になにか楽しいことにつながれば!とか思ってます。

第一位


・標準整形外科学 第11版 (STANDARD TEXTBOOK)
 整形外科の専門医試験にはあった方が良いですし、最近はリファレンスもしっかりしているのでよくなっています。最新版であることも重要なのと、初学者にも内容がちょうどいいのだと思われます。

第二位

・図解四肢と脊椎の診かた
 駆け出しの研修医にはこの本は必須だと思います。神経内科的診察方法とともに、内科医、家庭医にも必須な教科書になります。内容は暗記するくらいでちょうどいいですよね。将来一般内科or外科系を診る形の開業を予定しているすべてのお医者さんは是非購入してください!

第三位

・整形外科医のための手術解剖学図説
 この教科書は高価ですが、この本はとても重要だと思っております。どこの整形外科研修医でも持っていて、中古市場でも一定の人気があるのではないでしょうか。

同三位
・Atlas of Surgical Exposures of the Upper and Lower Extremities
これは私のリストにはないのですが、みなさん購入されているようです。

第五位

・Atlas of Normal Roentgen Variants That May Simulate Disease
 放射線科をローテする研修医が多い昨今、この本はもっと研修医部屋においておいてもいいと思います。正常だけど、異常のようにみえる画像が集まった教科書です。

その他
・AO法骨折治療
・骨折―プレート治療マイスター
・手・足・腰診療スキルアップ (CBRレジデント・スキルアップシリーズ (4))
・プライマリケア整形外来マニュアル 原著第3版 ―外来で整形疾患をみるすべての人へ 
・Travell & Simons' Myofascial Pain and Dysfunction
・骨・関節X線写真の撮りかたと見かた
・痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR―軟部組織へのシンプルで効果的なアプローチ
・Rockwood, Green, and Wilkins' Fractures, International Edition, 3-volume set

などなど購入していただきました。
ありがとうございます。

尚、整形外科卒後研修Q&A、筆答試験問題の解説は省きました。ご理解申し上げます。。

個人的には、
・AO法骨折治療

なんかはレジデントは買った方がいいと思いますが、みんな持ってるんでしょうかね。。

昨年度はありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。