今回は、難治性腰痛について、再考してみたいと思います。

これまで外来で、こういう人はどうしたらいいんだろうな。
と疑問に思っていた人々を追想してみました。

1、腰椎椎間板ヘルニアの手術後の腰下肢の人
2、仙腸関節に高度のOAがある人
3、すべり症とLCSが高度にあるけど、仕事でオペできない人


などなど、腰痛で困ってるけど、
orthopedicsがどうにかできないかなぁ
と思った人たちです。

1、腰椎椎間板ヘルニアの手術後の腰下肢の人

多分椎間孔が狭いからだった気がするんですよね。。
多分、Loveでは除圧不十分だったのではないかと。
http://www.watanabeseikei.com/nanchi.html
今度は固定して、大きく除圧すればよくなると思っていたのですが、
彼はまだ若く、そして肉体労働者なので、
固定術をどうしても選択するのに躊躇してしまっていました。。

2、仙腸関節に高度のOAがある人

指導医が固定術していましたが、劇的に腰痛が改善していました。
仙腸関節のOAがひどい時は固定で結構よくなるんですかね。

3、すべり症とLCSが高度にあるけど、仕事でオペできない人

仕事や人生設計を改善していかないと、
病気って治っていかない気がするんですね。
仕事しないで家でのんびりプールしながら生きていれば
全然ストレスなく生活できるというレベルだったので、
それだったら、1年くらい療養休暇とって、体力つけて、
それでもダメだったら手術すればいいのでは?
と思いましたが、
こればっかりは人の人生だからなんとも言えないですよね。。

とりあえず固定術して、
人生設計変えるっていうのでも良いと思いますけどね。

というわけで、治りにくい腰痛の人は絶えないので、
このシリーズ延々と続きそうですが、


今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。