研修医になって始めて戸惑ったのが、
社会人になるという部分ですね。

職業人としての先輩がたくさんいます。
その中で問題がないように現場で働くようになります。

当然、ちょっと性格が合わなかったり、
明らかに性格や言動に問題があるような人たちとも

仲良くというか、
問題なく、仕事をしていく必要があるわけです。

学生の時は、好き嫌いで動いていても良いかもしれませんが、
さすがに職業人となると、そうも行きません。

そんな困った時に読んどいて為になったと思うのが、
以下の本です。



こういうのは学部生の時の飲み会で鍛えられているはずなのですが、
それでも、その技術をブラッシュアップするにはいいテキストだと思います。

ちょっと、仕事をしやすくするためには、レジデントになる前に、
ちょっと読んどいた方がいいのかなと思います。

ま、皆さん、こんなの読まなくても、自然と身についてることが多いと思いますけどね!

 レビューの低い点数を見ると、確かにこの通りやったら引くよなーっていう内容ですし、関西と関東の笑いや文化の違いもあるとは思います。ただ、この本に書かれている、とにかく嫌われないようにする、ユーモアでなんとか返すみたいな手段で乗り切る事を覚えて行った方が良いのかなと思ったわけです。決して全部まねするなんて意味で紹介していませんからね!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。