10月を前にして、そろそろ異動の時期ですね!!
引っ越し業者の手配は順調ですか?
http://www.orthopedic.jp/archives/52104670.html
全部セットで頼んでも昨今わりと安かったりしますよねー!

今回は異動の際の仕事上の注意点についてです。
5月に起きてしまった造影剤の事故の件なんかですが、
4月5月って言う、異動の時期っていうのも大事なポイントなのかもしれません.
http://www.orthopedic.jp/archives/52145175.html
異動の時期目前と言う事で、
自分なりに考察してみました。

1、忙しくしすぎない事。いそがばまわれ。

仕事ができるアピールをする為に少し空回りしてしまう事もあるので、
最初は仕事が少ないうちは、

確認作業

ということを重視して、
前の職場と現在の職場との違いの整合性を保てるように努力する事が大事ですね.
ですから、最初からがんがん頑張るより、
徐々に慣れて行く事に重きを置いた方がいいとは思います.

もちろん頑張るんですが、
頑張りどころを間違えない事ですね.

2、仕事をみる事。魅せる事。

上記とややかぶりますが、
手技なんかが職場ごとに変わるので、
他の先生の手技をみる事はとても大事になってきます.

もちろん自分の手技の流儀があると思うので、
一緒に入ってもらって確認というのがいいと思います.
少々できないと思われるくらいで十分だと思います.
(もちろん最初から1人でがんがんやれという職場もあると思いますけどね!)

どんどんやってね!とかいいつつ、
仕事の評価はかなりシビアにしてる人が多い気が、、

3、medical inteligenceは最重要課題。人間観察が大事!

職場の人間関係はある程度すぐにわかるとは思いますが、
キーメーカーのナースを認識するとか、
同僚医師との情報交換や、
同期や前任医師から上司の情報を探っておいたりと、
人事的な情報が重要になります.

いくら仕事ができても、
病棟のおばちゃんナースとうまくいかなくなったら、
それこそ一大事ですからね.

orthopedicsは
最初からうまく仕事を回せる人って、すごいなーと思ってみてます。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。