整形外科医の皆様、お疲れさまです!

今回は専門医試験の勉強方法についてです。

私は先輩に
”問題集を繰り返すしかない”
とか聞いていたのですが、

私の同時期に受けた先生、
そして下の学年の先生でも、
なんか問題集やらないで
過去問だけで通ってる先生がいます。

たしかに過去問は大事なのですが、
こういう方法もあるのかなと思いました。

正直30歳超えて、問題集ばかり繰り返すのは正直、、、

つらいしあほらしいですよね。。

昨年度の掲示板で情報頂いた内容を掲載しておきます。
大海先生ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

______________________
32. 大海1 2014年02月22日 15:20

無事合格しました。
専門医試験の情報があまりないなかで、こちらのブログは大変参考になりました。
来年以降に受けられる先生方の参考になるかと思い、私の勉強方法について書かせていただきます。

ブログや先輩方の話では「試験勉強は試験の3か月くらい前から始めてQ&Aは最低2〜3周する」と聞いていて私もそれを目標としていたんですが、一般病院勤務でなかなか勉強時間が確保できず本格的に勉強を始めたのは12月中旬(ほぼ1か月前)に入ってからでした。Q&Aから解き始めましたが、全然わからないことだらけで正直かなり焦りました。途中でこの時期から勉強を始めたのではQ&Aを2〜3周やるのは不可能と判断して、そのかわり間違えた問題は標準整形等で理解を広げながら勉強していきました。正月休みは当直以外の時間はすべて勉強時間に費やし、1月初旬にようやくQ&Aが1周終わりました。それから過去問5年分をやってみると、古い過去問から順に進むにつれて平均点程度の点数は取れるようになっていました。あとはガイドラインからの出題数が年々増えている印象があったため、ガイドラインも目を通すこととしましたが、とても全て読破する時間はなかったため各reseach questionの最初に記載されている要約のみを読み飛ばしました。
そんな感じで最終的に過去問が全て解き終えたのが試験2日前、ガイドラインを読み終えたのが試験前日でした。直前に過去問で間違えた箇所を復習し試験を迎えることとなりました。もちろん口頭試問に関して準備する時間は全くなく、筆記試験が終わった夜に提出した症例に目を通したくらいでした。


33. 大海2 2014年02月22日 15:22
最終的に筆記試験は77%で、口頭試問も前半組で簡単であったため安心して合格発表を待つことができました。

試験勉強を振り返ってみて大事なことは過去問(特に直近3年分)を重点的に勉強すること(直近の試験問題は解説書などないため復習にも時間がかかります)、あとは勉強時間が確保できなくても最後まで諦めないでやることだと思いました。周囲には意外と12月になって試験を始めた人も多く、みんな70%以上取って合格していました。
大した内容ではありませんが、今後受験する先生方の参考になれば嬉しいです。
本当にお世話になりました。