アンチエージングですが、基本は

気合いだろ気合い!

みたいな感覚的なものも重要かもですし、
心と体はリンクするというか、
人生において”動くこと”って
食事と同じくらい大事じゃないかと思ったりするんですよね。

というのは、

定年退職になってから体の調子を悪くする人


多くないですか?

なんか惚けたり、
家でごろごろしてるからか運動器に問題起こしたり、
メタボになったり、

なんとなく、体おかしくする人多いんですよね。

Prevention of dementia on the basis of modification of lifestyle and management of lifestyle-related diseases: a review.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24796088
↑やっぱり社会生活も大切というレビューのようですね。

ですから定年退職とかの人には、

なにかしら働くか、
趣味などで没頭できる物を作った方が良いですよ。


というようにしています。

スポーツでもなんでもいいのですが、
日常継続して何か意識を集中できる物を継続して活動している人、

ま、定年後も趣味などかねて働いてる人の方が
動ける気がするんですね。

逆に体が悪いのに無理して働く人は、これまたダメなような気もするので、
バランスはあると思うんですけどね。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。