わりとよくある事なのですが、、

近隣の三次医療機関から来る患者さんなのですが、、

骨折見逃されてたり、
骨折してても紹介状なしできたり、
そもそも手術対象の患者さんが、なにも指示のないまま流れて来たり、

一昔の三次医療機関ではおよそ考えられないクオリティなのです。
昔は研修医が多少ヘマしても翌日の同施設内の専門外来でフォローできたので、
大事にはいたらなかったわけです.

ER側としては、そもそも整形外科医は夜間オンコールに対応してなかったり、
そもそもER患者が多すぎて全部整形外科対応にされてはたまらないのでしょうし、
もしかしたらERと整形外科が仲が悪すぎるのかもしれません.
(お前の見た患者なんてミネーヨ的な、、)

難しい三次医療機関としての立場もわかります。

ただ、患者さんのことを考えると、
三次医療機関にいた時も、

かわいそうだな。。

と思った事もありましたし、

外にいる現在も

なんとかなんないのかな。。

と感じています.

三次医療機関にいた時は、
夜間のレントゲンチェックをして、
ERと連携を取ったりして症例を頂いたりしていましたが、
症例をとっても結局手術室が満杯で対応できないとか結構ざらだったりすると、
かなりやる気をそがれるという現実もあります.

というわけで、
なんとかなんないのかなー
とか思いながら、
なんともならないもやもやした感じで仕事を続けてまっす.

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。