エネファームと言えば、災害時の家庭用燃料電池ですね!
http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20111102-01.html

前回の震災の時に停電対策として、
どうしてスマートグリッドハウスが普及しないのか?

と言う事を考えていたのですが、

一番のポイントは、

燃料電池を設置してもエネファームから充電できないし売電できないって事。

みたいですね。

つまり、夜間電力を充電して売電したり、エネファームで昼間売電されるとめんどくさいからみたいです.

昼間の電力困ってんじゃねーの?

ってかなーり疑問に思うのですが、
実際はそこまで困っていないのでしょう.

電力会社は日本の決済がいくら赤字になっても興味ないでしょうけど、
原発を資産としないと経営が成り立たないので必死なのもよくわかるんですけどね.

最近はエネファームの充電池で160万円程度と言う事なので、
夜間電力の充電、ハイブリッド自動車からの効率の良い充電、
なんかができるようになってくると、
ハイブリッド自動車のメリットなんかも出てくると思うので、
いいと思うんだけどな.

はやく充電池を家庭に普及させる事も
夜間電力の有効利用につながるので、
大事だと思いますよ!

またへんちくりんな規制ばかり作って安全だと思っていると、
またソニーのように外国企業にお株奪われてタイヘンな目に遭いますよ!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

*エネファームと充電池ごっちゃにしてましたのですみませんでした。ご指摘ありがとうございます。