柔整不正請求問題ですが、
http://orthopedic.jp/archives/52054828.html
この代替案でもあります。

医師の管轄下でリハビリ施設、柔整の独立を認めれば良いと思いますよ。

医師の管轄下での運動処方下での保険適用を認める感じです。

そうすれば、

・医師はリハビリ分野が切り離せるし、
・柔整やPTの雇用も保護できるし、
(スポーツ施設からの求人が増える。)
・医師の管轄下で柔整の独立も保てるし、
(医師を雇えばすむ話、そういうグループもあります。)
・整形外科医は骨腫瘍も管轄できるようになるし、
(保険かなり制限できると思うし、)

winwinです。

柔整は、変に独立性を言わない方が良いと思います。
だって独立できないんだから、
保管しないとダメなんだから、
もとの考え方からシステムまでおかしいんですよ。

効果のでない外来治療への保険は見限って、
より効果のある運動療法に保険適用を広げて欲しいと思っています。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。