勝手にインプラントメーカー紹介第3弾は、

ビー・ブラウンエースクラップ株式会社様でっす!
今回は世界の大手企業がきましたねー。

 私はエースクラップっていう単体でインプラントメーカーだと思っていたのですが、1986年当時からビーブラウン傘下で設立という趣旨が書いてありました。

ちなみに、ビーブラウン社は

1839年に、ドイツ・メルズンゲン市のRosen-Apotheke (ローズ・ファーマシー)という、小さな薬局から始まったビー・ブラウン社は、現在では、ビー・ブラウングループとして61カ国に およそ50,000名の社員を持ち、150カ国へ向け製品を送り出しています。
 事業規模は、2013年度総売上高にして51.7億ユーロ(約6,700億円)。世界の医療・ヘルスケア市場における総合サプライヤーとして、成長を続けています。


6700億円ですか、、超大企業ですね。

170年に及ぶブラウン家による同族経営の企業であり、株価対策の必要がなく雇用の安定も保たれており(リクナビ情報)

 とあります。インプラントメーカーはミズホもナカシマもそうでしたが、同族経営などで株主対策なんてアフォらしいことしない超優良企業が多いんですかね。

 個人的にはエースクラップは手元に人工関節の手技書があるのと、以前の職場で脊椎も使っていたと思うので、馴染みの深い会社でもあります。っていうかみなさん普通に使っていたりインプラントの選択肢に上がる会社なので、もう製品の知名度を上げる必要はないでしょうね。
 
 そこで今回は、みなさんの知らない、欧米企業にありがちなチャリティ活動に注目してみました。

ビー・ブラウンフォーチルドレン
http://bbraun.ebunkyo.net/index.html

 なんか、かっこいいですよね。事業継続というのが会社のテーマのようなので、地域のお母さんたちの子育てをサポートすると書いてあります。現在は「楽しい子育て」をテーマのイベントをしているようです。整形外科医としては、可能であればここで、

子供とロコモ体操運動

なんかも是非是非やってみて欲しいとか思ってます。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

P.S.日本の医師って印象として50%以上の人がドイツの高級車所有ですので、ドイツ製品信仰というのがあるような気がするんですよね。ビーブラウンはもっとドイツを強調するといいんじゃないかなとか。私は会社紹介見るまでよく存じませんでした。。