受験されていた先生はお疲れさまでしたね。なんとなく書き込みの印象からは今年は簡単だったという声が多かったのですがいかがですか?

掲示板の内容から口頭試験は、
http://orthopedic.jp/archives/52268790.html#comments

・ペルテス病
(逃避性跛行、アリスサイン、可動域、レントゲン所見、治療法(SPOC装具や内反骨切り))
・大腿骨転子部骨折
(いきなりX線で診断、分類、整復方法、手術方法、手術時の解剖・注意点、術後合併症)

・甲状腺癌転移性骨腫瘍
(甲状腺癌の転位性腫瘍の診断・分類・治療)
・後脛骨筋断裂によるPTTDの診断と治療
・野球肘
(考えられる鑑別、診察法、X線、CT、MRIの所見説明、治療法)
・糖尿病壊疽下腿切断
(解剖、注意点、筋肉形成法の違い、術後リハビリの注意点(早期から可動域訓練が大事と言われました。)、下腿装具の説明)

ということでよかったでしょうか。

補足、訂正、追加などございましたらよろしくお願い致します。

 試験前に例年の情報をアライグマの先生のブログから必至で印刷して口頭試験対策をしていたのを思い出します。。

*合格ラインなどの参考の為のコメントなども、ここにお願いできると幸いです。

試験お疲れさまでした。今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。