他の人が何教科書買ってるかって知りたいですよね。

 ブログ経由での購入について広く統計が取られているわけなのですが、なんとなく、広くみんないろんな本を買っているので、特にこれと言った本はないというのが正解のようです。整形外科の本買う先生が少ないんですよね。

っていうか、私のところに回ってきてたレジデントはみんな

なぜか全然教科書持ってない!

 先生が多かったので、どんなんだろうなと思ってはいます。みんな自宅に隠しておいてあるんですかね。

とりあえずランキング上げておきます。
(当ブログの本も購入頂き、本当にありがとうございます。)

図解四肢と脊椎の診かた
整形外科卒後研修Q&A
標準整形外科
初期研修レジデントコミュニケーションマニュアル
整形外科医のための神経学図説―脊髄・神経根障害レベルのみかた,おぼえかた
AO法骨折治療
ウケる技術
マンガで読み解く腰痛診療ガイドライン
骨折・脱臼
外傷初期診療ガイドライン―JATEC
整形外科医のための手術解剖学図説 原書第4版
運動器疾患の「なぜ?」がわかる臨床解剖学
Differential Diagnosis Pocket: Clinical Reference Guide (Pocket (Borm Bruckmeier Publishing))
カラー写真でみる!骨折・脱臼・捻挫―画像診断の進め方と整復・固定のコツ (ビジュアル基本手技 2)

 結局、定番の教科書が売れているだけなんですが、(ブログの本はバイアスなので無視するとして)AOやらJATECやら骨折/脱臼あたりが伸びていないのが、なんとなく心配になる部分です。こういうのは自分で書店で買うんでしょうかね。。

こんなかで面白そうだな!と思ったのは

整形外科ガール―ケアにいかす解剖・疾患・手術

これです。
______
わたしは,かつてナースの学校で教壇に立っていたことがあります.
気怠い午後,わたしのつまらない話も災いし,学生さんは絶好の昼寝時間,みなスヤスヤ白河夜船…….
ところがあるとき,黒板にまんがを描いてみたら,いままで仮死状態だった教室が,にわかに活気づいて,視聴率があがったような気がしました.
この本は,そのとき学生さんから聞いた,「整形外科の教科書がすくない」という声にこたえたものです.
変テコな本ですが,書き出すと,どんどん脱線しはじめ,〆切も数年のび,けっこうぶ厚い本になってしまいました.
でもそのぶん自由に中味を盛りつけ,ナースはもちろんのこと,PT,OT,医学生や研修医,それから患者さんにも楽しんでいただける本になったと思います.
整形外科という,分野が広く,骨っぽく,とっつきのわるい医学におもしろさを感じる方が一人でもふえれば幸いです.
2013年12月
清水健太郎
______
なんか、面白そうですよね!本屋で立ち読みしてから、買ってみようかと思います。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。