kossetu


 その2を書くとは思ってませんでしたが、わりと質問を受ける内容なので、書いておきます。

整形外科で一番残念な部類に入るのが、

”あー実はこれ骨折してましたね。それも手遅れですわ。”

みたいな事ですね、時々あります。

 突き指の多くは靭帯損傷や骨折ですし、初期固定をしっかりとしていれば長引かないで済むのに、初期診断と治療を誤ったばかりに、手術になる(舟状骨骨折など)というケースがあります。

 多いのは、手の骨折で外科や整形外科で骨折はないと言われたけど、実は小さな骨折や靭帯損傷があったというケースとか、足の捻挫って靭帯損傷なんですけど、これを放置して悪化して来院するというケースです。

 もちろん全てではないですが、初期固定をしっかりするだけで防げる物が本当に多いので、初期は接骨院ではなくて整形外科専門医にかかってほしいなと思うのですが、接骨院も骨折、脱臼、靭帯損傷の保存療法は彼らの食い扶持でもあるので、境界領域という事になっています。

 なんとなくですが、接骨院では骨折の診断ができないのならば、しっかりと初期固定をしてほしいというのが整形外科医からの要望になります。接骨院側も本当はレントゲンが必要な事もわかっていますが、そこらへんはなかなか難しいんでしょうね。必ずしも手術が必要じゃないのに手術されてしまうという危機感を持っている方もいるとは思いますが、診断と治療はまた別の問題なんですよね。

 昨今、この業界も急成長しすぎて教育がおざなりになっていて、脱臼整復や骨折整復をした事がない柔道整復師や腰痛や肩痛まで、領域外なのに保険で診療しようとする柔道整復師(専門学校で習わない分野)も多いので、ちょっと注意が必要かなと思っています。
(見立てが上手な方もいらっしゃると思いますけどね。)

 整形外科に行くと不必要に手術をされる!と感じている方もいらっしゃるかと思いますが、決してそんな事はなく、我々はほとんど決まったルールですね、関節内の転位が大きいときですとか、教科書に載っている限定したケースにしか手術は行わないので、手術を希望しない場合はしっかりとその旨をおっしゃって頂ければ手術をしないで対応できる事が殆どです。手術になる骨折はすごいレアケースだと考えて下さい。できれば手術しないで治せないかなと、整形外科医は常に考えているはずです。そうでない整形外科医もいるかと思いますが、たいてい評判がよろしく無いのではないかと想像します。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。