rririka


 いい先生、いればいいですよね。

 全部の専門に精通していたり、毎週専門外来が開かれていて、どんな患者さんもすぐに診断されて治ってしまう病院ですね。

 なかなか難しいです。専門性が上がれば、守備範囲は自ずと狭くなります。そういうわけでもない場合もありますが、基本はそういう傾向にあります。

 病院で専門の先生を曜日ごとに変えている事が多いと思いますが、いろんな専門をそろえている病院は、意識が高いと思います。

 ただその専門の先生がホントにいい先生かというと、それはわからないのでかからないとわからないと思います。

 治療は診断&治療がとても重要ですから、接骨院でも、整形外科でも、いい先生はいいんだと思います。

 骨折等外傷の場合は、整形外科に行っていれば問題ないと思いますが、腰痛等の問題で、整形外科で問題がないと言われたら、接骨院やペインクリニックや、いろいろ巡るのは悪く無いかなと思います。
 
 有名な施設というのもいいですが、待ち時間も大変だし、近所の施設でいい施設というのは案外ない物です。

 私は、自分の勤務しているところの近場のありとあらゆる接骨院や整体に通院してみたりしてみたこともありますが、自分の知り合いの接骨院の人以外はほぼ、

”どうしてこの人はこれでお金がもらえているんだろう”

という感じです。指圧は国家資格なのでまだいいんですが、なんとなく近所の施設ってイマイチだなーというのが私の経験になります。

 でも、ラッキーにも有名な先生がいるかもしれないので、諦めずにトライするのもいいのかもしれませんけどね。やっぱり有名な先生のところに行って、紹介してもらうのがBestじゃないかなと思ったりしますよ。

 ただ、やっぱり保存的治療にしてもなんにしても安全性を教えてもらっている専門職というのは、医師しかいない、という部分もありますが、週に3回もレントゲン照射するへっぽこ医師もいるわけで、なかなか難しいところですよね。(この方は私が新幹線で出向いて治しました。)

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。