早期の幼児教育はモチベーションに悪影響があるとかないとか、
早期の語学教育は母国語への悪影響があるとかないとか、
いろいろ言われていますね。

基本的に患者さんの話を総合すると、
1、幼児教育では自己コントロール能力さえ身につけさせればなんでもできるようになる。
2、言語は母国語をメインに発展させないと思考能力が発展しない。
という部分でしょうか。

子供ってわりと面白くって、言語はわかってもわからなくても映像が面白ければ、
しゃべって覚えてしまう習性があります。

I have a pen------

って、幼稚園児がみんな言ってるみたいですね。
つまり、もう昔の中学生なんかより今の幼稚園生の方が英語できるわけですよ。
普通に英語しゃべりますからね。

でも、言語能力という面では、やっぱり幼稚園生と小学生とはきっと異なるでしょう。
そして言語の上達は女の子の方が早い気がしています。

個人的には僕が合宿の時に出会った民宿の子なんですが、
3歳くらいなのに、めっちゃ頭がいい子なんですね。

・頭の回転が速い。
・大人という物を理解している。
・人が嫌がっているのか楽しんでいるのか考察が鋭い。
・なぜ?どうして?を多様して知性を延々とのばしている。

という特徴を持った子に出会い、それ以来
”3歳くらいの女の子は要注意!!!”
とか思ってたんですが、

それからはあんまりそういう目にはあってませんが、
(やっぱり3歳児は3歳児かなと。)
それでも女の子は成長が早いなーって印象はあります。

というわけで、トライアルとして英語の本ですが、

親戚の子にいろいろトライしている訳ですが、例のロシア語や英語の動画でもそうなんですが、
意味がわからなくっても、子供って映像を普通に楽しんでる訳ですね。
子供の吸収力ってすごいなーって感じているところです。
でもって、結構こういう簡単な絵本でも自分がわからなかったりする部分があるので、
やっぱり子供の絵本って大事だよなーって思いました。




ちょっと教育論からいろいろ勉強してみます。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

いろいろ英語の絵本でオススメがありましたら教えて下さい!