先日の肩関連の講演会でスポーツの単位取ってきたんですが、

診断についての項目が一切なかったので講師の先生に、

"ほぼ肩は軟部が原因だと思うんですが、診断等はどうされていますか?”

と聞いてみると

”保存療法含めて全部PTに一任してます。”

とのことでした。

正直

”どうしてこんな方がスポーツ講習会の単位を保証する講師なのか?”

と思いましたが、皆さんはどう思いますか?

なんとなくですが、

”その病院のPTに講師をお願いした方が、100倍為になるんじゃないかな。”

と思いました。

以前の私の指導医の口癖は、

”手術適応のわからない人間はメスを握るな。”

でしたので、肩の軟部の評価が自分できないのにメスを握るのはどうでしょうか。
肩の診療で一番のポイントは軟部の評価方法なのに、と感じたんですね。

日整会は適当な人材を講師にしてると、
学会のレベルをコメディカルにすら嘲笑される状況ですよ!

ってことで、

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

P.S. とりあえずPTとカルテ共有から始めたらどうかと思ってるorthopedicsより