先日医療訴訟の講演会に出席してきました!ドイツの民事医療訴訟についての講演会でしたが、ドイツでは日本の10倍くらい(日本では800件程度)医療訴訟があるそうです。日本ってこれでもかなり守られているんですね。

 ドイツの民事訴訟は、まず患者側が病院を提訴して、病院側が無実である事を証明するという手続きのようです。必要であれば、患者さん側は情報を取る為に介入したり、専門家に陳述をお願いできたりするようです。それで医療側が釈明できない場合は、患者側の訴えを通す的なジャッジがなされるという事でした。その為、訴訟の件数も多いという事でした。

 日本でどうなっているのかとかよくわからないんですが、英国の場合のケースが質問で出ていました。英国ではまず訴訟前に病院に情報開示を求める事ができて、それから訴訟にするかどうか決めるということで、ドイツも日本も訴訟しないと情報開示できないから、英国の方がシステム的には優れているのかなと思いました。情報さえ開示できれば、原因追及もしやすいので訴訟で勝てるかどうかがわかりますから、無駄な訴訟でお互い疲弊しないという部分があるのかなと考えます。実際に情報開示してから訴訟に至る割合が英国は5%程度という事で、社会システムとしは英国はやっぱり賢いなーと思った次第です。

 結局患者さんなんて、責任追及と原因追及がうまくなされないから訴訟起こすと思うので、原因追及がうまくできて、責任が誰にも無い事がわかったらもう訴訟しないと思うんですよね。どちらかがこじれるから訴訟まで行くのではないかと。もちろん変な人時々いますが、そういう人はまず入り口に立たせないことですね。

 ま、医療訴訟なんて受けた事無いんでよくわかりませんが、こないだの整形外科研修医のミエロ事件を紹介して、研修医の先生がトカゲの尻尾きりにあう事が多いのでなんとかなりませんか?と教授陣に問いつめてみましたが、ドイツではジャッジが弱者の意見をよく汲み取るようにするという事でした。病院も、医局も、ジャッジも、マスコミも、みんな四面楚歌な研修医の先生は可哀想ですよね!!

 みんな結構この研修医の先生馬鹿にしてますが、

”明日は我が身だよー”

 ってことをここで警告しておきます。日本では普段の身の振り方がすべてを決める部分が多いんですね。怖いですよね!危険な先生の下では働かない方がホントいいですよ!上司に嫌われないようにしましょうね!そしてカルテ”しっかり”書きましょうね!

 何かあったら指導医の陰に隠れられるようにしておくのが重要です!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。