今回はこれです。国分先生です。

K点治療の解説
http://www.nishitaga-hosp.jp/center/sekitui.html

 その外来で、詳しい問診と丁寧な触診を通した研究から驚きの事実を発見しました。身体の痛みの85%以上を占め、「正直なところ、原因不明」と言われてきたものが筋肉の過度の緊張から生じるのです。
 そうした痛みは、 頚椎や腰椎の脊椎、肩などの関節からの痛みと捉えられて、頚肩腕症候群、肩関節周囲炎、胸郭出口症候群、むちうち症、変形性脊椎症と診断される、あるいは神経が圧迫される腰椎の椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などと誤診されることが少なくありません。慢性・多発性など多彩な痛みですと、線維筋痛症や神経障害性疼痛、身体・心理・社会的症候群などの概念的な病名で説明されがちです。こうした誤りは、筋肉が痛みを出すと教えられてこなかったからです。
 次々と明らかになった事象を整理・統合し、教科書に記載がない診察・診断法、 局所麻酔剤を注射するブロック療法、更に患者さん自身が筋肉をストレッチする自己療法が出来上がりました。


 国分先生の治療形態の説明、なんか洗練されてますね。SM付着部のトリガーポイントに注目し始めたのは良いですよね。そして全身の筋肉へのトリガーポイント注射とストレッチによる説明なってます。私の整形内科概論の本でもASTR手技を利用して診断してますが、ASTR自体が、筋の緊張/弛緩により症状が増悪/緩和されるか、という部分になるので、国分先生の手技主張とほぼ一緒です。

 整形外科のメジャーな先生が筋膜症候群側にいる事を確認できてよかったと思います。パラダイムシフトまであともう一歩ですね。

 でも結局これTravel&Simmonsの再発見なだけですし、ここまできてるのにどうも整形外科界隈はまだパラダイムシフトに時間がかかりそうで反吐が出そうですね。
 そして国分先生も、どうしてトリガーポイントブロックの再発見しただけなのに、どうしてK点K点って連呼するのか、僕にはちょっと良くわかりません。
 単にこれ、1980年代の教科書の再発見で、自分達が見過ごしてきただけなんじゃない?って思ってるんですが、何か違うのであれば教えて下さい。そんなポイントはたくさんあるし、教科書も出ているよと。整形外科としては、散々鍼灸やら手技療法業界を貶しておいて、正直こんな言い方は無いんじゃないかと思います。基本は鍼灸やら保存療法に軍配を上げる事実かと思います。
 なんか例の白石先生の本でもそうなんですが、例の教科書の事ご存じないんでしょうか。ペイン界隈では有名なので、知らないってことは無いとは思うんですけどね。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

*以前の私のK点の記事が何を参照したのかわからないんですが、原著読んでいなかったみたいでよく理解していなかったようです。申し訳ありません。別の論文を読んでいたと記憶してますが、該当する論文が見当たりません。国分先生は当初からSM筋付着部のことも言及されていました。僕は何の論文参照してたんでしょうかね。申し訳ありません。僕が専門医を取得するもっと前からこれを提唱されていたのかもしれません。

*K点症候群の多様な症候と治療 運動器の痛みの謎を解く(会議録)
国分正一 日本整形外科学会雑誌 (0021-5325)87巻3号 Page S937(2013.03)

*眼科症状から見た線維筋痛症とK点ブロックの効果(会議録/症例報告)
白石 尚基 日本職業・災害医学会会誌 (1345-2592)59巻臨増 Page 別162(2011.10)

*胸鎖乳突筋上のK点からみた運動器の非特異的疼痛(総説)
国分正一 Journal of Spine Research (1884-7137)1巻1号 Page17-29(2010.01)

*【項頸部痛の病態と治療-最近の知見】 頸部痛に対するK点ブロック(解説/特集)
国分正一 整形・災害外科 (0387-4095)53巻1号 Page39-46(2010.01)

*Barre・頸肩腕症候群の原因を突き止める 後頭頂移行部の特異的圧痛点(K点)の解剖学的検討(会議録) 
国分正一 日本脊椎脊髄病学会雑誌 (1346-4876)19巻2号 Page402(2008.03)