ACLSなどに出会って維持してきた世代としては、なんとなく、

”講義ってもう時代遅れなのに、どうしてまだ続けているんだろう。”

ていう疑問を学生の時から感じていました。
良く言われる、ワークショップのインストにならないと、80%の内容を理解できるようにならないとかいう知識習得のステップラダーとかいうヤツですね。
(僕は院内勉強会でもほぼワークショップ形態でしてます。)

なんというか、講義だと

・インタラクティブでもないし
・出会いも無いし
・質問できないし
・つまらないし

良い事無いんですよね。
話のうまい先生、面白い先生、勉強になる先生、あまり見つかりません。

でもワークショップだと、

・ワークの班内で質問しやすいし
・出会いがあるし、
・おもしろいし、
・参加者から学ぶ事があるし、

内容がはずれだとしても、良い点があると思うんですね。

ワークショップは
ワークの内容によって、
そして割り振られたメンバーによって
やや当たり外れはありますが、
それでも、講義よりはマシ

講義よりは絶対にマシ!!!

だと考えています。

今回英語ぺらぺら道場の先生が
ワークショップのアイスブレーキングについてお話しされていたので、
こういうワークショップ型のレクチャーが増えて行くと良いな
と思ったわけでした。

っていうか、日整会も、教育コースは全部これにすれば良いのに、
と思います。スポーツやリハ講習も、、、

少人数制で身体診察の実技まで同じ予算でもやろうと思えばできるはずです。
やらないのはトップの怠慢と教育能力不足とマネージメント不足と発想力不足でしょうね。

・トップの怠慢
・教育能力不足
・マネージメント不足
・発想力不足

学会の未来を暗示してます。。。つまらない学会に未来はありません。

つまらない整形外科に未来は無いんです!!!!!

AOとかはこっちの少人数ワークショップ制に切り替えてきているので、
なんとなくUSAでは教育革命が終了している感じはありますね。

ま、日本は各自独自自由で良いんですけどね。これはこれでいい面もあるとは思ってますので、良い面を残しつつ、最低限のコンセンサスと教育水準を保つ努力をしても良いのかなと。

追い討ちをかけるとしたら、どうして学生の時に散々講義聞かなかったのに、偉くなったら人に講義する事を躊躇しないのかという部分でしょうかね。想像力とか発想力は無いんでしょうかね。。

パルパゴスのあの台詞が頭をよぎります。。。

”ばっかじゃねーの”と。。。

今後ともよろしくお願いしますね!!