8c7a805az


 ずっと、おばか女子がある一定数いて、感染を広げてるんだと思っていました。

 個人的には結局、子宮頸がんウイルスっていうか、パピローマウイルスをどこでどう感染予防するかってことだと思ってたんです。(ワクチン含め)でも、資料を読むと結構感染してもみんなが癌になるわけでもないとか、人を混乱させるワードも入っていますよね。つまり感染者が悪いって言っておいて、ホントに差別されると困るから言い訳してます。

 大事なことは、
 ”70人に1人くらいの女性が、パピローマウイルス由来の癌に、性感染症の知識がないことが原因で殺されてる”っていう事実があるってことですね。なんとかしないと!

 罹患率(感染者の割合)的には、ネットの不確かな情報で確かめると、、

 性風俗関係の仕事についている女性=コマーシャルセックスワーカー(CSW)のHPVハイリスクタイプの感染率は、ここ数年でほぼ変わらず、48~61%で推移しているそうです。一方、一般の受診者の中で感染率を調べると、10代で46.7%・20代で21.7%とかなり高いことが分かります。

清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
http://www.vivalita.com/02/hpv.html

Q8.ヒトパピローマウイルスはどれ位感染しやすいものですか?
A8. 子宮頸部の細胞に異常がない女性のうち、10~20%程度の方がヒトパピローマウイルス(HPV)に感染していると報告されています。また、海外では性行為を行う女性の50~80%が、生涯で一度はHPVに感染すると報告されています。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_shikyukeigan_vaccine.html

と、歌って踊れる産婦人科医の清水なほみ先生と、とある公的機関でも同じくらいの統計の数字を出してきてます。

 まとめると日本国内では、素人は20%、玄人は80%と読み替えてもいいですよね。合わせると、30%-40%くらいの人は、感染者なわけですかねー。結構多い地雷だなー。
 でも性感染症はタイトルとは異なり、本当はこれ「風俗嬢だけがかかる病気」じゃなくて、普通の人でもかかりうるものですよね。例えパートナーが1人であっても、相手がウイルスを持っていれば感染するわけですからね。本人だけを責められません。
 つまり、プロテクションしてない人やら、オーラル得意なかた、ぶっつけ本番お好きな方、なんかから感染することも多いと思うので、オーラルからは感染することや、プロテクションが大事っていう性教育も同時に大事ですよね。

 ですから、タイトルのように風俗いく男性(統計的には約40%というデータもあり)を小馬鹿にしてると、整形外科界隈ではかなり大打撃蒙りますので少し訂正いたしますと、結局パピローマウイルス的には、

風俗>男性>一般人>一般人

という流れもあるかと思うので、

しっかりと

オーラル対策とプロテクションにしっかり留意しよう!!
(喉頭癌リスクも上がるよ!)

という感じでしょうか。普通に童貞から捕まえて、成長させながら調教していく過程を踏んでいれば、あんまりかかる病気ではないのではないかと思います。これ男性が悪いって言う意見が来ると思いますが、ズバリそうなんです!でも男性はお馬鹿なのは当たり前で変わりようもないので、もうどうしようもないんですね。以下は、専門家のなほみ先生による解説です。なほみ先生は、
”HPV感染が「持続するリスク」とパートナーの数は比例しますが、感染による病変が「進行するリスク」はパートナーの数と関係ないので、性的活動が活発だったから癌になるわけではない”とおっしゃりたいようです。僕は持続感染したら単純に癌リスク上がると思うんですが、なんか違うのかな。。

_______________________________

 ここで誤解していただきたくないのが、感染したからといって必ず癌になるわけでもなければ、子宮頸癌になった人が「性的活動が活発だった」から癌になったわけでもないということです。

 HPVは性感染症ですが、癌は感染がきっかけでその後病変が進んだだけですから。癌になることと性的活動の活発さは関係ありません。

 実際、HPV感染が「持続するリスク」とパートナーの数は比例しますが、感染による病変が「進行するリスク」はパートナーの数と関係ないというデータも出ています。


 HPVに感染しても、それだけでは癌に進んでいきません。感染が持続することで、「異形成」という状態から「上皮内癌」→「進行癌」と進んでいきます。どのくらい感染が持続すると癌になっていくのかというと、5年以上の持続感染によって病変が進んでいくと言われているんですね。

 ただ、体には自然な免疫機能というものが備わっていますから、1度感染しても2年以内に90%の人がウイルスが勝手に消えていきます。つまり、10代や20代のうちに約80%の人がいったんHPVに感染するけれど、そのうち10%弱の人だけが30歳以降も感染が持続し、そのうち1~2%の人が癌に進んでいく、というわけです。

_______________________________

 今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

*個人の血液検査データとか、

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。