8c7a805az


鳥取の方はよく知っている話ですが、
秀吉って、ビジネスと建築センスに優れた戦略家で、
鳥取を攻める時に事前に米を倍の値段で備蓄米ごと買いあげて、
兵糧攻めにして城を落としています。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69511

いや、何を話しているかというと、

マスクです。

このような医療資材、どうしてないんでしょうかと。

・多くのサプライチェーンが中国製

というのが大きなテーマだと思うのですが、
国内の在庫も回らないという部分ですよね。

国家備蓄の面でも重大な問題ですが、

それよりも

・生産設備をある程度確保しておく
・流通を確保して透明させる

という戦略的な部分なのかなと思います。

とりあえずはどこの自治体とは申しませんが、

・自分の国が危ないのに隣の国に不思議と支援をしたり、
・医療機関などに配布せずになぜか票取りのために一般市民に配布してみたり、

なんというか、

首長って大事ですよねと。
どんなリーダーを選ぶかということで
こうも危機管理で対応が変わるかと思うと、

本当に政治って大事ですよね!

って思いますけどね。。

少なくとも市長や知事を革新系選ぶのだけは良い一手だと思わないし、
そういう自治体は住むのも危険なので躊躇したほうがいいなと思ってます。。