整形外科的まとめBlog

整形外科専門医が監修しているBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を幅広く取り扱います。専門医試験対策はアップデートされますので過去ログ参照してください。青森・東京・関西圏対応

整形外科研修関連

潜在性のトリガーポイントってなんですか?

8c7a8059s


噂にはお聞きしてましたが、
普通に圧痛はないけど、動かしたり痛みを惹起させると起こる
トリガーポイントっていう所見を確認しました。

っていうか、これまでもあったのですが、
あまり注意していなかったんですね。
(次治療すればいいから)

今回はどうして気にせざるを得なかったかと言うと、

座れないレベルの動くと痛い腰痛で、
どうせ筋膜性腰痛だからブロックで一発だろう
と思っていたら、

小殿筋にTPがない!!!!

なんで?と思いきや、
やはり痛い姿勢を惹起させるとありましたありました。

メインが潜在性なので、治療の起点がわからなかったんですね。

やっぱり小殿筋に圧痛があるので、そこにブロックして症状半減。
まだ腰部に症状が残るので、腰方形筋にブロックして、症状ほとんどなくせました。

急性腰痛はブロックでほぼ治ってしまうので、ま、ほっといても治ることが多いからどこまで介入が必要かわからないけど、即治せると感謝はされると思うので頑張ろうと思ってます。

☓☓な上司が障害者を量産する病院って、、どこかで見聞きした気がするのは気のせいですか?

8c7a805a


日大の件ですが、一医療従事者としてはこれワロエナイんですね。
なぜならば、身体障害者を量産してるというように言われているような病院が
実際に存在するように見聞きするからです。

いや、もちろん人工関節の手術を普通にしてれば文字通りそうなるんですが、
大事なのは結果です。

結果が伴わないけどそれなりに手術が集まるような構図っていうのが
なんとなくあったらまずいよなーという気もしています。

その病院に行くとあまりにひどすぎて精神を病むとか
”医師の墓場”
とか言われてるとか言われていないとか。

医局員はアメフト部員を笑ってられず
もっとひどいことになってることもあるかもしれないと思います。

それもこれ

”善意で”

行われているとしたら、相当メンタル堪えるだろうなと。

ご愁傷様です。

自分も気をつけます。

今後ともよろしくお願いしますね!


eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

*結構PTの愚痴には付き合いました。

なんかマンガ、わりと不評買ってます。。 自己評価はと言うと、、

AMAZONで販売している電子テキスト
”マンガでわかる腰痛診療ガイドライン”ですが、

eseikei5


AMAZONで散々な感想を頂いています!

医療従事者には不要!
とか
めっさ内容がうすい!
とか
新規性がない!
とか

感想が書いてありますが、、

そもそも全くその通り!だと思うのですが、逆に言えば、ガイドラインに何を期待しているんだろう。。って思うんです。

そのそもこの企画、腰痛診療ガイドラインの要点をまとめて簡易化するというのが目的なので、
内容が薄いのは、簡単にまとめるのが目的なんだから当たり前で、

新規性がないのは、ガイドラインなんてそもそも新規性なんて無いし、2012年のガイドラインに何を期待するんだろうって感じです。

医療従事者には不要!

とかいうのも、そうは思わなくて、病棟に配置されたばかりの看護師さんとか、研修医なんかは腰痛のいろはもわからないんだから、そういうわからない人たちが、常識を身につけるためにガイドラインは存在するので、これを元に勉強してガイドラインを読むと、もっと詳しく知りたくなるのではないか、元論文に当たろうと思えるようになるのではないか。

と思ったりします。普通、整形病棟のナースってガイドラインなんて読まないですよね?だからマンガにする必要があるんです。

個人的な感想としては、

マンガの絵が下手。
マンガが面白くない。

 という部分で、ここらへんは弁解がさっぱり出来ないわけで、自分的にはぎりぎり60点くらいの点数なんですが、もともとガイドライン自体がおもしろくないので、それを面白くしようとしてもどうにもできねーよ。っていうのが正直なところですね。

 ただ、逆に私はこのガイドラインは問題だと思っていて、改善したほうがいい部分など、個人の意見も少しマンガに載せてしまっています。それについての是非はかなりあると思います。だってお偉い先生が何時間も掛けて作ったガイドラインにケチ付けるなんて、ひどい行為ですよね。そもそもガイドラインは客観的な評価が重要なのに、このガイドラインについて私評を載せてしまうと、全てが台無しです。よく整形外科学会は黙ってるな、よく怒らないなと逆に寛容さすら感じます。(僕ならめちゃ切れします。)

というわけで、私が問題だと思う部分は、

1,漫画が面白くない。
>もっと上手な人にお願いするべき。
でももしそうならマンガを投稿したり、マンガ製作資金を支援してくださいね!
2,ガイドラインなのに私評を載せている。
>本来タブーであるが、ガイドライン自体に問題があるのでやむなし。

という感じです。
ま、ネットでただでおいているものを資金回収のために電子化してる意味合いもあるので、なんでもいいですわ。。
なんか結局文句ばかり言ってなにもやらないクレクレ君が多いっていうのは日本の世相を反映しているような気もします。。

みなさんは、どう思いますか?ってもし買っていたら感想ポチッとお願いいたしますね!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

*本来はナース向けに全国の整形外科病棟においていくべきものだと思ってます。学会がもう少しマンガなどを取り入れるといいのになと思います。

事実は小説より奇なり。。 地で行ってるかんじですよね。

事実は小説より奇なりというのは、

最近話題の棋士の藤井さんなんかは、

『りゅうおうのおしごと!』
『3月のライオン』
といったマンガやラノベの設定そのまま出てきたようにドラマチックですし、

もっと最近話題のスケートの羽生選手も、
野球の大谷選手もそんな感じなのですが、

泌尿器科の先生でもこれに該当する先生が報道されてしまいました。。。

元ラグビー部主将の泌尿器科医、公衆の面前で、、
http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9783422.html

整形外科でも出てこないことを祈るばかりです。。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

*既にありましたね。。
http://orthopedic.jp/archives/52069614.html



おとなのえいごのべんきょうほうほう game of thronesの話題

最近英文をいじっているのですが、なんか急に読むスピードが上がったんですね。
なんでだろう、どうしてこんなに早くスラスラ読めるんだ!!

って思ってたら、

毎日game of thronesを字幕で見てて英語がドバーっと入ってきてる状態でした。
8c7a8059s


これ、

極東ブログさんで紹介されていて
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2018/01/post-7de4.html
話題盛りだくさん!!

っていうところに惹かれてみはじめたんですけど、

*注意:大人の人と見てください。子供はダメです。

エログロ
近親相姦
凌辱
サドマゾ
同性愛
売春婦
障害者の性
子作り
出産プレイ
ソンビ
巨人
大きな防衛の壁
ドラゴン
魔力
超能力 etc etc

という、ファンタジーとソンビ、そして王国物語という、なにそれ反則!!!
っていうバックグラウンドがある超大作です。(サイバーパンクは無いのかな?)

ベルセルクなんかも同じジャンルかと思いますが、ドラマということで投資規模の面ですごいな~って思います。逆に言えば、マンガ・アニメでは同じようなことが安価な値段でできてしまうのかもしれませんが、、

戦術的な部分でもっと面白くしてくれればいいんですが、
そんなに戦術はマニアックでないので個人的にはやや物足りないですし、以前ちょっと見たときは設定や衣装がなんか風変わりで見る気なくしてたんですが、最初からきっちり見ると面白く、概ね講評通りでした。

盛り沢山なわけですが、逆に言えばこれに盛り込まれていないテーマは、

ロリコン

くらいなもので、これが欧米社会での大いなるタブーということが見て取れます。
この部分で圧倒的に自由が残っているのが、ロシアと日本かとも思うので、
本当に表現の自由にタブーなき挑戦!するならば、ロシアや日本で積み上げるしかないのかなと思ったりします。日本は正攻法ではもうへたれてるからダメですが、でも本当にこんだけの映画を大金かけてエログロ映画作るっていうのがすごいことですよね。。
(ま、ロリコンについては、当面厳しい視線が続くでしょうが、ロリコン規制問題は、ポルノ、売春、麻薬、お酒など、犯罪や事故の原因になるようなテーマを全面禁止するのか、それとも許可して抑止するのかという根源的な政策問題でもあります。)

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

11単位だった、、単位を確認して振替しっかりしましょう!!

スポーツ認定医の資格継続単位なんですが、ちょっと確認したら

11

ってなってて、ヤバイ状況にありました。
8c7a8059s


ホームページを見ると
12単位の人には自動的に更新手続きの用紙を送るってなっていますね。

なんか研修会で単位取ってもスポーツとかに勝手に振り込んでくれるわけではないので、
後で必ず単位チェックが必要という状態になるかと思います。

要注意ですね!!!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

2018年(平成30年)第28回整形外科専門医試験の合格発表

やっと合格発表がありましたね!!!
おめでとうございます!
otukareyama1


https://www.joa.or.jp/topics/2018/files/20180216.pdf
今年は合格発表は2月16日に掲載されていたようです。

報告していただいた情報からは

・Q&Aからと過去問、ロコモに関する新問3問
・Q&Aは問題そのままではなく選択枝が一部いじられているものが多かった。
・Q&Aの丸暗記だけでは難しく、ちゃんと疾患についても標準整形などで理解しておくのが望ましい。
・過去問は昨年の過去問からそのまま出題されているものもありました。
・27回以前と28回以降ではQ&A改訂があったので問題の毛色が大きく異なった。

・勉強の中心はやはり「Q&A」です。私の場合は結果的に6周しました(5択すべてに訂正出来たら、二度とやらない。解説をルーズリーフにまとめるといったやり方で)。あとは、過去問17回~22回は、「筆記試験問題の解説(金原出版)」で4週(上記同様に)、昨年末から23~29回を1週回しました。
・「運動器診療ガイドライン(総合医学社)」で出版部分を読んで試験に臨みました。(過去2年ロコモ関連問題が出ているので、そこだけはじっくり読みました(編集が中村先生だけあって詳しく書かれていますので)。

口頭試験
ビデオ:円板状半月と離断性骨軟骨炎の合併
プリント問題:頚椎脱臼骨折による頸髄損傷、キーンベック病による手根管症候群

円板状半月:
15歳男子、ランニング中に膝の痛み、何を考えますか?
ビデオでMcMurray testが出て、これは何テストで何を調べていますか?
XpとMRIの所見を述べてください。
診断は? 治療は?
関節鏡のビデオが流れて、これは何の治療をしていますか?(半月板形成と水平断裂部の縫合、遊離骨片の骨接合?)

頚椎脱臼骨折による頸髄損傷:
C4/5の脱臼骨折のCT、MRIが出て予想されるMMTの所見をきかれました。C6髄節以下の障害なので肩の外転や肘の屈曲はできるが、肘伸展や手関節伸展は難しいと答え問題なかったと思います。
治療は?→手術が必要。後方からfacetを削って脱臼を整復して後方固定を行う。
術後の神経学的所見を見せられ、フランケル分類をきかれました。
リハビリはいつからしますか?→カラーをつけてすぐに始めます。

キーンベック病による手根管症候群
手のしびれの症例。予想される疾患は?→手根管、ギュヨン菅、肘部管、頚椎症性神経根症
必要な検査は?:Jackson test, Spurling test、MMT、DTR、Phalen test, Tinelなど・・・思いつく限り答えました。
手の写真を見せられ所見は?→母指球の萎縮と母指の対立困難による不完全なO sign
確定診断の仕方は?→神経伝導速度
Xp、MRIを見せられ所見は?:手関節のOAと月状骨のMRIでの異常信号。
ということは?→キーンベック病
治療は?→手根管解放、月状骨の摘出

ということでした!

過不足ありましたら教えてください!!!
けい先生、ひで先生、整形外科医先生、コメントありがとうございます!!
今年も報告していただきありがとうございました!!!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

専門医試験お疲れ様です。2018年度整形外科専門医試験

otukareyama1


試験お疲れ様です。

senmoni


これってことは今年は神戸で試験でしたでしょうか。

googleの関係上、今年のアクセスは少なめですが、
もしよろしければ掲示板を例年通り情報交換などにお使いください。

それではそれでは。






これから整形外科医を目指す先生へ お薦めの教科書(洋書・和書)

これから整形外科医を目指す先生へ お薦めの教科書(洋書・和書)

再掲しておきます。

定番の教科書は大体決まっています。以下のようなものを大体の先輩は持っているので3年目に適当に購入するといいです。追加するとしたら、Campbellくらいですかね。。

Rockwood, Green, and Wilkins' Fractures 

 最初に整形外科レジデントになったときに薦めていただいたのはこの本です。5年に一回くらい改訂があり、2014年に出版されています。外傷全般の教科書になるので、海外の治療をスタンダードに勉強したい人にお薦めです。ほとんどの外傷をこの教科書は網羅していると思われます。私はリファレンスに使っていましたが、すべて読破したという指導医もおりましたので、おそるべしです。。↑kindle版が昨年の12月にでているようです。

骨折・脱臼  

 私立大学の医局の先生が使っていました。所属医局よって使う教科書が異なるみたいようです。外傷に関して和書ではこの教科書がスタンダードになると思います。

整形外科医のための手術解剖学図説 

 手術解剖学の優れた教科書です。最近はイラスト満載の教科書が多いのでこの本の価値はあまりないのかもしれませんが、私の前の世代の先生から”手術進入路についてはこの本で学んだ。”という先生が多いのです。どんなに教科書を持ってないレジデントでもこの本だけはなぜか持っているようでした。

AO法骨折治療

骨折治療の原則を知りたい方には必須です。これ知ってると知らないとで全然診療が異なります。っていうか、考える楽しみが出てきます。AOコースもスキーとかできて楽しいですよね。

図解四肢と脊椎の診かた 

 身体診察の優れた教科書です。整形外科医は各運動器ごとに診察項目をルチーン化し、診断し治療する必要がありますが、この教科書はその診断思考過程形成に必須かと思います。

あとは、標準整形外科、クルズスは標準整形外科があればあまり必要ないかなと思います。標準整形外科は古くても多少問題なく、専門医受験の前に買いかえる形で大丈夫かと思われます。あとは興味ある分野の簡単な手術手技書を適宜購入したり、雑誌を講読したり、論文を読む形になっていくと思います。

標準整形外科学 

 標準整形外科は昔はリファレンスもなく、かなりいい加減な(整形外科的な?)教科書でしたが最近は一新されてだんだんよくなっています。2016年12月に13版でました。

教科書を買い揃える時の何かを始めよう!なにかをやってやろうという気分、いいものですよね!大切にしていきましょう!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。

基節骨骨折・中手骨骨折へのナックルキャスト 結構知らない人が多くてびっくりしたりします。

保存的治療のコツ: 基節骨・中手骨骨折
http://seikeigekai.org/archives/51892644.html
整形外科医の先生ブログからです

ナックルキャストですが、結構知らない人が多い気がします。
でギプス巻くと珍しがられたりするんですが、
ここの骨折で整復位とる時でもスタンダードだと思うんですけどね。。

保存療法のポイントは、

・回旋変形がないかどうか。(指がクロスしないかどうか。)
・MPのROMが保存されているかどうか。

という部分で、
回旋変形予防にテーピングを追加したり、
整復したりしてROMが良くならないか見たりします。
(結構引っ張るとROM良くなることがあります。)

整復が保てない奴は手術を考えたほうがいいですよね。

ここでMPのROM見ておかないと、結局ROM制限が残ることもあったので、
嫌な気分になることもありますが、わりと最終的に改善はしてくる場合が多いですかね。

バイクや自転車でぶつけちゃったとかいうのも多いので、普通にギプスしながらも使うのが前提だったりして難しい局面もあるかと思います。

しかしここの骨折はいわゆる

”カッとなって壁ガンしちゃった。”

という人が一定数いて、こういう人は禁煙も外固定とかもしてくれないので、
なかなか難しかったりしますが、わりと普通に治ったりもするので、
外固定して治すのがどこまで必要なんだろうとちょっと思ったりはする部分です。

ですから、しらなくても普通に治るからそこまでみんなやらないかとも思うので、
またみなさんいろいろ教えて下さい。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形外科レジデントの為の10つのライフハック 再掲

yuu222


整形外科後期研修医の皆様こんにちは。

整形外科を専門に選んだわけですが、
いつから整形外科医って言うことになるんでしょうかねー。

専門医取ってからというふうに考えてる先生もいるでしょうけど、
世間的には後期研修に入れば、整形外科医の端くれです。

デルマトームと神経レベルを間違えたりしているとか、
ちょっとしたことで信用されなくなっちゃうことがあります。
(これは自分も注意しないといけない部分ですね。。)

ということで、前年の10つのポイントを再掲でっす。
http://www.orthopedic.jp/archives/52090163.html

1、日本整形外科学会に入ろう!
 いわずと知れたことですが、我々のギルド組織である日本整形外科学会ですね。けっこうな集金装置と化していますが、一応専門医取るにはまず学会所属して、研修手帳をもらいましょう。臨床研修医で既にもらってる人も多いですよね。
 とりあえず一応当座の目標だと思うので、専門医へのロードマップを提示しておきます。
http://www.orthopedic.jp/archives/51774878.html

*2017年から大学病院での研修が義務づけられるようですね。詳細ご存知の先生がいたら教えてください。

2、研修の戦略を立てよう!
 戦略って言っても、もう施設決まってるんですよー!!(泣)といわれそうですが、選べるのなら研修も計画立てて行きたいところではありますね。大学病院ではプレゼンやら論文やらのノウハウが勉強できますし、一般病院であれば、一般的な研修ができますし、専門病院であれば、早くに専門的な研修が開始できます。それぞれメリット&デメリットがあります。行った先でのできること・できないことを自分なりに考えて、研修の戦略を練ること、結構重要なことかなーとも思います。

3、本は買おう!
 医学書は一般的にお高いのですが、それでも最初の知識があとあと物を言うので、最低限は本を買いましょう!
これから整形外科医になる先生達へ オススメの教科書
http://www.orthopedic.jp/archives/52025779.html

整形内科のための教科書
http://www.orthopedic.jp/archives/52068262.html

4、道具とグッズをそろえよう。
 最初にそろえる道具としては、打鍵器、角度計測器、音叉、メジャー、定規(角度の測れるもの)などがあります。トレーシングペーパーやらはまだ現役だったりするので施設によって必要なものがでてくるでしょう。業者からもらえるものもあります。もう既に学生の時にいろいろ業者からもらってるかもしれませんが、整形外科関連の業者がいろいろなグッズをくれます。デスクのマグネットから、骨折分類表、整形外科分類表まで!もらえるものはもらってしまいましょう!角度の測れる定規や、各人体パーツの模型などは最初にそろえると良いです。
http://www.orthopedic.jp/archives/52065361.html

5、プレゼンの仕方を覚えよう!
 様々なコンサルテーションの場所がありますので、それにあわせたプレゼンをできるようにしましょう。
http://www.orthopedic.jp/archives/52071168.html

6、部位別身体診察をマスターしよう!
 教科書やりながらじゃもうだめです。全ての部位のルーチーンの診察項目を覚えて、体が動くようにしておいてください。
http://www.orthopedic.jp/archives/52027198.html

身体診察ではブログ内容をまとめて以下の本を出版しました↓


7、筋の神経支配とデルマトームは暗記しておこう!
 神経支配レベルは暗記です。あんちょこもっても良いですが、すぐに確認できるように。この重要性について、上記教科書で触れています。

8、こそ練をしよう!
 研修医であれば縫合練習、マイクロであれば夜間のマイクロトレーニング、かかせませんね。暇を見てがんばってる度アピールにもいいのかもしれませんが、糸は放置しないで切っておいてくださいね。。

9、AOコースとJATECを受講しよう!
 研修施設が許可してくれるなら、AOコース受講とJATEC受講を研修半年から1年目くらいの時期にオススメします。JATECは何回も申し込むのが重要なようで、若い年限でも4−5回くらい申し込んでると受け入れてくれるんだとか、、こんな講習受けても職場がアレだとホントに宝の持ち腐れな訳なんですけどね。自己防衛的な部分になります。
http://www.orthopedic.jp/archives/52027200.html

10、あいさつしよう!
 もうみんなこんなことできていると思います。他にもいろいろ重要な項目はありますが、挨拶は重要です。基本的にものすごい変人だとしても、礼節をわきまえ、常識的な行動を取れる人は、仕事ができるようになっていきます。ここは遅刻しないとかと同様、最低ラインかとも思うので、しっかりしましょう。早い段階で食事会とかあるとスムースに職場になじめて良いですけどね。。あと、上記内容をどのように自分で使うかというのも重要でなんでも人に相談すれば良いという訳でもなく、わりと秘密にしておかないと良いように使われるだけですよね。


今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

ワークショップって何ですか? ワークショップの運営についていろいろ教えて下さい。

 前回ワークショップについて書きましたが、続けて書きます。
http://orthopedic.jp/archives/52298849.html

 これまでいろいろなワークショップに参加してきました。ACLS,PALS,ICLSなどで教わる側、そして院内勉強会では教える側、いろいろですね。
 ワークショップについては、別に僕経験が多いわけではなく、普段教員で使ってる先生の方がお上手かと思います。

続きを読む

講義形態という古い教育方法について: はよワークショップに切り替えてやー!!

ACLSなどに出会って維持してきた世代としては、なんとなく、

”講義ってもう時代遅れなのに、どうしてまだ続けているんだろう。”

ていう疑問を学生の時から感じていました。
良く言われる、ワークショップのインストにならないと、80%の内容を理解できるようにならないとかいう知識習得のステップラダーとかいうヤツですね。
(僕は院内勉強会でもほぼワークショップ形態でしてます。)

なんというか、講義だと

・インタラクティブでもないし
・出会いも無いし
・質問できないし
・つまらないし

良い事無いんですよね。
話のうまい先生、面白い先生、勉強になる先生、あまり見つかりません。

でもワークショップだと、

・ワークの班内で質問しやすいし
・出会いがあるし、
・おもしろいし、
・参加者から学ぶ事があるし、

内容がはずれだとしても、良い点があると思うんですね。

ワークショップは
ワークの内容によって、
そして割り振られたメンバーによって
やや当たり外れはありますが、
それでも、講義よりはマシ

講義よりは絶対にマシ!!!

だと考えています。

今回英語ぺらぺら道場の先生が
ワークショップのアイスブレーキングについてお話しされていたので、
こういうワークショップ型のレクチャーが増えて行くと良いな
と思ったわけでした。

っていうか、日整会も、教育コースは全部これにすれば良いのに、
と思います。スポーツやリハ講習も、、、

少人数制で身体診察の実技まで同じ予算でもやろうと思えばできるはずです。
やらないのはトップの怠慢と教育能力不足とマネージメント不足と発想力不足でしょうね。

・トップの怠慢
・教育能力不足
・マネージメント不足
・発想力不足

学会の未来を暗示してます。。。つまらない学会に未来はありません。

つまらない整形外科に未来は無いんです!!!!!

AOとかはこっちの少人数ワークショップ制に切り替えてきているので、
なんとなくUSAでは教育革命が終了している感じはありますね。

ま、日本は各自独自自由で良いんですけどね。これはこれでいい面もあるとは思ってますので、良い面を残しつつ、最低限のコンセンサスと教育水準を保つ努力をしても良いのかなと。

追い討ちをかけるとしたら、どうして学生の時に散々講義聞かなかったのに、偉くなったら人に講義する事を躊躇しないのかという部分でしょうかね。想像力とか発想力は無いんでしょうかね。。

パルパゴスのあの台詞が頭をよぎります。。。

”ばっかじゃねーの”と。。。

今後ともよろしくお願いしますね!!

学会の単位移し替えました!

何の単位かというと、整形外科学会の単位ですよ!

単位を1-14の科目に割り振って、50単位以上取らないといけないんですね!

新制度の問題もありますのが施設が対応していなかったので今回はあきらめました。

あまった単位はなるべくスポーツ医にわりふって、講習にでなくてすむように頑張ってみます。

というわけで、今年から来年にかけて、スポーツの講習に出まくらないといけない感じになりました。。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。けなくなりましたね。。

民事医療訴訟アップデート 指導医の影に隠れろ!&カルテは”しっかり”書け! 編

 先日医療訴訟の講演会に出席してきました!ドイツの民事医療訴訟についての講演会でしたが、ドイツでは日本の10倍くらい(日本では800件程度)医療訴訟があるそうです。日本ってこれでもかなり守られているんですね。

 ドイツの民事訴訟は、まず患者側が病院を提訴して、病院側が無実である事を証明するという手続きのようです。必要であれば、患者さん側は情報を取る為に介入したり、専門家に陳述をお願いできたりするようです。それで医療側が釈明できない場合は、患者側の訴えを通す的なジャッジがなされるという事でした。その為、訴訟の件数も多いという事でした。

 日本でどうなっているのかとかよくわからないんですが、英国の場合のケースが質問で出ていました。英国ではまず訴訟前に病院に情報開示を求める事ができて、それから訴訟にするかどうか決めるということで、ドイツも日本も訴訟しないと情報開示できないから、英国の方がシステム的には優れているのかなと思いました。情報さえ開示できれば、原因追及もしやすいので訴訟で勝てるかどうかがわかりますから、無駄な訴訟でお互い疲弊しないという部分があるのかなと考えます。実際に情報開示してから訴訟に至る割合が英国は5%程度という事で、社会システムとしは英国はやっぱり賢いなーと思った次第です。

 結局患者さんなんて、責任追及と原因追及がうまくなされないから訴訟起こすと思うので、原因追及がうまくできて、責任が誰にも無い事がわかったらもう訴訟しないと思うんですよね。どちらかがこじれるから訴訟まで行くのではないかと。もちろん変な人時々いますが、そういう人はまず入り口に立たせないことですね。

 ま、医療訴訟なんて受けた事無いんでよくわかりませんが、こないだの整形外科研修医のミエロ事件を紹介して、研修医の先生がトカゲの尻尾きりにあう事が多いのでなんとかなりませんか?と教授陣に問いつめてみましたが、ドイツではジャッジが弱者の意見をよく汲み取るようにするという事でした。病院も、医局も、ジャッジも、マスコミも、みんな四面楚歌な研修医の先生は可哀想ですよね!!

 みんな結構この研修医の先生馬鹿にしてますが、

”明日は我が身だよー”

 ってことをここで警告しておきます。日本では普段の身の振り方がすべてを決める部分が多いんですね。怖いですよね!危険な先生の下では働かない方がホントいいですよ!上司に嫌われないようにしましょうね!そしてカルテ”しっかり”書きましょうね!

 何かあったら指導医の陰に隠れられるようにしておくのが重要です!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
プロフィール

orthopedics

関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ