整形外科的まとめBlog

運動器疾患を担当する整形外科のBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を背景にまとめて取り上げてまっす。

美容整形・老年医学

マクロビ派?ビスケット マクロビオティックっていうのがあるらしいです。


これですこれ。

いっつも医局でカロリーメート食ってたんですけど、

・食用油脂
・砂糖

っていう部分に引っかかってたんです。あんまり体に良くないんじゃないだろうかと。
費用対カロリー効率はペヤングに負けますが、ペヤングよりはましかなと。

でもってマクロビ派ビスケット@MORINAGAですが、
これは、バター、マーガリン、白砂糖不使用ってことになってます。
(てんさい糖は使用しているそうですが、、)

いつもパン買う時にショートニング使っていないかどうか見たりしてて、
最近は食用油を家で使う事もめっきりなくなりました。

からだの調子に変化が出るかはわかりませんが、
多分プラセボ的にちょっと調子がいい様な気はしてます。
ちょっとお高いんですけどね。。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形外科的にアンチエージングを考える その7 老化とカルシウムってどう関係あるの?

以前紹介した本ですね、この本によると、住環境の水が高カルシウムの場合、寿命が延びている。
という現象がありました。


自分的には、

"若い時の高カルシウム摂取が成長時のカルシウム不足を予防し、高齢化した時の骨粗鬆症を防ぐ"

という、なんとも整形外科らしい?予想をして自分を納得させていました。

皆さんは他にカルシウムの影響とか何があると考えますか?

>記事続く。

続きを読む

整形外科的にアンチエージングを考える その6 長寿村の研究



今回はこの本です。
わりと薄い本ですが面白かったです。

なんとなく白米は体に悪いのは高校英語でも出てきたので疑問だったのですが、
今後はやっぱり米減らして芋食おうと思いました。
海苔と納豆は毎日食べてるので、問題ないんですけどね。

結論としては、なんとなく
毎日一緒にご飯食べることになる人はよくよく選んだほうがいいよな。
と思った一冊でした。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

個人的な歯周病アップデート 歯ブラシについて

歯ブラシですね。

電動歯ブラシは最近あまり使っていません。
そのかわり半年に一回、歯科でのブラッシングを利用しています。
月に一回歯科受診という本もありましたが、
これくらいの受診でもわりと歯垢は落とせているようです。

あとはなんとなく歯の調子が悪いと感じていたときに、
歯ブラシを子供用の仕上げ歯ブラシを使っていると、
とてもよくなってくるので、やっぱり歯磨きのやりかたも問題なのかなと思っていました。

今回購入したのは、

LION クリニカアドバンテージ 超コンパクト かためです。


子供用歯ブラシは柔らかいかふつうがほとんどで、
かためが存在しなかったので、奥歯用のかため
というのはありがたかったです。

普通ややわらかめでいくら磨いても、歯垢が落ちないのですが、友人の歯科医はそれでもやわらかく磨かないと削られてしまうというので、なかなか難しい部分だなと思います。

歯周病にならないことが健康長寿の秘訣ということなので、
若いうちからしっかり歯磨きがんばりましょうね!

それにしても歯磨き全然しなくても虫歯にならない人もいるのに、
とっても不公平ですよね。。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。




認知症予防;チャレンジ精神を忘れない認知症の人っていうのも困るんですけどね。。

認知症予防の記事ですね!

Neurologyの記事だそうです。

http://kenko100.jp/articles/150413003426/

 4年間ほど追跡調査した結果、中年期と高齢期の両方で「絵を描く」「彫刻」といった芸術が趣味と答えた人では、そうでない人に比べてMCIになる危険性が73%低かった。また、陶芸や裁縫など工芸の経験者では45%減。観劇や映画鑑賞、友人との交際、旅行などを含む社会活動の経験者では55%低かった。
 また、インターネットやオンラインゲーム、ネットショッピングなどのコンピューターに関する趣味では、高齢期に始めた人ではMCIリスクが53%低かったが、中年期から始めていた人(中年期と高齢期の両方で回答した人)ではMCIリスクの低下は認められなかったという。


 つまりネットだけではダメで、常に新しいことに挑戦することがいいんでしょうかね。なんとなく挑戦できるマインドを持っているということそのものが若いことなんじゃないかと思うんですが、ま、頑張ってお絵描きなど取り組んでいきたいと思っています。外来でも新しいことを始めることはいいことですよと言って、社会的な取り組みを重視するように指導はしていますが、取り組めるようなリソースあふれる人っていうのも限られていますよね。

 ま、認知症になってもチャレンジ精神を忘れない人なんていうのもちょっと困るのかもしれませんけどね。いや、実際ホント困っていますよ!!!!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形外科的にアンチエージングを考える。 その5 adiponectinって健康寿命がのびるの?

年末か年始のテレビ番組で、僕の知らない物質が取り上げられていました。

adiponectinですよ。アディポネクチンですね!

続きを読む

整形外科的にアンチエージングを考える。 その4 MYC関連の論文でました。

MYCですね。

MYCはOSKMという山中ファクターの1つらしいのですが、
これをヘテロノックアウトしたマウスの寿命が120%伸びた。
という論文になります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25619689

これはCellからですね。。

なんか癌とかになりにくいんでしょうかね。
専門外なのでよく詳細わかりませんが、
面白そうです!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

アンチエージングを整形外科的に考えるの巻 その3 動いてる人は年をとりにくいの?

アンチエージングですが、基本は

気合いだろ気合い!

みたいな感覚的なものも重要かもですし、
心と体はリンクするというか、
人生において”動くこと”って
食事と同じくらい大事じゃないかと思ったりするんですよね。

というのは、

定年退職になってから体の調子を悪くする人


多くないですか?

なんか惚けたり、
家でごろごろしてるからか運動器に問題起こしたり、
メタボになったり、

なんとなく、体おかしくする人多いんですよね。

Prevention of dementia on the basis of modification of lifestyle and management of lifestyle-related diseases: a review.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24796088
↑やっぱり社会生活も大切というレビューのようですね。

ですから定年退職とかの人には、

なにかしら働くか、
趣味などで没頭できる物を作った方が良いですよ。


というようにしています。

スポーツでもなんでもいいのですが、
日常継続して何か意識を集中できる物を継続して活動している人、

ま、定年後も趣味などかねて働いてる人の方が
動ける気がするんですね。

逆に体が悪いのに無理して働く人は、これまたダメなような気もするので、
バランスはあると思うんですけどね。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。


整形外科的にアンチエージングを考える。 その2 Irisinっていう運動すると出てくるホルモンがあるんですね!

2012年のNatureの論文ですが、

Irisinっていう筋肉から出るホルモンがあるんですね!!

運動すると健康寿命が伸びそうというのは、
整形外科医なら発想があるとは思うのですが、
そんなホルモンがあるんですね。

2012年に報告されてから、
わりと人間にはないんじゃないかという反省の報告が出ていましたが、

最近になって、やっぱりテロメアに効果があるんじゃないかとか、
脂肪細胞に効果があるんじゃないかとか、
いろいろ出てきました!

個人的には最低限の運動をしないと
健康寿命が伸びにくいと感じていたので、
やっぱり、こういうのあるよね!!

と思った次第でっす!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

幹細胞寿命の指標になってるの? 嗅細胞で死亡推定可能か.

http://my.shadowcity.jp/2014/10/post-5763.html

PLOS oneらしいです。
嗅細胞が寿命と関連していると言う事ですね.

orthopedicsは前から嗅細胞に注目していました.
大阪大学の嗅細胞移植移植に興味があったんですね。
ただ、幹細胞のストックを使ってしまうリスクはどうなのかなって思ってたんです.

幹細胞があることで、幹細胞を供給しているのか、
それとも単なる指標なのか興味のあるところです.

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

老人の財産を狙う悪い人達たちがいます. その1

外来をやってるとですね.
”この人、大丈夫かな?”というご老人達がいます.

・歩くのやっと。(歩行器+)
・外来での指示などがうまく入らない.
・一人暮らし.
・家族のつきそいなし。

っていう人たちです。

”次から家族と一緒だよ”
と何回も伝えても、
”家族は遠い”
とかそういう理由で、
無理なんですね.

だからこういう人は、
財産整理して、病院のSWのすすめる施設入所

をすすめるようにしています.

ただですね。やはりというか、
ネットニュースで、

世田谷の土地取得詐称ニアミスが発生!
http://my.shadowcity.jp/2014/07/post-5196.html

という記事があったので、
やっぱりこういう人を食い物にする人たちはわんさかいるんだと思うんです.

こういう人のサポートは、
病院のSWくらいしかできませんから、
なんとかサポートしたいと思っていまっす。

というわけで、
今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

アンチエージングについて整形外科的に考えてみるの巻 その1 超カンタンに美肌を追求できる方法とは?

今回はアンチエージングについて考えてみたいと思いまっす。

整形外科って運動器外科であって(手足腰とか)、
美容整形外科とはさっぱり関係ないんですが、
(むしろ傷のきれいさには無頓着な場合が多い)
美容とか健康寿命に興味がない訳ではなく、
健康寿命的なお話で言えば、
運動器は健康寿命の生命線と言うか、
むしろ直結してタイヘン関連がある分野ですよね!!
ですから頑張って書いていこうかと思いまっす。

でもって今回は、
”美肌について”
考えてみたいと思います。




どうしてここまで運動器運動器で話題ひっぱっておいて”美肌”なの?
という感じですが、
今回はこんな論文見つけちゃったんですね。

Suppression of UV-Induced Wrinkle Formation by Induction of HSP70 Expression in Mice
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23096703

カンタンに要約すると、
42度のお湯にネズミつけてたら、しわ形成が優位に少なかったということでっす。

orthopedicsもですね、結構年齢不詳というか、

10年選手なのに未だに患者さんに研修医と間違われるタイプなのでー。。

どうしてかと思っていたのですが、
もしかしたら毎朝の朝シャンが影響してるのかもです。

朝はどうしても熱いお湯で体あっためるまでシャワー浴びないと気が済まないんですね。
普通にお風呂入ってもあついお湯で顔あっためるわけでもないので、
シャワーだからいいんじゃないかと思ったりしてます。

そんなかんじなので、停電とかガス管止まる生活とかもう考えられんっす。

というわけで、朝シャンもしくは夜シャワーは美肌にいいかもですよ!
ってことで、

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

P.S. ネットの紹介記事ではお風呂に入って体温を上げた方がいいと書いてありましたけどね..検証のほどはいかがなりますでしょうか..アンチエージングに関連する運動器の記事もたくさんありますので随時紹介していきます.

手がぷるぷるふるえてるんですけど、、はさみ持たないでもらえませんか?

とある床屋のお話でっす。

先週、なじみの床屋が休みで、
少し遠いところにある床屋さんまで行ったんですね。

歴史のある床屋さんらしく、
150年以上続いていますとの事。
すごいなぁと思ってマスターのお話を聞いていました。

しかしですね、床屋さん、手がかなりふるえるんです。
それも近づくにつれふれが大きくなるので、
企図振戦!!!なんです。

震えに気がついてからは
耳が切られないかドキドキでした。。

マスターに引退した方がいいんじゃないか
と言いたいのをぐっとこらえて心にしまって、
もうこの床屋には来るまいと思って
お店を後にしたのでした。。
後頭部はだんちになってるし、、、

あんなストレスを受けるくらいなら、
途中で帰った方が良かったなー。
と思いました。

とっさに忘れ物しちゃった!みたいな
言い訳が思いつかないような機転の効かない性格が改善されますように!





というわけで、
今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形外科医と美容整形 美容手術の見分け方:玄人はひたすら腋を見る。

整形外科医と美容整形 その1?

 よくよく間違われるんですね。
整形外科医は美容整形は専門ではありません!!

形成外科医が美容整形外科を専門にしています。整形外科医の仕事は骨の仕事がメインで美容整形は専門ではありません。国会議員の先生でも目の敵のように”整形外科医が儲けてけしからん!”というように叱責されているかたがいますがやめてくださいね。

 それでも、とりあえず”整形外科医的な美容整形の見分け方チェック”を書きたいと思います。もちろん美容形成外科的な美容整形の見分け方のほうが価値があることはいうまでもない!ですね。

1、目 二重の手術
看護師さんでも二重の手術を受けて少し失敗している人多いですよね。少しまぶたが不自然になっている二重の人が結構多いんです。まぁ変なのは触らないと確かめようがないですし、職場の人にそんなこと言って仕事に支障が起きても嫌なので黙っていますが、、(身の回りでは3人くらい怪しいと思っています。)この手術はかなりデリケートな手術なので安さではなく絶対にうまい先生にお願いしたほうがいいですね。一生後悔しますよ。

2、脇 脇臭症(わきが)手術
形成外科医の先生に毎回指導を受けたのが、脇臭症手術の見分け方です。この形成外科医の先生はいわゆるポルノ雑誌大好きで、一人一人脇を見ながら、この人は大丈夫、この子は手術痕がある!というように(どこみてるんだよ。。)形成外科医の先生は見るところが違うんだなーと感心しました。女性の脇をみたら傷があるかどうかをチェックしてみましょう。

ちなみに私は整形外科医なので、形成外科医の先生に是非他にもわかるポイントがあればご指導いただければと思います。
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ