整形外科的まとめBlog

運動器疾患を担当する整形外科のBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を背景にまとめて取り上げてまっす。

整形外科看護

初期研修トラブルシューティング 再掲

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
初期研修トラブルシューティングというテーマで再掲してみます。
これまでいろんなこと書いて来たもんですね。。

1、研修をスムースにすすませる為に。

*周りとうまくあわせること。
http://www.orthopedic.jp/archives/52115450.html
いろんな年代のいろんな人と仲良くするのは結構難しいですね。

*だれも受けた救急患者さんとってくれないんです。
http://www.orthopedic.jp/archives/52099290.html
院内たらいまわし問題ですね。
院内ルールが未整備でプアーだと末端の人にしわ寄せが、、

2、上司がなんかヘンなの。助けて編

*上司が明らかにミスしそうな状況でどう立ち回ればいいの?
http://www.orthopedic.jp/archives/52089829.html
何にも知らないふりして、上司のミスを直すのはわりと難しい気がします。

*セクハラされた時の対応。
http://www.orthopedic.jp/archives/52133366.html
セクハラをしたときされた時に役に立つ情報です.

3、部下がなんかおかしいの。こんな時どうする編

*嘘つき研修医さんへの対応
http://www.orthopedic.jp/archives/52144842.html
虚偽記載してもあっけらかんとしてるような人はどう対応すればいいんでしょう。。

*病的な研修医さんへの対応
http://www.orthopedic.jp/archives/52081464.html
ヘルプしてもすねて周囲を罵倒するような研修医はどう対応すればいいんでしょう。。

*言う事聞いてくれないんです!!
http://orthopedic.jp/archives/52149637.html
仕事の全体像って言うのもあるから、研修よりも優先してほしい事もあります。

4、職場がなんかおかしいの。
*職場がブラックでまっくろけっけなの!
http://www.orthopedic.jp/archives/52063667.html
なかなか病院の根本がおかしな組織だと、歯車が全部狂ってきますよね。。

こんな感じかな。エントリーの内容は題名とちょっと異なりますが、
だいたいそんな感じですね!

みなさんの体験談もお待ちしております!!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

医師はカルテと病院がセットです。システム外でのエラーに気をつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
先日、半年くらい前に個人的に整形外科的な医療相談に乗った人から報告が来ました。

”相談の通り手術して、今はリハビリ中です。”

とのことでした。。

はい?そもそも、なんのことか、よく覚えていないんですよ。
思い返すと、音楽家のハンド症例で、そもそも手術を遅くしたら良いと紹介した覚えもなかったし、するなら早期の手術だったと思うし、紹介した先もさっぱり異なっています。なんで半年も遅れてんのかな?

 僕は特に専門領域が特殊な場合は、地域の某トップサージャンがいる病院にいつも紹介して、手術するか即決してもらって、必要であれば、手術も近くに紹介してもらうようにしてます。だってトップの人は経験値が違うんだもん。

やはり個人的に紹介を受けると

1、記録に残らない
2、フォローできない。

この2点において、むしろ悪影響の事もあるように思いました。

 だから、今後、外来を通さない紹介は一切受けないし、対応しないし、助言もしない事にしたんです。いつも外来で守られているので、患者はスタッフが説得しないと勝手に判断するし、それがいいか悪いか判断もできないということも忘れていました。

 そもそも賢明な人であれば、こんな状況に陥る事なんかないハズなのかもしれない。本当はこちらでweb情報で記録をして、トラッキングをすれば良かったんだけど、相手が当然してくるだろうとたかをくくって忘れてしまっていました。病院の外来というシステムでフォローする。というのはそれなりに意味のあることかもしれませんね。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

みんなが買っている整形外科の教科書 2016年度ランキング出してみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
他の人が何教科書買ってるかって知りたいですよね。

 ブログ経由での購入について広く統計が取られているわけなのですが、なんとなく、広くみんないろんな本を買っているので、特にこれと言った本はないというのが正解のようです。整形外科の本買う先生が少ないんですよね。

っていうか、私のところに回ってきてたレジデントはみんな

なぜか全然教科書持ってない!

 先生が多かったので、どんなんだろうなと思ってはいます。みんな自宅に隠しておいてあるんですかね。

とりあえずランキング上げておきます。
(当ブログの本も購入頂き、本当にありがとうございます。)

図解四肢と脊椎の診かた
整形外科卒後研修Q&A
標準整形外科
初期研修レジデントコミュニケーションマニュアル
整形外科医のための神経学図説―脊髄・神経根障害レベルのみかた,おぼえかた
AO法骨折治療
ウケる技術
マンガで読み解く腰痛診療ガイドライン
骨折・脱臼
外傷初期診療ガイドライン―JATEC
整形外科医のための手術解剖学図説 原書第4版
運動器疾患の「なぜ?」がわかる臨床解剖学
Differential Diagnosis Pocket: Clinical Reference Guide (Pocket (Borm Bruckmeier Publishing))
カラー写真でみる!骨折・脱臼・捻挫―画像診断の進め方と整復・固定のコツ (ビジュアル基本手技 2)

 結局、定番の教科書が売れているだけなんですが、(ブログの本はバイアスなので無視するとして)AOやらJATECやら骨折/脱臼あたりが伸びていないのが、なんとなく心配になる部分です。こういうのは自分で書店で買うんでしょうかね。。

こんなかで面白そうだな!と思ったのは

整形外科ガール―ケアにいかす解剖・疾患・手術

これです。
______
わたしは,かつてナースの学校で教壇に立っていたことがあります.
気怠い午後,わたしのつまらない話も災いし,学生さんは絶好の昼寝時間,みなスヤスヤ白河夜船…….
ところがあるとき,黒板にまんがを描いてみたら,いままで仮死状態だった教室が,にわかに活気づいて,視聴率があがったような気がしました.
この本は,そのとき学生さんから聞いた,「整形外科の教科書がすくない」という声にこたえたものです.
変テコな本ですが,書き出すと,どんどん脱線しはじめ,〆切も数年のび,けっこうぶ厚い本になってしまいました.
でもそのぶん自由に中味を盛りつけ,ナースはもちろんのこと,PT,OT,医学生や研修医,それから患者さんにも楽しんでいただける本になったと思います.
整形外科という,分野が広く,骨っぽく,とっつきのわるい医学におもしろさを感じる方が一人でもふえれば幸いです.
2013年12月
清水健太郎
______
なんか、面白そうですよね!本屋で立ち読みしてから、買ってみようかと思います。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

トラブった時の心労負荷軽減方法について

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
整形外科医のゆるいブログの先生が気になる事を書かれていました。
http://orthopedist.blog.jp/%E5%BF%83%E3%81%8C%E6%8A%98%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E7%82%BA%E3%81%AE%E5%B7%A5%E5%A4%AB1921460%E5%BF%83%E3%81%8C%E6%8A%98%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E7%82%BA%E3%81%AE%E5%B7%A5%E5%A4%ABarchives/1921460.html

①トラブルが起きた場合、重ねてトラブルが起きる確率は通常時より圧倒的に高いと意識する。

②パソコンがフリーズしないようにアプリを適宜停止させるように、小さいトラブルも意識して解決していくように習慣づける。

③睡眠不足にならないように、時間を作っては就業時間内でも昼寝をする。

④朝目覚めが悪かったら、遅刻しても良いから10分でも30分でもいいから睡眠を取る。

⑤仕事の全体量を通常は自分MAX8割程度にセーブする。


トラブルが起きた時の対応ですね、すごい重要な事だと思います。

・患者とトラブって1時間くらいの外来のビハインド。
・手術がトラブってオペ室からブーイング。
・同僚ナースといざこざで、看護師長と面談。

ストレスですよねー!!

 私の研修の時の上司の先生はトラブルが起きると、よくどこかにいなくなっていました。2時間くらい。病棟指示が滞り、とっても迷惑(というか業務は全て下でやる)だったわけですが、彼が何をしていたかというと、

どこかで寝る

ということだったのですが、これを突き詰めるまですごい時間がかかったし、寝たら起きてくれないという無茶ぶりでした。それで寝るってすごい重要なんだなと気がついて、15分くらいの仮眠でもかなりストレスが解消するので、5時まで外来してたりした時は、僕も外来で15分くらい仮眠取ってたりしてました。

 一旦帰る、食事に行く、などいろいろなストレス解消法があると思うのですが、みなさんはどうメンタル鍛えてますか?

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

メリークリスマッス!2015年もあとちょっとです!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
12_24


イラスト提供は、はなさか爺先生です。

はなさか爺先生ありがとうございまっす!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。


p.s. 例年と一緒ですが、クリスマス気分ってことで、、、

個人的な歯周病アップデート 歯ブラシについて

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
歯ブラシですね。

電動歯ブラシは最近あまり使っていません。
そのかわり半年に一回、歯科でのブラッシングを利用しています。
月に一回歯科受診という本もありましたが、
これくらいの受診でもわりと歯垢は落とせているようです。

あとはなんとなく歯の調子が悪いと感じていたときに、
歯ブラシを子供用の仕上げ歯ブラシを使っていると、
とてもよくなってくるので、やっぱり歯磨きのやりかたも問題なのかなと思っていました。

今回購入したのは、

LION クリニカアドバンテージ 超コンパクト かためです。


子供用歯ブラシは柔らかいかふつうがほとんどで、
かためが存在しなかったので、奥歯用のかため
というのはありがたかったです。

普通ややわらかめでいくら磨いても、歯垢が落ちないのですが、友人の歯科医はそれでもやわらかく磨かないと削られてしまうというので、なかなか難しい部分だなと思います。

歯周病にならないことが健康長寿の秘訣ということなので、
若いうちからしっかり歯磨きがんばりましょうね!

それにしても歯磨き全然しなくても虫歯にならない人もいるのに、
とっても不公平ですよね。。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。




高齢者が引き起こす犯罪群;それって単に認知症なんじゃないの? 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
先日友人が前期高齢者(70歳代)の人と接触事故を起こされて、
ものすごーい怒ってるんですね。

続きを読む

拝啓 オペ室で一人たたずむ看護学生へ 苦行ゴクロー様です!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
手術室でぽっちでたたずんでいる看護学生へ

これ看護学生用の記事です。

今年も学生を受け入れるシーズンがやってきましたね。

当病院にもくるんですよ。かわいそうな看護学生が、手術研修と言って、、

執刀医からも不潔にするなとどやされ、
オペナースからも忙しいのにと苦情を言われ、

みんなから望まれないかわいそうな学生達、、

で実際、結構”手術室看護”って難しいんですよね。

なぜなら、

1、手術直接介助
2、麻酔介助

以上を理解した上で

3、間接介助

ができるわけなので、

つまり、

1、2を理解して、なおかつ3ができないといけないのに、

まず

3から勉強するんですから、、、

つまりオペナースを見学だけで済まそうって言うのがそもそも間違いなんです。

私が研修したイギリスなんかでも

オペナースは、病棟ナースと資格が異なり、
オペナースのコース取らないとオペ室で働けないってことだったので、
それくらい厳しいんだよ!

っていうことで、今回の投稿を終わりにします。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

アンケート分析 視聴者の地域性調査

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
実は以前から保育園無料化と整形外科インプラントの調査をしていましたが、
(インプラントは投票を締め切り、再度新しい投票を始めました。)

保育園完全無料化
http://blog.with2.net/vote/v/?m=va&id=103835

整形外科インプラント
http://blog.with2.net/vote/v/?m=va&id=102637

アンケートに協力していただいた方のインプラントの地域性は
図1

となっており、圧倒的に関東の方が見ていらっしゃいました。

検索的には全国から来るはずなのですが、
もしかしたら勤務先なども影響しているのかもしれません。

保育園の方の記事はなぜか兵庫の方が多く、
zu2

兵庫の人は保育園に困っているのかな?
とか思いました。

インプラントのアンケートでは圧倒的に男性が多く、
保育園の投票は女性が主でしたので、

インプラントは整形外科の先生が、
保育園については看護師さんなんかが投票してくれてるのかな?
と思ったのですが、

看護師さんは無料化に賛成してくれるかと思いきや、
そういう訳でもないので、面白いなと感じました。

確かに24時間空いてる保育園を整備してほしいとか、
そういうニーズの方が高いのかもしれませんね。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

悲しい現実:無抵抗なものはいじめを受ける。シナモンに暴言を吐く人達は短近にいっぱいいるという現実。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
シナモンっていうキャラクターですね。
60a5a812


シナモンはシナモロールというサンリオのキャラクターなのですが、
twitterという情報サービスでもゆるいキャラクターとして愛されていました。
このキャラクターに対して、暴言をする人が後をたたなくなったそうなのです。

http://kai-you.net/article/16778

twitterでは、関係を持ちたくない人はブロックできるため、
シナモンにブロックされた人の反応というのも取り上げられています。

なんとなく

現実でも無抵抗だとたたみかけてくる悪い人いるよな。。

と思った次第です。

私が準備した初期研修医用の教科書では、
人の悪口は言わないようにって書いていますが、
なんとなく、人の悪口を使って指導医でもコントロールできないようだと
理不尽な扱いを受けたり、
なにも教えてもらえなかったりするような局面もありえます。

こういう臨床上のことを記述するのは大変難しいので、
この事例についてはテキストに追加する予定ですが、
コントロールの仕方などは他所に譲るということにします。。

個人的には人の悪口には乗じないほうが絶対いいと思っていますが、
臨床ではなんとなくそういうの乗っておかないとあとでひどい目に会うこともあるので、
とてもめんどくさいなーって思っています。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ