整形外科的まとめBlog

運動器疾患を担当する整形外科のBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を背景にまとめて取り上げてまっす。

リハビリ・理学療法

それって脳筋が、若返りを規定しているってこと? 話題の12月のUCバークレーの論文は面白い。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
面白い論文が出てました。

A single heterochronic blood exchange reveals rapid inhibition of multiple tissues by old blood
2016 J.Rebo et al

マウスの体同士をくっつける論文じゃなくって単純に血液交換だけで本当に若返るかどうかの実験です。米国では富裕層向けにそういうサービスもあるとかないとかお聞きしましたが、これは面白そうです。

続きを読む

医学生の定番教科書まとめ 再掲

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
学生の時の定番の教科書ってなんでしたか?

 学生の時は、、、シケプリですね。これがメインです。勉強好きな学生は、教科書読んだり学習グループなんてしてる人たちもいましたが、一般的には国家試験の勉強会以外の勉強会が開かれることはまず稀ですね。

 USMLE勉強会なんてのもやってる人たちもいましたね。。結局USMLEは医師国家試験の勉強の延長上ですから、国家試験前2ヶ月くらい前に、受験してしまうのが楽なのかもしれません。USMLEの知識は国試の知識と被るとかいわれています。

 基礎から臨床までの教科書を紹介していきます。

基礎
1、生化学
基本はストライヤーですね。まだこの本が改訂されていたのでうれしかったです。分子生物学はCell、生化学はストライヤーというのが、基本路線になります。シンプル生化学とかでもシケプリベースであればとくに問題ないんじゃないでしょうかね。


2、生理学
体を物理学などで表現し、理解することを目標とした学問です。私はGuytonという教科書で勉強しました。生理学も、診断学と一緒でほぼ変らない学問かと思います。わりとこの教科書は日本の授業にも対応してました。


3、解剖学
昨今、本屋さんはプロメテウスばっかりでした。。私の時は英語だとGreyでしたけどね。解剖も大学の指定の教科書がいいと思います。解剖の勉強は、実地で学び、そして実地で悪戦苦闘するしかないですな、、

4、病理学
 病理学は、昔は光学顕微鏡主体の授業でしたが、現在はどうですか?これだけ分子生物学による疾患原因解明が進んだのに、いまだに分子病理学とかがメインにならないのは、結局標本作りが病理の仕事のメインだからなんでしょうか。もし病理が人材不足なのであれば、標本より病理解剖実習を少し学生の時に義務化してもいい気もしますけどね。。ちなみに私はrobbinにおける光学系の知識があまりに乏しかったため、留年しそうになりました。



臨床
標準シリーズ
 シケプリや授業資料だけでもわりと勉強になりますが、卒業してから自分が教科書を買って勉強していた分野とそうでない分野の知識がちょっと異なっていたりします。ですが、結局は学生の時の知識なのでたかが知れています。でも、学生の時に厳しくて有名だった科目は、今でも鮮明に覚えています(汗)ので、やっぱり学生を厳しく教えるというのは、とても重要なのだなと思います。

内科診断学
 このテキストがまだ現役なのにとても喜びを感じました。この診断学というのが医学の根本であり、Mosby社の身体診察学の教科書と内科診断学をまず医学部入学と同時に購入すること。暇があったら眺めてみることを薦めますね。この教科書は年代がたっても重要であり続ける教科書ですね。


身体診察学
 上記被りますが、Mosby社のPhisical Examinationがオーディオビジュアル的によかった印象があります。身体診察は各科の特性があり、各科の教科書も重要になりますが(特に整形外科、皮膚科、眼科、耳鼻科などマイナー科目)、この教科書は満遍なく書かれています。この分野も年代がたっても朽ちることがない分野です。


整形外科の教科書、昔は一冊も持ってなかったのですし、国家試験でも一切勉強しなかったんです。。それでも無事に整形外科医やってるところがまたそういうものかなと思います。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

腰痛体操モデルを開発しまっす!皆さんご意見よろしくお願い致します!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
よくわかる腰痛症の原因と治し方

という本をwebで紹介頂きました。

多分、この本の方が腰痛診療ガイドラインよりも個人的な臨床ポイントまとめになるのですが、それでも臨床的な有用な情報がまとまっているかと思います。個人のまとめというのはエビデンスランクは落ちるのですが、案外馬鹿にできる感じではありませんね。なにせ自分に自信がないとこういう本は出せないと思います。

この本で重要なのは、なにより腰痛の原因となる筋肉が個別に指摘されている点ですね。

つまり、この筋肉の機能を維持する様な体操を開発すれば言い訳なので、
そういうテーマにシフトして行きたいと思います。

とりあえず、こんな体操ゆるキャラ?を開発してみたいと思います。
(イラスト:花咲じい 先生)

ff1


いろいろ候補やタイプを検討していきたいので、ご要望等あれば御協力よろしくお願い致します。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

Pokémon GOは運動不足を解消させるかどうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
やっと任天堂がヒットゲームを飛ばしたようです。

http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1993.html

米国発の”Pokémon GO”というゲームですが、
ポケモンをさまざまなスポットで集めたり育てたりするゲームとのことです。
実際にいろいろな場所に行くことがゲームでは重要なようで、
これが米国人の運動不足を解消するのでは?
と報道されているそうです。

”運動しなさい””運動しなさい”
と外来で念仏のように唱えるより、
こういう面白いソフトを実際に送り込むというのが重要で、
いっときのWiiのコンセプトもこれだったと思いますが、
任天堂もGPS機能を利用した面白い発想かなと思います。

他にもGPSを利用したゲームはたくさんあるので、
今後発展していきそうな分野かと思います。

それにしても戦場でも楽しめるというのは面白いですね。
なんとか、戦場の人の心の安定に寄与していただければと思います。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。


整形内科の教科書あるじゃん。。 でもどうして個人で翻訳をやり遂げてしまうんですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
整形内科のテキストを探していたら




オステオパシーの教科書普通に日本語でありますね。

 travel&simmonsでいいじゃんって思ってたんですが、やっぱり整形外科診察法との絡みの教科書が欲しかったんですね。

 オステオパシーっていうのは、俗にいうDOっていうやつですね。米国では医師としての教育機関として認定されています。シンセスのAOコースにもDOの先生、たくさん来ていました。

最初のオステオパシーの本の訳者の先生は

DC

 つまりカイロですね。カイロプラクティック。カイロは米国ではDOと異なり医師としては認定されていませんが、ヘルスケアプロバイダーとしては認知されているようです。日本ではカイロとか医師ではない方が、残念ながら整形外科と協力できずにこういうものを日本で広めるので、なんとなく整形外科へ浸透しない気がするんです。
 このような方でも技術の高い方も多いと思うので実際問題とってももったいない構造な気がします。このような知識や技術を公にしようとせず、自分達だけのの手柄や技術にしてしまっていて広まらない気がするんですね。どうしてカイロの先生が自分だけで翻訳してしまうのか、というところに、公共性の欠如を感じるのです。ま、経済活動の自由があるので、全然自由でいいのですが、誤解を生み出す原因なのかなと。

 しかしながら、手技療法学会とかも活躍してきているので、だいぶ改善されて行くかもしれませんね。やっぱり統合的な部分で医師との協力が不可欠な部分なので、医師を巻き込んでこのような活動が展開されて行く方が良いと思います。主導権はどちらでもいいのですが、コンセンサスと責任の問題なのではないかと思うんです。だって内科や整形外科の先生と協力しないと絶対に完結しない問題が部分的には必ずあるはずだからですね。

 でもって、次の新しい本はPTの先生です。

訪問理学療法技術ガイド2014年11月、文光堂
スポーツ理学療法学 2014年5月、編集執筆、メジカルビュー社
5ミニッツオステオパシー 2014年3月、監訳、医道の日本社
ファッシャル・リリース・テクニック 2012年6月、監訳、医道の日本社
DVDで学ぶ 理論と実践!治療的テーピング 2012年6月、監訳、医学映像教育センター
オステオパシーアトラス 2010年8月、監訳、医道の日本社
運動学テキスト 2010年4月、編集及び章担当、南江堂
メイトランド四肢関節マニピュレーション 2010年4月、監訳、医学映像教育センター
臨床スポーツ医学 2009年1月、監訳、医学映像教育センター
メイトランド脊椎マニピュレーション 2008年7月、監訳、エルゼビア・ジャパン
マリガンのマニュアルセラピー 2007年9月、監訳、協同医書出版
エビデンスに基づく整形外科徒手検査法 2007年8月、監訳、エルゼビア・ジャパン
運動器リハビリテーションの機能評価1 2006年12月、監訳、エルゼビア・ジャパン
運動器リハビリテーションの機能評価Ⅱ 2006年12月、監訳、エルゼビア・ジャパン
理学療法のクリティカルパス下巻 2005年12月、監訳、エルゼビア・ジャパン
理学療法のクリティカルパス上巻 2004年12月、監訳、エルゼビア・ジャパン

 僕、この先生の翻訳した教科書たくさん持っている事に気がつきました。日本の理学療法教科書の草分け的な先生ですね。是非とも頑張ってほしいです。(ただ少し翻訳が気になるところがあるのは気のせいでしょうか。)

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

マリガン・コンセプトの日本語論文見つけました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
帰ってきた! シリーズ腰痛(5)マリガン・コンセプトと腰痛
The Japanese journal of acupuncture & manual therapies 70(10), 76-84, 2011-10
赤坂 清和

 正直、頸椎の方で使用していて、腰痛には使用していませんが、胸椎にはもっと上手に使いたいと思っています。
 腰痛はASTRの方が効果的で、あんまりマリガン使ってなかったんですが、ちょっとトライしてみようかと思います。
 ただ、トライするのもわりと大変そうなので、自分の体を痛めそうだなとか思ってます。

 マリガンよりもASTRで腰痛にはアプローチしています。マリガンだとどれくらいアウトカムがあるのかちょっと適応やら診断含めて聞いてみたいですね!

赤坂先生のブログも見つけたので、今後参考にして行きます。
http://smuptakasaka.blog.fc2.com/

これでなんとなく糸口が見えてきましたね!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形内科学概論 その5 手技療法の根拠

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
いや、根拠って言ったって、

理学療法の根拠って何?とか、いまさらですが、

 そんなところまで追求する人がいるのかわからないのですが、多分、普通のストレッチでも、PNFでも、関節mobilizationでも、筋膜リリースでも、ASTRでも、それなりに理論みたいなのはありますよね。

 僕も今、簡単に説明できないので、



 これ読んで下さいってことにしておきます。筋膜の関連痛のお話やトリガーポイント注射の是非についてはともかく言う整形外科の先生は少ないと思うので、これがその関連の教科書になるので、読んでみて下さい。自分でも今度勉強してまとめてみようと思います。生理学的な根拠って確かに必要ですよね。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形内科学概論 その4 手技療法の必要性 治療オプションとPTへの具体的処方箋としての手技療法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
手技療法の必要性については、手技療法の適用を書いたので、

必要なんです。おしまい。

 な訳なんですが、整形外科医としては、薬出す時に、これ治る人か治らない人かという検討をどこでしているかという部分なんですね。

 僕は手技を診察時に混ぜているので、手技で良くなりそうな物とならなそうな物を一応外来で見ています。投薬も併用しながら、運動療法などを組み合わせてもどうしても取れないものというのを、少し時間かけて、取り組んで行く形となります。手技だけで治る人は薬欲しいってあまり言いませんし、手技の効果が不完全な場合は投薬した方がいい場合もありますので、手技療法1つだけにこだわりがある訳ではありません。普通に注射もしますし、なんでもしますよ。

 交通事故の患者さんの見方がわからなくって当初苦しんだ経験から僕の手技療法は始まった訳ですが、今では肉離れが痛くて治らない人やPTのリハビリ通院して治らない人の症状をよくできたり、手術しかないとか大学病院で言われた人を1回の診察で良くしたりと、いろいろ面白いことができるようになっていて、手技療法がない整形外科外来はオプションが少なすぎて僕にはもう考えられません。
 膝痛、テニス肘、座骨神経痛、肩関節周囲炎というような方の半分くらいに即効性の適応があると思ってます。結構幅広いでしょ?

 なんか患者さんに触るだけで良くなってるとか言う人もいるんですが、手技って効果がない手技をいくらやっても患者さんは正直なんで効果全然ないんですよ。それは手技療法の技術が低い時によくよく身にしみていますからよくわかるんです。

 整形外科外来のオプションの1つとしての手技療法と、リハビリスタッフへの具体的な指示の2つの面が手技療法は重要だと思っています。だって、リハビリ指示、具体的指示を出さないで全部PTまかせって、なんか変ですよね?

 だから、手技療法を手段として使えるスタッフを増やす事をちょっと頑張ってみようかなと思ってます。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形内科学概論 その3 手技療法で効果がない物は、変な疾患が隠れている?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
 えと、これまでは、手技療法の適応だけにしぼって考えてきました。

 なんか鑑別診断やらいろいろ否定しなければいけない疾患や病態でもうお腹イッパイですよね。

 本来、こんなに難しい事ではなく、解剖を頭にいれて、ルチーンにプログラムを組み立ててれば、それなりの割合で効果がでてくるのも手技療法の良いところの様な気がします。

 というか、真向法という健康法があるのですが、一般の整形外科クリニックと真向法の開発者とどっちが多くの人を救っているかというと、真向法のような誰でもできる体操法や手技療法などを開発した人の方が、世界の人を救える様な気がするんですね。

 そういう意味では、手技療法をプログラム化して、診察手技にまで組み込んでいる訳なのですが、(手技療法で効果の有無というのが診察所見)逆に言えば、

 手技療法やリハビリで効果がない物は、MRIとかしっかり検査した方が良い。

 って事なんじゃないかとちらっと考えています。

 ま、考えてみれば当たり前で、腰椎椎間板ヘルニアが全て手技療法で良くなれば、みんなこまらないわけですよね。(良くなる症例がわりとありますが、ここでは議論しません。)

 いやいや、それは技量不足ではないですか?

 おっさるとおりで、本当に技量不足が原因で治せないかもしれません。私も整形外科外来で30人くらいの患者さんを対象で、ほぼ対象者には手技療法を行い時間内に終わらせられるようになってきたので、わりと数はこなしているとは思うんですが、やっぱりもっと上手な人がいると思うので、技量不足な部分も多々にしてあると思います。

 ただ、それでも定型的な手技療法でよくならない物には、LDHやらが隠れていたりする事も多いので、なんか言い切る自身はそこまでないのですが、なんとなくですが、手技療法で治らない物は要注意だと考えてます。

 手技療法やってみて、ダメな物は抱えずに整形外科医に相談する。自分より専門性高い先生に紹介する。

 これ、あたりまえですよね。これくらいの姿勢でやらないと、嫌われちゃいますよ。って事で良いんでないかと思います。逆に言えば、手技療法やってもやらなくても、治らないものに対する対応は、外来では一緒なことです。あまり自分の専門こだわりすぎたり、スポーツスポーツと五月蝿くしてると同僚から嫌われてしまうと思うので、一定の配慮は必要なのかなと思っております。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形内科学概論 その1 対象と限界 なんでも対象と限界を認識しておく事って重要ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
 整形内科の教科書を書くように指示をされたのですが、なかなか筆も進まないし、誰も協力してくれそうにないので、自分で執筆をしてみようかと考えています。

 まずは整形内科というか手技療法の対象と限界というのが重要だと思うので、記事にしてみます。
手技療法の対象と限界を語るには、整形外科にはどんな患者さんが来ているか、潜在的にくるのかという統計情報が必要になります。

 今回は手術なしなんちゃって整形外科クリニックでの40人くらいの患者さんを適当に見てみたのですが、(手術率低いので、これ外科医としては外れ外来ですね。。)
続きを読む
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
予約販売中です!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ