整形外科的まとめBlog

運動器疾患を担当する整形外科のBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を背景にまとめて取り上げてまっす。

リハビリ・理学療法

整形外科のメジャーな先生が筋膜疾患側で活動されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
今回はこれです。国分先生です。

K点治療の解説
http://www.nishitaga-hosp.jp/center/sekitui.html

 その外来で、詳しい問診と丁寧な触診を通した研究から驚きの事実を発見しました。身体の痛みの85%以上を占め、「正直なところ、原因不明」と言われてきたものが筋肉の過度の緊張から生じるのです。
 そうした痛みは、 頚椎や腰椎の脊椎、肩などの関節からの痛みと捉えられて、頚肩腕症候群、肩関節周囲炎、胸郭出口症候群、むちうち症、変形性脊椎症と診断される、あるいは神経が圧迫される腰椎の椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などと誤診されることが少なくありません。慢性・多発性など多彩な痛みですと、線維筋痛症や神経障害性疼痛、身体・心理・社会的症候群などの概念的な病名で説明されがちです。こうした誤りは、筋肉が痛みを出すと教えられてこなかったからです。
 次々と明らかになった事象を整理・統合し、教科書に記載がない診察・診断法、 局所麻酔剤を注射するブロック療法、更に患者さん自身が筋肉をストレッチする自己療法が出来上がりました。


 国分先生の治療形態の説明、なんか洗練されてますね。SM付着部のトリガーポイントに注目し始めたのは良いですよね。そして全身の筋肉へのトリガーポイント注射とストレッチによる説明なってます。私の整形内科概論の本でもASTR手技を利用して診断してますが、ASTR自体が、筋の緊張/弛緩により症状が増悪/緩和されるか、という部分になるので、国分先生の手技主張とほぼ一緒です。

 整形外科のメジャーな先生が筋膜症候群側にいる事を確認できてよかったと思います。パラダイムシフトまであともう一歩ですね。

 でも結局これTravel&Simmonsの再発見なだけですし、ここまできてるのにどうも整形外科界隈はまだパラダイムシフトに時間がかかりそうで反吐が出そうですね。
 そして国分先生も、どうしてトリガーポイントブロックの再発見しただけなのに、どうしてK点K点って連呼するのか、僕にはちょっと良くわかりません。
 単にこれ、1980年代の教科書の再発見で、自分達が見過ごしてきただけなんじゃない?って思ってるんですが、何か違うのであれば教えて下さい。そんなポイントはたくさんあるし、教科書も出ているよと。整形外科としては、散々鍼灸やら手技療法業界を貶しておいて、正直こんな言い方は無いんじゃないかと思います。基本は鍼灸やら保存療法に軍配を上げる事実かと思います。
 なんか例の白石先生の本でもそうなんですが、例の教科書の事ご存じないんでしょうか。ペイン界隈では有名なので、知らないってことは無いとは思うんですけどね。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

*以前の私のK点の記事が何を参照したのかわからないんですが、原著読んでいなかったみたいでよく理解していなかったようです。申し訳ありません。別の論文を読んでいたと記憶してますが、該当する論文が見当たりません。国分先生は当初からSM筋付着部のことも言及されていました。僕は何の論文参照してたんでしょうかね。申し訳ありません。僕が専門医を取得するもっと前からこれを提唱されていたのかもしれません。

*K点症候群の多様な症候と治療 運動器の痛みの謎を解く(会議録)
国分正一 日本整形外科学会雑誌 (0021-5325)87巻3号 Page S937(2013.03)

*眼科症状から見た線維筋痛症とK点ブロックの効果(会議録/症例報告)
白石 尚基 日本職業・災害医学会会誌 (1345-2592)59巻臨増 Page 別162(2011.10)

*胸鎖乳突筋上のK点からみた運動器の非特異的疼痛(総説)
国分正一 Journal of Spine Research (1884-7137)1巻1号 Page17-29(2010.01)

*【項頸部痛の病態と治療-最近の知見】 頸部痛に対するK点ブロック(解説/特集)
国分正一 整形・災害外科 (0387-4095)53巻1号 Page39-46(2010.01)

*Barre・頸肩腕症候群の原因を突き止める 後頭頂移行部の特異的圧痛点(K点)の解剖学的検討(会議録) 
国分正一 日本脊椎脊髄病学会雑誌 (1346-4876)19巻2号 Page402(2008.03)

医学生の定番教科書まとめ 再掲

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
学生の時の定番の教科書ってなんでしたか?

 学生の時は、、、シケプリですね。これがメインです。勉強好きな学生は、教科書読んだり学習グループなんてしてる人たちもいましたが、一般的には国家試験の勉強会以外の勉強会が開かれることはまず稀ですね。

 USMLE勉強会なんてのもやってる人たちもいましたね。。結局USMLEは医師国家試験の勉強の延長上ですから、国家試験前2ヶ月くらい前に、受験してしまうのが楽なのかもしれません。USMLEの知識は国試の知識と被るとかいわれています。

 基礎から臨床までの教科書を紹介していきます。

基礎
1、生化学
基本はストライヤーですね。まだこの本が改訂されていたのでうれしかったです。分子生物学はCell、生化学はストライヤーというのが、基本路線になります。シンプル生化学とかでもシケプリベースであればとくに問題ないんじゃないでしょうかね。


2、生理学
体を物理学などで表現し、理解することを目標とした学問です。私はGuytonという教科書で勉強しました。生理学も、診断学と一緒でほぼ変らない学問かと思います。わりとこの教科書は日本の授業にも対応してました。


3、解剖学
昨今、本屋さんはプロメテウスばっかりでした。。私の時は英語だとGreyでしたけどね。解剖も大学の指定の教科書がいいと思います。解剖の勉強は、実地で学び、そして実地で悪戦苦闘するしかないですな、、

4、病理学
 病理学は、昔は光学顕微鏡主体の授業でしたが、現在はどうですか?これだけ分子生物学による疾患原因解明が進んだのに、いまだに分子病理学とかがメインにならないのは、結局標本作りが病理の仕事のメインだからなんでしょうか。もし病理が人材不足なのであれば、標本より病理解剖実習を少し学生の時に義務化してもいい気もしますけどね。。ちなみに私はrobbinにおける光学系の知識があまりに乏しかったため、留年しそうになりました。



臨床
標準シリーズ
 シケプリや授業資料だけでもわりと勉強になりますが、卒業してから自分が教科書を買って勉強していた分野とそうでない分野の知識がちょっと異なっていたりします。ですが、結局は学生の時の知識なのでたかが知れています。でも、学生の時に厳しくて有名だった科目は、今でも鮮明に覚えています(汗)ので、やっぱり学生を厳しく教えるというのは、とても重要なのだなと思います。

内科診断学
 このテキストがまだ現役なのにとても喜びを感じました。この診断学というのが医学の根本であり、Mosby社の身体診察学の教科書と内科診断学をまず医学部入学と同時に購入すること。暇があったら眺めてみることを薦めますね。この教科書は年代がたっても重要であり続ける教科書ですね。


身体診察学
 上記被りますが、Mosby社のPhisical Examinationがオーディオビジュアル的によかった印象があります。身体診察は各科の特性があり、各科の教科書も重要になりますが(特に整形外科、皮膚科、眼科、耳鼻科などマイナー科目)、この教科書は満遍なく書かれています。この分野も年代がたっても朽ちることがない分野です。


整形外科の教科書、昔は一冊も持ってなかったのですし、国家試験でも一切勉強しなかったんです。。それでも無事に整形外科医やってるところがまたそういうものかなと思います。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

New 体操モデル 看護師さんバージョン

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
体操モデルですが、看護師さんバージョンをお願いしていたのですが、イラストが出来上がりました!!
みたらし先生いつもありがとうございます!

キャララフ女の子_02_服装


これ、ラフ段階なのですが、これから線画、着色のような流れになるのですが、色なんかも何色がいいかとか、いろいろ教えてくださいね!

ただスカートだとどうしてもできる運動が限られるので、なかなか難しいですよね。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

この身体診察の教科書、オススメにプラスしてもいいかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


これです。
わりとわかりやすいので、いいのかなと。
先輩が何してるかわからない時にちらっと見たりするのは良いと思います。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形外科的老年リハビリ講座 その1 学校で教えてくれない膝痛評価のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
<2014年の記事になります。>

老年リハビリですね!

老年リハビリと言うのが注目されているようなので、
http://blog.livedoor.jp/gp_ken/archives/8521048.html

自分なりに1つ記事を書いてみました.

続きを読む

リハビリメニュー書いてますか? 全部PTに一任してますってなんなの?馬鹿なの?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
先日の肩関連の講演会でスポーツの単位取ってきたんですが、

診断についての項目が一切なかったので講師の先生に、

"ほぼ肩は軟部が原因だと思うんですが、診断等はどうされていますか?”

と聞いてみると

”保存療法含めて全部PTに一任してます。”

とのことでした。

正直

”どうしてこんな方がスポーツ講習会の単位を保証する講師なのか?”

と思いましたが、皆さんはどう思いますか?

なんとなくですが、

”その病院のPTに講師をお願いした方が、100倍為になるんじゃないかな。”

と思いました。

以前の私の指導医の口癖は、

”手術適応のわからない人間はメスを握るな。”

でしたので、肩の軟部の評価が自分できないのにメスを握るのはどうでしょうか。
肩の診療で一番のポイントは軟部の評価方法なのに、と感じたんですね。

日整会は適当な人材を講師にしてると、
学会のレベルをコメディカルにすら嘲笑される状況ですよ!

ってことで、

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

P.S. とりあえずPTとカルテ共有から始めたらどうかと思ってるorthopedicsより

日本人DOの人を見つけました!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
DOの人はAOコースでもちらほらいたので、
いろいろとお話するチャンスはあったのですが、、、
ネットのとあるサービス経由で見つけました!

USAではDOとは、

Doctor of Osteopathy

のことですね。

USAではMDとDOが医師として認められています。

DOのコースでは解剖をちょっと詳しく学ぶ体系の医学を付加されてあって、
いろいろな手技療法とかも学べるようです。

日本でOsteopathyというと、

代替療法の代名詞のようになっていますので、アレですが、

結構面白そうですよ!

ってことで、

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

K点治療、病院PTに見てもらいました。怖くて先生にしかできませんって言われました。。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
自分的には基本はこれ関節Mobilizationかと思っています。
http://orthopedic.jp/archives/52088677.html

でも侵襲的なんじゃ、、という人はその通りですが、
Jackson/spurlingもかなり言うほど良い診察法ではありませんよね。
この手技の後は大抵症状はかなり悪化します。

そしてCDHの診察の為だけにやる訳ですから、
それなら
"病歴聞いてMRI取れば?"
とも思います。

私はNAGsを利用して高位診断をして、SNAGsをかけて関節Mobilizationしてますが、
意味するところは、これで高位診断と保存療法が有効かどうかが判別できます。
Jackson/spurlingでは、高位診断できないし、圧倒的に痛み少ないですしね。

つまり関節動かして症状が悪くなる物は、リハビリしても望みがないから
手術した方が良いんじゃないかと思うんです。
多くの保存療法が効くCDHはこれで判別できると思います。

リハビリテーションシークレットには、
”脊椎関節Mobilizationは安全”って書いてあったんで
(もちろん教育された施設で教育された手技でという事かと思いますが、、)
別に問題ないかなーと思ってます。

っていうか、怖くてできないとか良いながら、PT部屋には脊椎関節Mobilizationの教科書が置いてあったの、僕は見逃してないんだぞ!いろいろ知識を共有しましょうね!!
でもASTRすらも怖くてできないとか言われると、仕事やる気あるのかな?と思ったりします。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

おかげさまでほとんどの腰痛をその場で治せるようになりました。(92%くらい)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
現在統計取ってる最中なんですが、
皆様のご指導、ご鞭撻の成果もあり、
苦手だった腰痛もなんとか筋筋膜性腰痛等の治療対象の症例については
その場で強い痛みはたいがい改善できるようになってきました。
治療した人の内、92%くらいの人は、
初診の治療で大きな痛みは取れているようです。

もちろんスカッと治る訳ではなく、
やっぱりちょっと痛いとか、変な症状が残るということで、しばらくは外来通院されますが、
凄い痛いのは最初でなくなったという方がほとんどになってきました。
直後だけ治ったって言う人がほぼ消えた感じですかね。
みなさん腰痛の原因を指摘して、実際に症状が取れるのを理解してくれると
ストレッチや筋トレ等も実行してくれます。
やっぱり適切に診断できないと、半信半疑で言う事聞いてくれませんよね。

ここまで来るのに、本当に皆さんにたいへん親切にご指導を頂きました。
指導を頂いた脊椎外科の先生、整形内科の先生、ペインの先生、麻酔科の先生、鍼灸の先生、手技療法の先生、ATの方々、本当にありがとうございました。特に、手技療法、そしてペインの先生、鍼灸の先生の考え方が非常に参考になりました。
もちろん診療のベースは整形外科の最初に教えてもらったラインが生きています。

腰痛は実はこれまですごい苦手で、今でも得意感はないし、好きでもないけど、少しは人様に顔向けできる治療ができるようになったと思います。皆さんがどれくらいの割合で腰痛を緩解されているか教えて頂ければと思います。

なんとなく92%の先の世界は、自分的にはあんまり興味がなく、そして保存療法ではなく整形外科的に手術が必要な症例というのもはわりとみたかなーと思うので、今後は誰か100%目指して頑張ってみて下さい。(多分プログラム的要素で100%も行ける気はします。)
ま、ほっといても腰痛なんて良くなるんだから、介入するのがどこまで意味があるかは分かりませんけどね。

私のノウハウは、ご存知かと思いますが、下の本にまとめました。これが外傷医、スポーツ整形外科医、そして脊椎外科医としての私の経験から導いた基本になります。そんなに変な事言ってないと思うんだけどな、、


今後は、首肩診療の方に移行したいと思いますので、ご指導、ご鞭撻、よろしくお願い致します。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

P.S. 既に寝違えとかはわりと治せるんですが、もう少し一発で治せる感じですかね、ケンシロウみたいなのを目指したいと思っています。”お前はもう治っている!!!!”ってヤツですね。なんとなくですが、こんないいかげんな記事書いてるとブログに対する反発は当然つよくなるわけなので、このサイトを見てても”いい加減な事書いてますよね!”って言っておかないと厳しいと思いますよ。腰痛教授とかけっちょんけっちょんにブログで貶してたりしますので本当にご注意下さい。

腰痛体操モデルを開発しまっす!皆さんご意見よろしくお願い致します!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
よくわかる腰痛症の原因と治し方

という本をwebで紹介頂きました。

多分、この本の方が腰痛診療ガイドラインよりも個人的な臨床ポイントまとめになるのですが、それでも臨床的な有用な情報がまとまっているかと思います。個人のまとめというのはエビデンスランクは落ちるのですが、案外馬鹿にできる感じではありませんね。なにせ自分に自信がないとこういう本は出せないと思います。

この本で重要なのは、なにより腰痛の原因となる筋肉が個別に指摘されている点ですね。

つまり、この筋肉の機能を維持する様な体操を開発すれば言い訳なので、
そういうテーマにシフトして行きたいと思います。

とりあえず、こんな体操ゆるキャラ?を開発してみたいと思います。
(イラスト:花咲じい 先生)

ff1


いろいろ候補やタイプを検討していきたいので、ご要望等あれば御協力よろしくお願い致します。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
予約販売中です!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ