整形外科的まとめBlog

運動器疾患を担当する整形外科のBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を背景にまとめて取り上げてまっす。

リハビリ・理学療法

この身体診察の教科書、オススメにプラスしてもいいかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


これです。
わりとわかりやすいので、いいのかなと。
先輩が何してるかわからない時にちらっと見たりするのは良いと思います。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形外科的老年リハビリ講座 その1 学校で教えてくれない膝痛評価のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
<2014年の記事になります。>

老年リハビリですね!

老年リハビリと言うのが注目されているようなので、
http://blog.livedoor.jp/gp_ken/archives/8521048.html

自分なりに1つ記事を書いてみました.

続きを読む

リハビリメニュー書いてますか? 全部PTに一任してますってなんなの?馬鹿なの?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
先日の肩関連の講演会でスポーツの単位取ってきたんですが、

診断についての項目が一切なかったので講師の先生に、

"ほぼ肩は軟部が原因だと思うんですが、診断等はどうされていますか?”

と聞いてみると

”保存療法含めて全部PTに一任してます。”

とのことでした。

正直

”どうしてこんな方がスポーツ講習会の単位を保証する講師なのか?”

と思いましたが、皆さんはどう思いますか?

なんとなくですが、

”その病院のPTに講師をお願いした方が、100倍為になるんじゃないかな。”

と思いました。

以前の私の指導医の口癖は、

”手術適応のわからない人間はメスを握るな。”

でしたので、肩の軟部の評価が自分できないのにメスを握るのはどうでしょうか。
肩の診療で一番のポイントは軟部の評価方法なのに、と感じたんですね。

日整会は適当な人材を講師にしてると、
学会のレベルをコメディカルにすら嘲笑される状況ですよ!

ってことで、

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

P.S. とりあえずPTとカルテ共有から始めたらどうかと思ってるorthopedicsより

日本人DOの人を見つけました!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
DOの人はAOコースでもちらほらいたので、
いろいろとお話するチャンスはあったのですが、、、
ネットのとあるサービス経由で見つけました!

USAではDOとは、

Doctor of Osteopathy

のことですね。

USAではMDとDOが医師として認められています。

DOのコースでは解剖をちょっと詳しく学ぶ体系の医学を付加されてあって、
いろいろな手技療法とかも学べるようです。

日本でOsteopathyというと、

代替療法の代名詞のようになっていますので、アレですが、

結構面白そうですよ!

ってことで、

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

K点治療、病院PTに見てもらいました。怖くて先生にしかできませんって言われました。。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
自分的には基本はこれ関節Mobilizationかと思っています。
http://orthopedic.jp/archives/52088677.html

でも侵襲的なんじゃ、、という人はその通りですが、
Jackson/spurlingもかなり言うほど良い診察法ではありませんよね。
この手技の後は大抵症状はかなり悪化します。

そしてCDHの診察の為だけにやる訳ですから、
それなら
"病歴聞いてMRI取れば?"
とも思います。

私はNAGsを利用して高位診断をして、SNAGsをかけて関節Mobilizationしてますが、
意味するところは、これで高位診断と保存療法が有効かどうかが判別できます。
Jackson/spurlingでは、高位診断できないし、圧倒的に痛み少ないですしね。

つまり関節動かして症状が悪くなる物は、リハビリしても望みがないから
手術した方が良いんじゃないかと思うんです。
多くの保存療法が効くCDHはこれで判別できると思います。

リハビリテーションシークレットには、
”脊椎関節Mobilizationは安全”って書いてあったんで
(もちろん教育された施設で教育された手技でという事かと思いますが、、)
別に問題ないかなーと思ってます。

っていうか、怖くてできないとか良いながら、PT部屋には脊椎関節Mobilizationの教科書が置いてあったの、僕は見逃してないんだぞ!いろいろ知識を共有しましょうね!!
でもASTRすらも怖くてできないとか言われると、仕事やる気あるのかな?と思ったりします。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

おかげさまでほとんどの腰痛をその場で治せるようになりました。(92%くらい)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
現在統計取ってる最中なんですが、
皆様のご指導、ご鞭撻の成果もあり、
苦手だった腰痛もなんとか筋筋膜性腰痛等の治療対象の症例については
その場で強い痛みはたいがい改善できるようになってきました。
治療した人の内、92%くらいの人は、
初診の治療で大きな痛みは取れているようです。

もちろんスカッと治る訳ではなく、
やっぱりちょっと痛いとか、変な症状が残るということで、しばらくは外来通院されますが、
凄い痛いのは最初でなくなったという方がほとんどになってきました。
直後だけ治ったって言う人がほぼ消えた感じですかね。
みなさん腰痛の原因を指摘して、実際に症状が取れるのを理解してくれると
ストレッチや筋トレ等も実行してくれます。
やっぱり適切に診断できないと、半信半疑で言う事聞いてくれませんよね。

ここまで来るのに、本当に皆さんにたいへん親切にご指導を頂きました。
指導を頂いた脊椎外科の先生、整形内科の先生、ペインの先生、麻酔科の先生、鍼灸の先生、手技療法の先生、ATの方々、本当にありがとうございました。特に、手技療法、そしてペインの先生、鍼灸の先生の考え方が非常に参考になりました。
もちろん診療のベースは整形外科の最初に教えてもらったラインが生きています。

腰痛は実はこれまですごい苦手で、今でも得意感はないし、好きでもないけど、少しは人様に顔向けできる治療ができるようになったと思います。皆さんがどれくらいの割合で腰痛を緩解されているか教えて頂ければと思います。

なんとなく92%の先の世界は、自分的にはあんまり興味がなく、そして保存療法ではなく整形外科的に手術が必要な症例というのもはわりとみたかなーと思うので、今後は誰か100%目指して頑張ってみて下さい。(多分プログラム的要素で100%も行ける気はします。)
ま、ほっといても腰痛なんて良くなるんだから、介入するのがどこまで意味があるかは分かりませんけどね。

私のノウハウは、ご存知かと思いますが、下の本にまとめました。これが外傷医、スポーツ整形外科医、そして脊椎外科医としての私の経験から導いた基本になります。そんなに変な事言ってないと思うんだけどな、、


今後は、首肩診療の方に移行したいと思いますので、ご指導、ご鞭撻、よろしくお願い致します。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

P.S. 既に寝違えとかはわりと治せるんですが、もう少し一発で治せる感じですかね、ケンシロウみたいなのを目指したいと思っています。”お前はもう治っている!!!!”ってヤツですね。なんとなくですが、こんないいかげんな記事書いてるとブログに対する反発は当然つよくなるわけなので、このサイトを見てても”いい加減な事書いてますよね!”って言っておかないと厳しいと思いますよ。腰痛教授とかけっちょんけっちょんにブログで貶してたりしますので本当にご注意下さい。

腰痛体操モデルを開発しまっす!皆さんご意見よろしくお願い致します!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
よくわかる腰痛症の原因と治し方

という本をwebで紹介頂きました。

多分、この本の方が腰痛診療ガイドラインよりも個人的な臨床ポイントまとめになるのですが、それでも臨床的な有用な情報がまとまっているかと思います。個人のまとめというのはエビデンスランクは落ちるのですが、案外馬鹿にできる感じではありませんね。なにせ自分に自信がないとこういう本は出せないと思います。

この本で重要なのは、なにより腰痛の原因となる筋肉が個別に指摘されている点ですね。

つまり、この筋肉の機能を維持する様な体操を開発すれば言い訳なので、
そういうテーマにシフトして行きたいと思います。

とりあえず、こんな体操ゆるキャラ?を開発してみたいと思います。
(イラスト:花咲じい 先生)

ff1


いろいろ候補やタイプを検討していきたいので、ご要望等あれば御協力よろしくお願い致します。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

Pokémon GOは運動不足を解消させるかどうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
やっと任天堂がヒットゲームを飛ばしたようです。

http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1993.html

米国発の”Pokémon GO”というゲームですが、
ポケモンをさまざまなスポットで集めたり育てたりするゲームとのことです。
実際にいろいろな場所に行くことがゲームでは重要なようで、
これが米国人の運動不足を解消するのでは?
と報道されているそうです。

”運動しなさい””運動しなさい”
と外来で念仏のように唱えるより、
こういう面白いソフトを実際に送り込むというのが重要で、
いっときのWiiのコンセプトもこれだったと思いますが、
任天堂もGPS機能を利用した面白い発想かなと思います。

他にもGPSを利用したゲームはたくさんあるので、
今後発展していきそうな分野かと思います。

それにしても戦場でも楽しめるというのは面白いですね。
なんとか、戦場の人の心の安定に寄与していただければと思います。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。


整形内科の教科書あるじゃん。。 でもどうして個人で翻訳をやり遂げてしまうんですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
整形内科のテキストを探していたら




オステオパシーの教科書普通に日本語でありますね。

 travel&simmonsでいいじゃんって思ってたんですが、やっぱり整形外科診察法との絡みの教科書が欲しかったんですね。

 オステオパシーっていうのは、俗にいうDOっていうやつですね。米国では医師としての教育機関として認定されています。シンセスのAOコースにもDOの先生、たくさん来ていました。

最初のオステオパシーの本の訳者の先生は

DC

 つまりカイロですね。カイロプラクティック。カイロは米国ではDOと異なり医師としては認定されていませんが、ヘルスケアプロバイダーとしては認知されているようです。日本ではカイロとか医師ではない方が、残念ながら整形外科と協力できずにこういうものを日本で広めるので、なんとなく整形外科へ浸透しない気がするんです。
 このような方でも技術の高い方も多いと思うので実際問題とってももったいない構造な気がします。このような知識や技術を公にしようとせず、自分達だけのの手柄や技術にしてしまっていて広まらない気がするんですね。どうしてカイロの先生が自分だけで翻訳してしまうのか、というところに、公共性の欠如を感じるのです。ま、経済活動の自由があるので、全然自由でいいのですが、誤解を生み出す原因なのかなと。

 しかしながら、手技療法学会とかも活躍してきているので、だいぶ改善されて行くかもしれませんね。やっぱり統合的な部分で医師との協力が不可欠な部分なので、医師を巻き込んでこのような活動が展開されて行く方が良いと思います。主導権はどちらでもいいのですが、コンセンサスと責任の問題なのではないかと思うんです。だって内科や整形外科の先生と協力しないと絶対に完結しない問題が部分的には必ずあるはずだからですね。

 でもって、次の新しい本はPTの先生です。

訪問理学療法技術ガイド2014年11月、文光堂
スポーツ理学療法学 2014年5月、編集執筆、メジカルビュー社
5ミニッツオステオパシー 2014年3月、監訳、医道の日本社
ファッシャル・リリース・テクニック 2012年6月、監訳、医道の日本社
DVDで学ぶ 理論と実践!治療的テーピング 2012年6月、監訳、医学映像教育センター
オステオパシーアトラス 2010年8月、監訳、医道の日本社
運動学テキスト 2010年4月、編集及び章担当、南江堂
メイトランド四肢関節マニピュレーション 2010年4月、監訳、医学映像教育センター
臨床スポーツ医学 2009年1月、監訳、医学映像教育センター
メイトランド脊椎マニピュレーション 2008年7月、監訳、エルゼビア・ジャパン
マリガンのマニュアルセラピー 2007年9月、監訳、協同医書出版
エビデンスに基づく整形外科徒手検査法 2007年8月、監訳、エルゼビア・ジャパン
運動器リハビリテーションの機能評価1 2006年12月、監訳、エルゼビア・ジャパン
運動器リハビリテーションの機能評価Ⅱ 2006年12月、監訳、エルゼビア・ジャパン
理学療法のクリティカルパス下巻 2005年12月、監訳、エルゼビア・ジャパン
理学療法のクリティカルパス上巻 2004年12月、監訳、エルゼビア・ジャパン

 僕、この先生の翻訳した教科書たくさん持っている事に気がつきました。日本の理学療法教科書の草分け的な先生ですね。是非とも頑張ってほしいです。(ただ少し翻訳が気になるところがあるのは気のせいでしょうか。)

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

マリガン・コンセプトの日本語論文見つけました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
帰ってきた! シリーズ腰痛(5)マリガン・コンセプトと腰痛
The Japanese journal of acupuncture & manual therapies 70(10), 76-84, 2011-10
赤坂 清和

 正直、頸椎の方で使用していて、腰痛には使用していませんが、胸椎にはもっと上手に使いたいと思っています。
 腰痛はASTRの方が効果的で、あんまりマリガン使ってなかったんですが、ちょっとトライしてみようかと思います。
 ただ、トライするのもわりと大変そうなので、自分の体を痛めそうだなとか思ってます。

 マリガンよりもASTRで腰痛にはアプローチしています。マリガンだとどれくらいアウトカムがあるのかちょっと適応やら診断含めて聞いてみたいですね!

赤坂先生のブログも見つけたので、今後参考にして行きます。
http://smuptakasaka.blog.fc2.com/

これでなんとなく糸口が見えてきましたね!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ