整形外科的まとめBlog

整形外科専門医が監修しているBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を幅広く取り扱います。専門医試験対策はアップデートされますので過去ログ参照してください。

危機管理・リスクマネジメント

交通事故専門外来登場!京都の濱口裕之先生って覚悟がすごいですね!!

こんなん見つけました。。
CC1

http://medicalconsulting.co.jp/2017/10/07/827/
 なんか京都府立の整形外科の先生が、交通事故専門外来を芸能界事務所の方とタッグを組んで始めたみたいですね。
 なんかうさんくさいセミナーのお知らせが回覧に回ってた!というのが第一印象だったんですね。京都府立の先生が変なところに名前貸してるなーと思ったんですが、ブログを読むとそうでもなさそうですね。

 交通事故はご存知の通り奥が深くて、頚椎捻挫だけ12級・14級で済ませられたらいいんですけど、結構頭部外傷とか時間がかかる案件があって、これものすごい時間取られるし、すごい専門性高いし、すごい先進性も高いんですよね。そしてここは魑魅魍魎が蠢く世知辛い世界でもあります。

 それこそ交通事故専門外来で行う部分でめんどくさいのは、この部分かなーって思ってたんですが、やっぱりブログでは大変そうなので、頑張ってるなーと思います。

 交通事故は本当に困ってる人は困ってるけど、お金持ちの人って少ないし、なかなか楽しくないことが多いんですけど、それでもビジネス的に頑張る先生もいて、いろいろだなーと思いました。やっぱり芸能とかそっち関係の処理ができないと、無理な芸当だなーって思いました。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

以下引用
http://medicalconsulting.co.jp/2017/10/07/827/

最近では、外傷性頚部症候群(いわゆる、むち打ち症)などの単純な意見書依頼の割合が少なくなり、かなり医証を読み込まないと対応が難しい事案の依頼が増えてきています。

医学的な難症例ということはないのですが、自賠責や訴訟で行う医学的主張という意味での難症例(難事案)が増えてきているのです。依頼者の目的をお伺いして客観的に医証を読み込んでいくのですが、依頼内容が医証から乖離していることも多々あります。

主治医の出した臨床的診断と私たちのグループの診断が異なるケースが多くなってきてのです。この原因のひとつとして、私たちは各領域の専門医が症例を検討していることにあると考えています。

脊椎・肩関節・手の外科などの領域は、かなり専門性が高いため一般整形外科では診断・治療が難しいことがあります。大都市圏では、各領域の専門医へ紹介することが容易ですが、地方圏では地域の中核病院で治療を完結させる必要があります。

このため、本来なら専門医による診断・治療が望ましい症例であっても、一般整形外科医が対応せざるを得ないケースが多いのです。現在の医療体制下では、この問題の解決は難しいですが、その余波が交通事故の事案にまで影響を与えています。

医証を読み込んで論理的に考えておられる弁護士の先生が多いですが、医証そのものに疑問符のつく事案では、せっかくの論理的思考も無駄になってしまいます。このあたりの問題を解決するには、やはり弁護士と医師が関係を深めて、率直な意見交換を行うことが理想だと感じています。

飛行機は選んで乗ったほうがいいなんて、あったり前のことですよね。

飛行機は選んで乗れ
https://blogs.yahoo.co.jp/bell214b1989/71357327.html
元ヘリパイの方が大事なことをおっしゃっています。

当たり前ですが、このご時世に値段で行動決定する
という選択をしているのが、アレかと思うんですが、

結局やすい格安航空会社選んでも、
飛行機なんて台風やらで所詮水もので、自分の給与や仕事内容や責任を考えると、
休暇に使うのでも格安航空券は選択肢に入りません。
代替便準備してくれないと、話にならないんですよね。
ま、余裕のあるスケジュール立てればいいかもですが、、、

そして給与が安くても、人様に迷惑がかかると思うと難しいですね。

安物買いの銭失い、というよりは、競争原理を導入しすぎて
安物買いで命落とす時代というのをよく理解したほうがいいかと思います。

そしてこれはきっと医療でも同じことが言えるかと思います。
安い施設、変なドクターを使ってる病院、情報を扱えない人は、医療の恩恵にも預かれない時代ってことですよね。そんなの昔からそうですから特段かわり映えもしないですね。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

投与量事故勃発ス:ミリ違い モルヒネ盛って ヒト殺ス(でもこんなん日常茶飯事?)

これですね。

go-kart-yaparken-basi-kopan-kiz_391089

http://hosyusokuhou.jp/archives/48802370.html

ミリ違いは現場でよくあります。

ミリグラムはミリ、ミリリットルはccと職場で統一すれば簡単なんですが、残念ながらどこの職場でも

あーそう、ふーん。

とかしか言われなかったですね。個人的にはこういうシステム的な対応は超重要だと思うんですけどね、、
 ま、こーいう事故はたくさんのニアミスによって起こっていますから、職場の意識の問題で、院長や看護師長を変えたり、リスクマネージメントのスタッフを呼んだりしないとダメなんだけど、原因は

リスクマネージメントのスタッフは大抵よくやっていて、上が言う事聞かない。

この構図が多い気はしてます。

 大抵のリスクマネージメントのスタッフの愚痴は、結局どう現場に浸透させるかの部分になりますから、これはまたスタッフの力量であるかと思いますけどね。嫌われないように少しづつ浸透させる感じです。そしてこういう小言とかいうめんどくさい人って人気ないから上には行かないことも多いです。

残念ですが、よくある一つのミスの構図であると思います。

なんか川柳すら読んで不謹慎!と言う人、一部にいると思うけど、不謹慎でも、たとえ炎上してもこの事が広く伝わりますように♡

配信2017年10月4日 09時35分(最終更新 10月4日 10時42分) 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20171004/k00/00e/040/198000c

水戸済生会総合病院(水戸市双葉台3)で心臓のカテーテル手術を受けた女性患者(当時69歳)が大量のモルヒネを投与され、その後死亡した医療事故で、同病院は3日、記者会見を開き、医師と看護師の間での伝達ミスが原因で標準使用量の2.5~5倍を投与していたことを明らかにした。

同病院によると、患者は9月14日、閉塞(へいそく)性肥大型心筋症の治療として、カテーテル手術を受けた。男性手術医が痛みを緩和する塩酸モルヒネの投与を女性看護師に指示する際、単位が「ミリグラム」のつもりで「モルヒネ2.5」と伝えたが、女性看護師は単位が「ミリリットル」と考え、「(事前に用意していた)50ミリグラムの半分(=2.5ミリリットル)ですね」と答え、そのまま25ミリグラムを投与した。

標準使用量は5~10ミリグラムで、2人の他に医師ら8人が手術室にいたが、誤りに気が付かなかったという。

患者は投与された後、血圧が低下して心肺停止。すぐに人工心肺を装着して、いったん蘇生したが、同月26日午後7時55分ごろ、多臓器不全で死亡した。

村田実院長は「用意していたモルヒネの量は多く、用意した担当医の判断は適切ではなかった。それを病院もチェックできなかった」と述べた。

病院はモルヒネの取り扱いについて規則などを新設するとともに、事故調査委員会を設置してさらに原因を調べる方針。【加藤栄】

首にスカーフって要注意ですね。。 いろんな巻き込み事故が想定されます。

ward333n


偶然にネットで見ていたら、ゴーカートでのスカーフ巻き込み事故の記事に遭遇しました。
でもこれ、バイクでもマフラーで同様の死亡事故が起きているので、わりと起きうる事故なんだなーと思って、いつもマフラーするの嫌いな理由が自分で少しわかった気はします。

マフラーしてもしまらないようにすれば良いんですけど、殆どの方は首が絞まるようにマフラーしますよね。。
人体は鎖骨より上の部分は寒さを感じない仕様になっているはずなので、じゃんじゃん露出しちゃってください。

ひもというくくりで見るならば、指とか持っていかれるケースもあるようです。
以下はいわゆるエレベーターに挟まれてもってかれる系です。

ひもとかかなりおざなりになってるので要注意ですね。。エスカレーター+ひもとかもこわいですね。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。



外科医の究極奥義 ”@@@は避けよ。”の正当性について。

え、そんなこと書いちゃうんですか?続きを読む

民事医療訴訟アップデート 指導医の影に隠れろ!&カルテは”しっかり”書け! 編

 先日医療訴訟の講演会に出席してきました!ドイツの民事医療訴訟についての講演会でしたが、ドイツでは日本の10倍くらい(日本では800件程度)医療訴訟があるそうです。日本ってこれでもかなり守られているんですね。

 ドイツの民事訴訟は、まず患者側が病院を提訴して、病院側が無実である事を証明するという手続きのようです。必要であれば、患者さん側は情報を取る為に介入したり、専門家に陳述をお願いできたりするようです。それで医療側が釈明できない場合は、患者側の訴えを通す的なジャッジがなされるという事でした。その為、訴訟の件数も多いという事でした。

 日本でどうなっているのかとかよくわからないんですが、英国の場合のケースが質問で出ていました。英国ではまず訴訟前に病院に情報開示を求める事ができて、それから訴訟にするかどうか決めるということで、ドイツも日本も訴訟しないと情報開示できないから、英国の方がシステム的には優れているのかなと思いました。情報さえ開示できれば、原因追及もしやすいので訴訟で勝てるかどうかがわかりますから、無駄な訴訟でお互い疲弊しないという部分があるのかなと考えます。実際に情報開示してから訴訟に至る割合が英国は5%程度という事で、社会システムとしは英国はやっぱり賢いなーと思った次第です。

 結局患者さんなんて、責任追及と原因追及がうまくなされないから訴訟起こすと思うので、原因追及がうまくできて、責任が誰にも無い事がわかったらもう訴訟しないと思うんですよね。どちらかがこじれるから訴訟まで行くのではないかと。もちろん変な人時々いますが、そういう人はまず入り口に立たせないことですね。

 ま、医療訴訟なんて受けた事無いんでよくわかりませんが、こないだの整形外科研修医のミエロ事件を紹介して、研修医の先生がトカゲの尻尾きりにあう事が多いのでなんとかなりませんか?と教授陣に問いつめてみましたが、ドイツではジャッジが弱者の意見をよく汲み取るようにするという事でした。病院も、医局も、ジャッジも、マスコミも、みんな四面楚歌な研修医の先生は可哀想ですよね!!

 みんな結構この研修医の先生馬鹿にしてますが、

”明日は我が身だよー”

 ってことをここで警告しておきます。日本では普段の身の振り方がすべてを決める部分が多いんですね。怖いですよね!危険な先生の下では働かない方がホントいいですよ!上司に嫌われないようにしましょうね!そしてカルテ”しっかり”書きましょうね!

 何かあったら指導医の陰に隠れられるようにしておくのが重要です!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

日本はキリステ教が流行っているの? システム改革なしにトカゲの尻尾切りするの、そろそろやめませんか?

なんか長野の防災ヘリ墜落の件ですが、専門家の意見を読んでいると、医療と同様の絶望感に打ちのめされてしまいます。
http://blogs.yahoo.co.jp/bell214b1989/71077401.html

つまり、システムとかの問題に帰結せずにトカゲの尻尾きりみたいになって、問題が解決されないという部分ですね。

例のミエロ事故の件でもそうだったのですが、
”日本医療安全調査機構のお膝元での研修医の事故”という笑えない状況であり、
木村壯介氏の件
http://medg.jp/mt/?p=7245
根が深い問題かなと思うのですが、結局誰も追求する事無くスルーされ、問題のありそうな研修病院も研修病院資格停止の処分もなく研修が続行されている訳ですよね。

医療業界でも、原発でもなんでもそうなんですが、この国では

キリステ教ですね、末端を切り捨てたり、トカゲの尻尾切りをする宗教が流行っているのかな?
と危惧しています。

このような中で働く研修医は、それ相応の立ち回りを普段からしておくべきかと思います。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

一番リスクが高いところから事故は起こる。 長野県防災ヘリ墜落事故

長野県防災ヘリの件、救出される人がいることを祈っています。

ただ、長野県防災ヘリについては
http://blogs.yahoo.co.jp/bell214b1989/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=%C4%B9%CC%EE%B8%A9%CB%C9%BA%D2

神パイロット先生が、このように評価していました。

つまり、

次落ちるとしたら、長野県が一番怪しいな。

という類の評価が外部から既にされていたという印象があります。
組織の存続性という部分と山岳地帯というリスクを考慮すると、長野が一番危ないと私も感じていました。

このことで、県の責任者は糾弾されるでしょうが、糾弾されるような情報が果たして出てくるか、報道されるかどうか、という部分に、組織の健全性、つまり、再発自己防止という部分が出てきます。

なんとなくですが、情報を公開しようがしまいが、現状でも存続困難な部分をどうしようもできないでしょうから、多分継続しない方向になるのかなと。

長野県には松本駐屯地もあり、ヘリ部隊もあるようので、結局防災ヘリが導入されていない県と同様になくても自衛隊さえ頼れば防災ヘリなどいらないという結論になります。

昨今、自衛隊が活躍するのが嫌なので導入された?とも言われる防災ヘリですから、縮小していくのかどうか、注目しています。

薬剤偽装 実は根深い問題。 普通に薬処方したのに、別の薬が処方されるヤバいリスク。

これですね。
http://www.nikaidou.com/archives/88570

なんか背景わかんないんですが、ブローカーが変な薬売ってたのが、一般の薬局に流れたっていう中国みたいな事件が日本でおきてしまったってことですかねー。

一般の病院はしっかりしたところから薬を購入すると思いますが、
こういうブローカー、結構いろんな入手先と売却先があるから存続している訳で、
どこまで入り込んでいるか正直わからないですね。

つまり経営破綻しそうな薬局で患者さんが薬買えば、
それで変な薬つかまされる可能性があるってことですよね。

リンク先のようなテロ?とまでは思いませんが、
正直これは、今の医療界に置かれている厳しい状況を考えると、
非常にまずいニュースなのではないかと考えました。

県の担当の人にちょっと相談してみます。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

全国防災ヘリ事故記録 ドクヘリの墜落は幸いまだありません!

最近の公的ヘリの墜落事故をまとめてみました。
http://blogs.yahoo.co.jp/bell214b1989/64689909.html

1999年 奈良県防災ヘリ墜落(ベル412EP) 死者なし
2002年 新潟県警ヘリ墜落(ベル206L-3) 死者なし
2005年 静岡県警ヘリ墜落(A109K2)乗員五人死亡
2009年 岐阜県防災ヘリ(ベル412EP) 乗員3人死亡
2010年 埼玉県防災航空隊ヘリ(AS365) 乗員5人死亡

 なんか長野県で事故が起こってばかりいるので、長野県防災ヘリが落ちてばっかりいるのかと思っていたら、事実誤認でしたね。防災ヘリは、奈良、岐阜、埼玉で墜落してるんですね。

 県警ヘリも2機墜落してますね。

 なんとなくですが、結局ヘリコプターも出動時間や訓練時間が増えればそれだけ落っこちるので、ヘリコプターの基数に見合ったニーズという物がしっかりとリーズニングされていなければならない訳で、なんのために必要なのかというのはとても重要ですよね。

 それに比べると、ドクヘリは運行されたばかりですが、まだ墜落事故が起きていないので、優秀なんでしょうかね。いつかは事故は起こるとは思いますが、飛行時間等で判断頂きたいと思っています。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

マンガで学ぶ 家庭防災! by JPSSO

http://www.jpsso.org/
からの拾い物です。

sss


ここで家庭の防災マニュアルを漫画化しているようです。
http://www.jpsso.org/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC-%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E3%81%AE%E9%98%B2%E7%81%BD%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB/

熊本地震をきっかけに整備してみてはどうでしょうか。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。


物流復旧がキー みんな持ち場でがんばりまっしょ!

熊本ものすごい大変ですね。余震もすごく頻繁で、本当に心が痛みます。

 以前災害支援に行ったとき感じた事なんですが、

 その時は陸路がしばらく通じていなかった地域に乗り込んだんですけど、陸路の物流が途絶するとものすごいリソース不足が起きるので、本当に大変なんですよね。水の制限とか本当に精神を蝕みます。

 逆に言えば、物流さえ通ってしまえば、あとはどうとでもなるというか、復興が相当進むので、自衛隊や建設の方々ですよね。まず第一に頑張ってほしいし、早く道路が開通してほしいです。

 熊本はまず”お金が必要”という事なので、自分としては楽しく応援したいので、熊本製品をじゃんじゃか買い込んで、食べて応援を実施しようと思います。みんなでできる支援をしていきましょう!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。






整形外科的Blogの自己評価 ライバルは月刊プレイボーイです。

今日は当ブログの評価をしてみようと思います。

結局便利に組み立てているだけという点ですね。

 自分の施設以外の他の先生が何をしているとか、そういう情報があまりないので他の先生のブログを流し読みするというページが欲しく、普通のRSSだと見落としてしまうので、ブログにしてヘッダー眺めているだけで整形外科の近況が把握できるというメリットがあります。

 あとは最近はニュースにならないニュースですね。例のパナマの件ですとか、株や相場に敏感に反応するニュースがなんとなくテレビよりネットの方が早いので、そういうようなニュースソースや国際ネタを自分なりにピックアップしています。

 偏ってないですか?ってわりとソースは偏っていると思いますが、それなりに自分なりに咀嚼した結果なので、これで良いかなと思っています。新聞も雑誌も読んでいないんですが、わりと印象では月刊プレイボーイレベルくらいは情報力があると個人的には思っています。(本当はグラビアも実現できると良いんですが、、)もし問題があるぞ、ということでしたら、こっそり問題のポイントを教えて頂けると幸いです。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

インターネット突発事故記録 医療従事者も結構巻き込まれてますね。

再掲しておきます。

インターネットに関わる事件に医療従事者が巻き込まれてしまうという事例をまとめてみます。
いわゆる新人の方が注意するポイントですね。

1、やめ6事件

http://orthopedic.jp/archives/52069614.html

福島医科大学の忘年会芸の動画が公開されてしまい物議をかもした事件です。
宴会芸とか記録するの絶対なしですからね。。

2、消防士さんが全裸の写真を取られて報道されるの巻

http://orthopedic.jp/archives/52122354.html

これはfacebookです。うちわだと思っても、そうではないと思ってたり、設定が公開になっていると酷いことになってしまいます。

3、クソ死ね事件

http://orthopedic.jp/archives/52230269.html

先日あったブラジル人への暴言について因縁をつけられている動画がfacebook通じて全世界に発信されてしまった事件です。こと間違うと外交問題にまで発展しそうな事件だったので危ない事件ですよね。

っていうかんじです。

もっとたくさん事件はあると思うので、
またいろいろ教えてくださいね!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

病院のベッド搬送レースについて 日本だと速攻炎上しそう、、

 USAの話なんですが、ちょい昔、ドラマERでベッドの搬送レースをやってたので、これ日本でもやったら絶対面白いのに!と思う反面、炎上する可能性高いので、難しそうだなと思っていました。

こんなんですよ!


http://www.annandalechamber.com/hospital_bed_race.rhtml

 なんとなく開催するとすると、MEさんがかなり張り切って練習し、ERかMEグループの趨勢で勝負が決まりそうな気がします。。普段から病院でイベントですね、駅伝なりサッカーやバレー大会なり開催してる病院は、なんとかこういうのも普及してくれると、ベッド搬送技術というのも高まるのではないかと思った次第です。結構ベッド搬送って難しくって、視界を広く取って、壁にぶつけず、搬送するのって技術が必要です。

 そういわけで、今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

P.S. 研修医のとき、カーブで振り落とされた妊婦さんをたまたまキャッチした事のある整形外科医より
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ