整形外科的まとめBlog

運動器疾患を担当する整形外科のBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を背景にまとめて取り上げてまっす。

危機管理・リスクマネジメント

もう一人の山中先生。 小児科には安全学の専門家、山中龍宏先生がいます。

 子供の事故ってわりと同じ事故が繰り返されるので、構造が似通っていると普段の臨床でも感じていたのですが、事故をデータベース化して管理して、事象を予想しようと言うのが山中龍宏先生です。

 面白いなと思ったのは、年代によって起こりうる事故というのは大概決まってくるそうなのですが、これに対応する予防教育を地域で行っても、有意差を持って結果を出せなかったのだそうです。

従って研究の方向性は、

foolproofの方向に
行っているそうです。

kd-wa-meti.com/pdf/090518Symposium-Yamanaka.pdf

つまり企業と協力して事故が起きない製品を改良する方向ですね。

 こちらの方が確かに確実に事故を防げますし、何よりお金に直結するのでいいですよね!

 これは医療事故業界でも同様な構造だと思うので、さっさとお金をかけてシステムを変更していただきたいと思ったりします。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。



ソーシャルエンジニアリングって何ですか? 日常的にこういう攻撃にさらされてませんか?

弁護士の先生との歓談で、

ソーシャルエンジニアリングっていう言葉が出てきました。

SNSと関係あるの?

それはソーシャルネットワークシステムです。

ソーシャルエンジニアリング
http://ja.wikipedia.org/wiki/ソーシャル・エンジニアリング

ソーシャル・エンジニアリングとは、人間の心理的な隙や、行動のミスにつけ込んで個人が持つ秘密情報を入手する方法のこと。

そうです。

よくあるマンションの勧誘ですね!

僕の同級生の名前を語るので、一回引っかかったことがあります。大学の名簿を持ってるんでしょうね。

手口の一例として、

・学校の同級生の親族をや警察を名乗り、本人や他の同級生の住所や電話番号を聞き出す
・宅配便を名乗り、住所が良く判らないという口実で正確な住所を聞き出す
・興信所を名乗り、本人に縁談があるという口実で素行などを聞き出す
・警察や公安委員会、裁判所を名乗り、住所や電話番号、家族構成、勤務先、通学先をなどを聞き出す

などですね。

怖いですね。気をつけましょう。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

小児プロポフォール投与死亡事件について 注意勧告されてるものは使わない方が良いですね。

これですね!

http://blog.goo.ne.jp/kentagoo1208/e/5907e0c20bd90c3035adbe81f8eb69a5

やっぱり未承認の部分を使っているたとえそれが何も問題なくても訴えられうるんですよね。
使えるのはわかってるけど、ややこしいから使わないというのが前の麻酔科ボスの意見でした。

これ鎮静では便利な薬なんでしょうかね。
 
導入なんかにも使ってる先生多いと思うのですが、
別に小児は吸入麻酔で問題ない事が多いので、
プロポ使うのがちょっと理解できないんですが、
そんなに便利なもんですかね、、

ガスの臭さ?嫌がるのを無理にさせたくない?

そもそも喘息を考えれば、プロポよりガス麻酔の方が有利だった気もするんですが、
泣かれてしまっては元も子もないというのもあるかもですけどね。。
麻酔科の先生のご意見伺いたいところです。
続きを読む

テレビ番組と安全性 その2 これって児童虐待では?

12歳のテレビに出てる女の子が脳塞栓起こした事故についてです。
http://gurikenblog.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-a072.html

ウケを取る為に頸損になって麻痺を起こしたアナウンサーの件で前回もお伝えしましたが、
http://orthopedic.jp/archives/52222288.html

人を笑わせる為に体を張るのはいいのですが、
安全性を判断する部署ですね。
そういう部署がないと企業のコンプライアンス的にまずいんじゃないですか?

と思います。

というわけで、

テレビ朝日は児童虐待を推進してる超ブラックな会社なの?って疑問さえもちました。

安全性を少なくともチェックする部署がないんですか?

安全性とか判断もつかない未成年に障害を負わせたのにも関わらず、
責任問題をだれも追求しないところがさらに超絶ブラックだと思います。

とりあえず自分のところの報道番組に報道してもらうところから始めたらどうですか?
例えば、”報道ステーション”とか、、

マスコミのこういうところ、なんとかしてほしいです。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。




”クソ、死ね”事件について まとめ

とりあえずまとめてみました!

1、第一報

救急外来が世界配信される時代に
http://orthopedic.jp/archives/52227980-private.html

 やっぱりびっくりしました。日本のERは殺伐してるんですが、こういう揉めてる光景が動画公開されていたというのはmedtoolz先生の”録音時代”の予測の斜め上を行っていました。

2、第二報

めっちゃ態度悪い動画が見つかる。
http://orthopedic.jp/archives/52228445.html

 これを見たら、さすがに医療従事者側をかばいきれなくなってしまったのですが、でもこういう態度の先生わりといますよね。でもポッケに手を突っ込むのはちょっとないかな。。

3、第三報

詳細が公開される
http://orthopedic.jp/archives/52228919.html

 時系列的にみると、医療従事者側だけに問題があるわけではないことが明らかになるわけですが、この問題から明らかになったのは、事前に取り決めが無いと、職員も守れない時代なんだなということでした。

4、第四報

病院から謝罪文が出る。
http://orthopedic.jp/archives/52229470.html

 こういう事例だけに、暴言医師だけを悪者にすることで幕引きがおこなわれましたが、なんとなくこういうものが公開されないような対応もあったと思いますし、公立病院では対応できないよなーって個人的に思ったのでした。対応はこれ以上うまくはできないと思います。ハイ。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

公立病院は職員を守れない。 トカゲの尻尾きりにあう研修病院は選ばない方が良いよ!

例のブラジル人への暴言の件ですが、

顛末はこうなりました。
http://www.hospital.iwata.shizuoka.jp/oshirase/shazai.htm

平成27年1月27日

YouTubeに投稿された当院救急外来の対応について
磐田市立総合病院
 この度、当院医師が患者様の父親に対し、不適切な発言をしたことについて、謹んでお詫び申し上げます。
不適切な発言をした医師に対しては、病院長から厳重注意を行いました。今後、二度とこのようなことがないよう病院全体で再発防止に努めて参ります。
 また、患者様の父親との間には、言葉の問題から数々の誤解があるようですので、今後改めてお詫び申し上げると共に、真摯に、丁寧にご説明を行って参ります。

これは一見良さそうに思うのですが、
続きを読む

例のブラジル人への暴言の続報 詳細が公開される。

yahooニュースです。状況が少し詳しく載っています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150127-00000010-jct-soci

(2015年1月27日20時40分追記)

 病院は1月27日夜、書面で改めて経緯を説明した。それによると、2人の医師の判断で緊急に治療する必要がない旨の説明をした。その後、以下のような経過をたどったという。

  (1)この説明に対し患者の父親は納得せず、入院希望、症状の原因特定、更には急変時の責任の所在や診断書の作成等を執拗に迫ってきた。
  (2)診断書は正確を期すため、実施できる検査に限りがある夜間救急では、書かないルールとなっていることを説明するが納得しなかった。
  (3)万全を期すため小児科医を呼び出し、専門医からも病状と対処について説明するも、耳を貸さず、大声で自己主張を繰り返すのみ。自分の大声や言葉に更に興奮し、医師に食ってかかる態度を繰り返した。
  (4)その後一人の医師が父親に対し、不適切な言葉をつぶやいた。
  (5)その言葉に反応し、患者の父親は当該医師の胸ぐらをつかみ、両手で突き飛ばした。
  (6)この後から患者様のご家族は、スマホとタブレット計2台で動画の撮影を始めた。
  (7)これについて、当該医師は不適切な発言を反省し、謝罪した。

とのことです。
続きを読む

外国人への暴言の件の続報 めっちゃ態度悪い動画が見つかる。

例のブラジル人?キューバ人?の患者さんへの暴言の続報です。
http://orthopedic.jp/archives/52227980.html

2chでスレッドを見つけたんですが、
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/ms/1422102461/l50

病院の対応も心配なのですが、



続きを読む

救急外来が世界に動画配信される時代に

今回はこれです。
ブラジル人が、医師の暴言にブチ切れている動画ということですが、
http://alfalfalfa.com/archives/7770844.html

最初の部分はなくブラジル人とその通訳しか話していないんですよね。。

続きを読む

テレビ番組と安全性 ここまでやる必要が本当にあるんですね?

この前イッテQ!でイモトが雪に頭から突っ込んで頸損を起こしそうになってました。
テレビ番組では冬のスキーなどで結構けがしてる人もちらほらいるのですが、
テレビ番組中に大けがをしてしまった例というのでショッキングなのがこれです。
http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/54522813.html
これ麻痺まででちゃってるんですよね。

この方は、テレビ局に復帰されてお仕事もしていますが、
仕事の上で笑いを取る為に、ここまですることはないと思いませんか?

他にもたくさんあります。
http://www.akb48matomemory.com/archives/1006173722.html
http://blogos.com/article/86861/

というか、番組上、
安全性をコンサルトするって言うのが有効に機能していないんじゃないかと思うんですね。
登山番組にしろリスクをしっかりと判断できているのかが気になります。
こういところは本当は整形外科医師や救急医師の活躍できる場所なのかなーと思ったりもします。

ま、テレビ業界はこういうリスク含めてのお仕事だとは思いますけどね。
(目頭たてすぎると面白くなくなりますからね。)

ただ、こういうのがあると、また輪をかけて類似の事故が学校で起こったりするんですよ。
ですから本当にやめて頂きたいと願うばかりです。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

ゾロってわかりにくいですよね! マスキュレートっていう僕の嫌いな薬の一件について。

http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/35580248.html

http://blog.kumagaip.jp/article/109566458.html

マスキュレートとマキシピームを間違えたという一件です。

これ起きるべきして起きた事故なんだと思います。

*パスワードわからない方は、以前の記事にヒントが載っているので参照してください。

続きを読む

選挙終わりましたね! ホッとしてます。

shouhizei


今回は自民党陣営に参加して選挙なるものを応援してみましたが、
選挙って、

抜き打ち試験

みたいな感じですね。

普段どれだけ地元を回れたか、
報告会を開けたのかで
勝負がすでに決まっているんですね。

もちろんスキャンダルや
事件や、いろんなことで失脚を狙えるわけですが、

普段から関係ができていれば、
選挙民からの信頼は揺らがないわけです。

これ、

患者さんとの関係とも似ていますね。

どんな事故が起ころうが、普段から関係ができていれば
ある程度修復できるけど、
関係が悪かったり、疎遠だったりすると、
ちょっと難しい状況なこともあります。

だから、僕らは普段マスを対象にしたコミュニケーションは
住民教育のための講座とかになって限られると思うんですが、
(年間あってる人数的にはかなりの人数だと思いますが、)

普段から政治家と似通ったことしてるんだなって思いました。

ま、今回は自民党が勝ってホッとしています。
大勝と報道されても大敗することもあり、選挙は水ものらしいのです。

しかしながら個人的には消費税を上げないでほしいので、
これ、ホントなんとかならんかなーって思っていますよ!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

法律でも憲法9条でも守れなかった小笠原珊瑚。 日本人は物欲を捨てるべきなの?

いやー。珊瑚ですね。
これ、小笠原は世界遺産級にキレイだったはずです。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1819215.html
もう見れないのかーと思うとダイビングやっててる人はガッカリでしょうね!

観光資源というか、
世界の財産がこうむざむざ破壊されるというのに、
日本人の苛立ちがかなり高まると予想されます。

ま、被害者ヅラして世界にアピールという手もありますが、
世界としては、

なんなの?馬鹿なの?どうして拿捕しないの?

っていう風潮でしょうから、同情されないでしょうね。

今回はどうして銃撃&拿捕に踏み切れなかったかというと、
武装船団が隠れているかもしれず、
戦闘になった時は大規模戦闘になるリスクがあったので、
作戦的に実行できなかったようです。

つまり、軍事的に人海戦術には対応するのは難しいことを認めたわけで、
これ、実は大変大きな意味を持っています。

つまりね。

東京オリンピック前にかならず大船団が尖閣沖に来るってことです。
事前に対応を決めておくと、こないと思いますけどね。

尖閣に近づいたら木っ端微塵にすると。

決めておけば戦争は起こらないし、
優柔不断な対応が戦争を生むことになります。

アチソンラインや近衞総理という、
優柔不断さが戦争を引き起こす二の轍を踏むかどうかを注視しなくてはなりません。
温故知新ですね。
歴史を学ぶことは大事です。
特に戦争に関しては。

*アチソンライン 第二次大戦後、アメリカが朝鮮を防衛ラインに含まなかったことから、アメリカが侵攻しないと判断し、北朝鮮が日本侵攻に乗じて南進してがらがらの南朝鮮に侵攻し、朝鮮戦争が開戦した。

*近衞総理 優柔不断で有名。この総理がしっかりしていたら先の大戦も起きなかったかもしれない。

エボラアウトブレイク その2 勝利条件と敗北条件 quarantineはいつ誰が発動させるの?

エボラウイルスが騒がしくなってきましたね!

先進国や国内では絶対広がらない!

って感染症の先生が断言しているので安心してみていまっす。
http://www.orthopedic.jp/archives/52177095.html

米国の二次感染例は、初期に対応した施設が専門施設ではなかったと言う事で、
移送になりましたよね。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NDJPTB6KLVRM01.html

日本でも専門に対応できる施設は限られるようなので、
そもそもリソースが限られるような気がします。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou15/02-02-01.html

1つの敗北条件とは、このリソース以上の感染者が出てしまう事ですね。

これに対応するquarantine(検疫)については、
追跡調査したり(日本)、
入国の空港をしぼったり(米国)、
入国制限や入国禁止(コロンビア)なんていう施策もありますが、

いつの時点で
誰が
どう判断するのか


という問題ですよね。

ただ単に全部施策をとる事が大事なのではなく、
経済的被害を考慮しながら天秤を取って
感染スピードをコントロールする
と言う事になると思います。

現段階ではまだ一次感染のみ心配していればよくリスクは全然低いので
(期待値0.1人以下)
そこまで心配でないのですが、

India/Chinaという大国に飛び火するのかどうかというのがキーだと思っています。
つまり、もう1つの敗北条件が、他の発展途上国に飛び火するっていうシナリオですね。
隣の超大国に行ってしまったら、事実上対策はお手上げですよね。。

ですから、”国際貢献”というのが一番大きなテーマになりますが、
医療従者としてはあまり自衛隊自衛隊と言う立場にありません。
明日は我が身と言うか、
なんか強く”言ってこい”なんてとてもとても言えないんです。

だからせめて自衛隊のスタッフが行く時は

無事をお祈りしております!!!

ということで

邪魔しない
足を引っ張らない
無事でいてねと祈る。


位しかできませんが、
なんとなく自国内に止まらない問題なので、
ここは頑張りどころなのだと思います。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

被害を大きく見せたいの?小さく見せたいの? はっきり言って報道の人って邪魔なんですけど。。

今回の台風19号ですね!
なんか思ったより被害が全然少なくてよかったですね!

でも今回は報道がなんかちゃんちゃらおかしいんですよ.

30代の女性が強風にあおられ転倒し足首を捻挫する軽症を負いました!
とか言われても、だから?って感じですし、

骨折でも
頸部骨折ならまだしも、
肋骨骨折を伴う大けが
とか言われても、だから何?って感じなんですよね.

なんか台風被害を水増ししたい一心で報道してるんじゃないかと思ってしまいます.

重傷 治療に一ヶ月以上入院が必要な場合
軽傷 治療に入院が必要ない場合


と報道用語が決まっているようなのですが、
これだから警察でも何でも全治見込みを聞くわけですね.

まだ検査終わってないんだから最初の段階でわかるかっての!
って思うんですけどね.

身内でもないのに、
なんで治療のなんのプラスにもならないお前らに
へこへこ急いで話さないといけないんだよ!
はっきり言って邪魔なんだけど!


って僕なんかはずっとイライラしてました.

こういう情報集めてた記者さんは
現場ではかなりうざがられてるんでしょうかね。

とりあえず、こういう業界の方達は
検査初期治療終わるまで待っててもらう事ってできませんかね?

ってことで、今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。


P.S. 警察も報道も報復が怖いので早急に返すようにと職場で徹底されてた事に対して、やや反発していたorthopedicsより
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ