整形外科的まとめBlog

運動器疾患を担当する整形外科のBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を背景にまとめて取り上げてまっす。

OR・手術室

拝啓 ナカシマメディカル株式会社様 東洋で人工関節シェアをガンガン広げて下さい!

企業紹介第二段ですが、今回はナカシマメディカル株式会社様です。

2013年度にも正座のできる人工関節を作っている会社として、
カンブリア宮殿というテレビ番組にも取り上げられています。
http://ameblo.jp/piroshi-sensei/entry-11665228349.html

ナカシマって、私は長らく零戦のメーカーだと思ってたんですよ。
でも調べたら全然違って、
船舶のプロペラを作っていたのを、医療用に応用したみたいですね。
http://www.medical.nakashima.co.jp/cp/inauguration/

■ナカシマプロペラ株式会社 (リクナビ情報)
船舶用推進機器(プロペラ)の開発・製造・販売
(※市場占有率:世界トップ:国内約80%、世界約30%)


とのことなので、ものすごーい大企業です。

ナカシマではなく、ナカジマ飛行機は、スバルになって自動車開発したり、
ロケット作ったりしています。あれですね、イトカワっす。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F

ナカシマメディカルといえば、
有名な某プレートですが、
人工関節なども取り扱っているんですね。

■ナカシマメディカル株式会社(リクナビ情報)
医療用具(人工関節)の開発・製造・販売
(※市場占有率:国内第2位)


とのことでした。
国内生産での2位なので、国内利用シェア2位ではないようですが、
頑張ってほしいと思います。

人工関節は海外メーカーより
どうしてもサイズが東洋的になりますので、
アジアでの市場を開拓すると良いと思うのですが、

今後はアジアを中心に展開していくと書いてありました。
mizuhoのように、既に事業所も構えて完全に展開している訳ではなさそうなのですが、
ということは、今後の伸び白が大きい訳ですね!
(非上場なので残念ながら投資できるわけではないんですけどね。)

岡山県の代表選手、そして日本の代表選手として、
海外でも是非是非頑張ってほしいと思っております。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

P.S. TKA術後の農家のおじさんが”先生正座ができるようになりました!”って報告してくれてびっくりしたことのあるorthopedicsより。できないって言ってたのに、、結構正座がしたい人多いので、ナカシマ製を使えば言い訳ですね。

P.S. その2 と、ブログにアップしたその日に帝人ナカシマメディカル株式会社が設立されました。なんていうか、インプラント業界ってすごいダイナミックですよね。。

小児プロポフォール投与死亡事件について 注意勧告されてるものは使わない方が良いですね。

これですね!

http://blog.goo.ne.jp/kentagoo1208/e/5907e0c20bd90c3035adbe81f8eb69a5

やっぱり未承認の部分を使っているたとえそれが何も問題なくても訴えられうるんですよね。
使えるのはわかってるけど、ややこしいから使わないというのが前の麻酔科ボスの意見でした。

これ鎮静では便利な薬なんでしょうかね。
 
導入なんかにも使ってる先生多いと思うのですが、
別に小児は吸入麻酔で問題ない事が多いので、
プロポ使うのがちょっと理解できないんですが、
そんなに便利なもんですかね、、

ガスの臭さ?嫌がるのを無理にさせたくない?

そもそも喘息を考えれば、プロポよりガス麻酔の方が有利だった気もするんですが、
泣かれてしまっては元も子もないというのもあるかもですけどね。。
麻酔科の先生のご意見伺いたいところです。
続きを読む

拝啓 ミズホ株式会社様 ミズホへの社名変更は国際戦略な訳ですね!

今回はミズホ株式会社ですね!
前回の記事ではインプラントメーカーの詳細情報を把握していなかった反省を込めて、
勉強目的に勝手にメーカー紹介をして行きたいと思っております。

以前はスクリューとかでとてもお世話になっていたのですが、
最近は、いろいろなインプラントが出ていますね。
人工骨や手術台も取り扱っているようです。
(全然使ってないので知らなかったです!)
http://www.mizuho.co.jp/

ミズホ株式会社ですが、
なぜか毎年のように社名が変わったりする
他のインプラントメーカーに漏れず、
2014年度に
瑞穂>ミズホへ社名が変更になったようです。

どんな意図があるんだろうと思っていたのですが、
これは、瑞穂>mizuhoということで、

国内から世界へ羽ばたく

という意図があるようです。

そりゃ、国内市場より世界市場の方が全然シェアが上ですし、
逆にこの日本国ブランドを使わない手はないですよね!

国内インプラントとしては、
シェアはそこまで大きくない印象でしたが、
世界進出によって大きく伸びて、
もっと国内のインプラントも発展すると良いと思っています!

国内でシェアが少ない増えない嘆いていないで、
世界に進出したmizuho株式会社様を陰から応援しています。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

P.S.世界でも日本製という品質でそこそこ売れるでしょうから、潜在成長力かなり大きいですよね。シェア的には”脳動脈瘤クリップは世界トップクラスのシェア、手術台で日米共に圧倒的なシェア”ということで、整形外科関連ではない分野で強い企業のようですね。非上場ということなので、強い企業様のようですし。

整形外科インプラントメーカーの投票終了! 1位は日本ストライカーになりました!!

整形外科インプラントメーカーの投票ですが、
とりあえず終了とします。
参加頂いた55名の方々、ありがとうございました!

1,日本ストライカー
2,日本エムディエム
3,Depuysynthes ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

という結果になりました!おめでとうございまっす!

なんで一旦終了かというと、企業リストが古いんですよね。
日本の企業もあんまり入ってなかったし、、
そもそもDepuyの人工関節とはあまり使ってこなかったんですが、
synthes社と合併したので、それもJ&Jまで一緒になっているので、
企業としての評価をどうすれば良いのか不明確です。
買収などが活発でなかなか難しい業界でもあります。
日本国内では2000億円程度の産業ですから、
そこまで大きくはないとは思うんですけどね。

次に行うとしたら、

1,日本ストライカー
2,日本エムディエム
3,Depuysynthes ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
4,ジンマー株式会社
5,スミス・アンド・ネフュー株式会社
6,Biomet Japan
7,Medtronic Sofamor Danek
8,JMM 京セラメディカル株式会社
9,KiSCO株式会社 大塚medical株式会社
10,日本リマ株式会社
11,HOYA Technosurgical株式会社(旧ユニテック)
12,ビーブラウンエースクラップ株式会社
13,ミズホ株式会社
14,ナカシマメディカル株式会社

というかたちでしっかりとやります。
問題あるようでしたら、こっそりと教えていただければと思います。

確か当初のリストは会社の売り上げ順で決めたような気がするんですが、
情報がかなり古かったみたいですね。
ご迷惑おかけしました。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

ルンバールの看護について

今日はクリスマスイブですね。
特に予定もないので、イブやら正月当直が重なった研修医時代を思い出します。

検索流入をみているとルンバールの看護について
検索が多いですね。
多分新人さんがこぞって検索しているのでしょう。
ちょっとルンバールについて書いてみます。

ルンバールですが、腰椎穿刺なのか、腰椎麻酔なのか、いろいろありますね。
腰椎穿刺は
*ERなんかで髄膜炎の診断に必要ですし、
*整形外科のミエログラフィ検査で必要ですし、
*腰椎麻酔でも必要ですね。

基本は安静と静止になります。
髄膜炎では、問題になるのが子供が多いので、
静止と言っても言うこと聞いてくれないのでタイヘンでっす。

タオルでぐるぐる巻きに簀巻するテクニックやら
鎮静かける場合もあるでしょうし、
いろいろタイヘンですよね。。

大人の時でも

体位と高さがとても大切になります。
適切な体位と術者の目線とベッドの高さを合わせてあげると感謝されます.

ポイントとしては
・静止させること (痛みで動くような人は危険です。) 
・しっかり前屈すること
・穿刺方向

が大事で、
以上が守れない人は、難しいですよね。

高齢者の場合は、腰部脊柱感狭窄症が強いので、
paramedian aproachという選択肢もあります。

腰椎麻酔については
複雑なので、また別の機会に書くことにしまっす。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

手術室での透視の利用、違法じゃないですか?

http://mainichi.jp/select/news/20131108k0000e040178000c.html

これです。これ!!!

やばいですねー。

これまでの職場で、
レントゲンをお手伝いしてもらわなかった職場は、
ないといってもいいくらいです。

もちろんフットスイチを押すのは、
自分ですることが多かったですから、
確かに違法性は少ないかもです。

装置を押してもらったりとか、
そういうのもダメそうなのかもで、

厳しいです!!

ちょっと注意が必要ですね。。
気をつけましょう!!

orthopedicsとしては、
とりあえずipadなんか連動させて、
音声認識で透視をできるように
ソフトを作ってもらいたいっすー。

Siriなんかには、、
”わたしにはしかくがありませんのでできません。”
とか言われそうですから、、



今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

腰椎麻酔のポイント とりあえず7つのポイント

とりあえず腰椎麻酔のポイントをまとめておきます。

1、腰椎麻酔は穿刺すれば良いという手技ではなく、
麻酔計画の一操作という事を忘れないこと。
(これにすべて包括される。)

きっちり術前計画を立て、術中観察をして、
術後観察も必要な一連の戦術であることを忘れない。

ありがちなストーリー

・腰椎穿刺後に、手洗いに行ってショックに気がつかない。
・抗凝固療法の人に腰椎穿刺
などなど

基本的には自分で行わず、麻酔科の先生にお願いするのが吉ですけどね。。

2、10代の人の腰椎麻酔は原因不明の血圧低下など
予想外のことが起こる可能性があり避けたほうが無難。

3、短く(1時間)とかで切れる場合があるので、
長い手術になる可能性がある場合は全身麻酔、硬膜外麻酔を併用する。

4、ゆっくり効かせたい場合は、やや大目の容量でゆっくり入れる手技で
やや長時間の腰椎麻酔を施行出来る。(経験則のみ、エビデンス不明。)

5、手技の手順
・体位が重要 しっかり体位を取らせることができたら半分終わり。
・目線穿刺方向の高さが合うほうが間違いにくい。
・腰椎の側湾に気をつけて、正中、もしくは傍正中を想定する。
・皮下脂肪を考慮して、長い穿刺針を準備する。
・血圧低下が起こると思って行動をしておく。

6、患者教育が必要。
・しっかりと体位をとっていれば早く終わらすことができること。
・痛みがないように努力すること。
・痛みがあっても動いていたり避ける動作をしている限り、終わらないこと。
・針が迷入すると危険なので痛くても動かないこと。

以上が守れない、小児、小児に類似する精神疾患、小児に類似する人格障害者には腰椎麻酔や硬膜外麻酔は避ける。術前回診で判断する。

7、適応外を見抜くこと。
上記参照。
硬膜外麻酔にしても、循環動態を大きく動かすので、心臓が悪い人は軽い全身麻酔のほうがリスクが低い場合もある。

とりあえずこんなところかな、、追加などあればいろいろご指摘ください。



今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。



もし整形外科医がフルに手術室で働いたとしたら、、

勤務してて思うことですが、
外科医として、仕事がやけに制限されてるなーと思うわけです。

手術ばかりみっちりできたらいいのにー!
とか思うわけです。

今回は、
整形外科医が週3日手術日をもらえて好きに手術できるとなったらどうなるか
ということをシミュレーションしてみました。

すべての手術が頸部骨折だとすると、
手術+麻酔時間が1時間、BHAで2時間くらいですから、
平均1.5時間くらいの時間だとすると、9時からはじめたら、
午前中に2件、午後に3件はできますね。

1日5件、週に15件、月に60件、年間720件です。
保険診療は骨折の点数は20万円くらいですから、

K046 骨折観血的手術
1 肩甲骨、上腕、大腿
18,810点

保険診療売り上げが1億4千万くらいですね。

BHAでインプラントが入れば、
それも結構いいですしね!

これにプラスして麻酔+病棟の料金など加算されますから、
結構これで回る気がします。

退院・転院まではどうしても1ヶ月(4週)はかかりますので、
4週分の病床(60床)は確保しなければいけません。

1人で60床管理はチトきついので、ナース、看護助手、SW、などが定数必要ですね。

というわけで、きっちりと整形外科医を中心に物事を考えると、
すっきり経営になる気がします。

たいていの病院は
主軸となすところを間違えてるから、
効率のいい経営ができないんじゃないかと思ったりします。

・こんなの総合病院じゃ無理だから!
・手術は頸部骨折だけじゃないでしょ!
・専門性が異なる手術症例も多いよね?

・そんな患者さん集められないでしょ?

などなど常識的な批判が起こるとは思いますが、
手術室の運営が、この形に近い病院があることを私は知っています。
患者さんを集めたからって、ベッド不足やリソース不足で逃しているのはどこの職場ですか?
効率を求めるシステムは設計可能です。

効率がいい病院は、大概整形外科単科の病院ですけどね。

ですから、ほとんどの総合病院は、医師不足なのではなく、
経営脳が足りない。

のじゃないかと思っています。

まぁ、役割分担的に総合病院の役割が、幅広い仕事に対応することであって、
利益乗せることが第一目標でないことが原因だと思いますけどね。。

最初にまずは、

外科医の手術1時間あたり単科を計算する
ことからはじめてもいいと思いますけどね!

そしたら変にこだわったりしても、手術成績が上がらないことに気づいて、
手術もほどほどで手を打つようになって、
手術部ナースにもウケが良くなると思いますけどね!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形外科医オススメの機械メーカー開票結果。

以前の好きな機械メーカーの記事ですが、
みなさんに投票を頂いております。
投票ありがとうございます。

とりあえず半年の結果発表ですね。
http://www.orthopedic.jp/archives/52074962.html

1位: Synthes
6件 (19.4%)

同1位: Stryker Orthopaedics
6件 (19.4%)

3位: M.D.M.
4件 (12.9%)

同3位: Biomet
4件 (12.9%)

同3位: Smith & Nephew
4件 (12.9%)

ということで、

SynthesさんとStrykerさん、おめでとうございます!!

でも、海外のメーカーばかりでしたね。。
おっとMizuhoやKyoceraを全然取り上げてないですね。。

というわけで、掲載を希望する企業のMRの方は是非是非連絡くださいね!!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

祝 eせいけい マンガ第十話 抜釘、されど抜釘、、、 配信☆ 応援ありがとうございます!!

半年強かけて第10話配信まで、こぎつけることができました!!
イラストレーターの各先生方には納期の問題などもありましたが、
いろいろご協力ありがとうございました。
また読者の皆様も応援ありがとうございました。

第十話 抜釘、されど抜釘、、、
原作 eせいけい
作画 はなさか爺

yuu2332
どうなる?有先生?

tadasi22
え、、正先生まで、、術中トラブルですか??

真相は、、、

メルマガで!!
http://www.mag2.com/m/0001582169.html


今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

マイクロ手術がうまい先生の特徴。

とりあえずマイクロ手術がうまい先生の特徴です。個人的な感想文になってますが参考になれば。。

I先生
手が震えない。無駄のない動きをする。端的にいうと日常生活からして優雅。

K先生
毎日練習を欠かさない。基本に忠実。ミスがない。いつも他人に厳しい。

U先生
震えるけど、スピードが早く、結果的に効率が良い。

H先生
常に雑談しながら手術をしている。何種類かの得意な手術パターンをもっていて、いつも簡単な手技に結び付けている。難しいことをやらないで、どうしたら簡単に手術ができるかを考えている。

ということで、技術的な面と、戦術的な面があると思います。技術はある程度以上行ったら、あとは戦術面に気を使えるようになると良いのではないでしょうか。
でも、技術をよくするのも戦術目標なんだけどな、、




今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

マイクロサージャリー(手外科・手の外科)の研修 その2

マイクロサージャリーの研修 その2

私はマイクロサージャリーを専門施設で1年研修しましたが、みなさんはどこで研修されましたか?

国内で研修医を受け入れてくれる手の外科研修施設は

・新潟中央病院(新潟大学整形外科系列)
・聖隷浜松病院(新潟大学整形外科系列)
・岡山大学病院形成外科(岡山大学形成外科系列)

があります。先日聖隷浜松の大井先生のお話では全国からレジデント受け入れているとのことでした。新潟中央病院だと無給で働いたり(バイトで生計)がデフォだったので、研修待遇も改善している印象です。
(*新潟中央病院からは手の外科の施設が独立したという下記コメントを頂きました。201703追加)
https://www.tenogeka.com/

手の外科研修はもちろん症例数が多い病院で研修したほうが症例は勉強できますが、私が考える研修のポイントは

1、マイクロの初期技術指導(約1週間程度)をしてくれるか否か。
2、自分でマイクロサージャリーを担当できるか。
3、指導医の手術スキルがいいこと。

というのに尽きると思います。

 技術がうまくない先生とうまい先生について、うまくない先生の失敗するポイントを勉強するのも勉強にはなりますが、それも何がポイントかを見抜かなければいけませんから、やはり初期技術指導が大切になってきます。
 上記の3つの施設は初期技術指導をしてくれるようなので、他の施設で研修することになっても、初期技術指導を受けた上で臨床研修したほうがいいようなきがします。もちろん器用不器用というのはどうしようもありませんが、研修を受講しておくととりあえず標準的な知識と技術が身につく(ハズ)ですので、いいと思います。


国内外科研修(マイクロサージャリー)

マイクロサージャリーのトレーニングコースを国内で開放しているのは、岡山大学形成外科です。 http://www.okayama-u.ac.jp/user/keisei/kenkyu.html 血管吻合
MRC内写真
トレーニングコースもカリキュラムがしっかりとしていて、しっかりラットを使って研修ができるとの事。学生も受け入れており、整形外科を目指すのであれば学生のうちにトレーニングを受けることを是非お勧めします。 (私もラットの尾っぽの再接合までトレーニングコースでトライしました。) 私はケンタッキールイビル大学のマイクロサージャリーコースを受講しましたが、とても有意義でした。 こういうオープンなコースはどんどん増えてほしいですね。 ちなみにマイクロのセットで一番お勧めな機械は、ケイセイ医科になります。 とくに鋏が全然違うので是非購入してみてください。 http://www.keiseimed.com/

放射線被爆が怖くて整形外科医できるか!ゴラァ!!


毎日被爆してる整形外科医としては、被爆が怖くて仕事ができるか!
と日々の報道に対して怒っています。
もちろん循環器内科の先生よりは全然被爆しないので、、整形外科医はそうでもないんですが、それでも外科医平均の寿命が10年は短いので、なんらかの影響はあるんだろうなと思っています。

さてさて、いい機会ですので、放射線防護について勉強してみます。
学生のときの資料を引っ張ってきてもいまいちよくわかりません。

被爆には単位があるようです。
100レム=1シーベルト
これで、250mSV(ミリシーベルト)以下であれば短期的な影響は受けないとされています。
慈恵大学小児科浦島先生による被ばく線量の資料
http://dr-urashima.jp/pdf/2011314nuke.pdf
1次被爆での被ばく線量による被害想定
250mSV   健康被害が出現し始めるポイント
3-4000mSV 約50%死亡
6-7000mSV 約100%死亡

というわけなので、自衛隊員の人は被爆覚悟でがんばっているわけですね。

ただ、残留放射線による2次被爆については、僕らはどうすることできないので、2週間くらいは無用な外出を控えたほうがいいかもしれないですね。

まぁ明日も遠出のパートですが、放射線にめげずにがんばってきますよ!
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ