エボラウイルスが騒がしくなってきましたね!

先進国や国内では絶対広がらない!

って感染症の先生が断言しているので安心してみていまっす。
http://www.orthopedic.jp/archives/52177095.html

米国の二次感染例は、初期に対応した施設が専門施設ではなかったと言う事で、
移送になりましたよね。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NDJPTB6KLVRM01.html

日本でも専門に対応できる施設は限られるようなので、
そもそもリソースが限られるような気がします。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou15/02-02-01.html

1つの敗北条件とは、このリソース以上の感染者が出てしまう事ですね。

これに対応するquarantine(検疫)については、
追跡調査したり(日本)、
入国の空港をしぼったり(米国)、
入国制限や入国禁止(コロンビア)なんていう施策もありますが、

いつの時点で
誰が
どう判断するのか


という問題ですよね。

ただ単に全部施策をとる事が大事なのではなく、
経済的被害を考慮しながら天秤を取って
感染スピードをコントロールする
と言う事になると思います。

現段階ではまだ一次感染のみ心配していればよくリスクは全然低いので
(期待値0.1人以下)
そこまで心配でないのですが、

India/Chinaという大国に飛び火するのかどうかというのがキーだと思っています。
つまり、もう1つの敗北条件が、他の発展途上国に飛び火するっていうシナリオですね。
隣の超大国に行ってしまったら、事実上対策はお手上げですよね。。

ですから、”国際貢献”というのが一番大きなテーマになりますが、
医療従者としてはあまり自衛隊自衛隊と言う立場にありません。
明日は我が身と言うか、
なんか強く”言ってこい”なんてとてもとても言えないんです。

だからせめて自衛隊のスタッフが行く時は

無事をお祈りしております!!!

ということで

邪魔しない
足を引っ張らない
無事でいてねと祈る。


位しかできませんが、
なんとなく自国内に止まらない問題なので、
ここは頑張りどころなのだと思います。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。