整形外科的まとめBlog

整形外科専門医が監修しているBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を幅広く取り扱います。専門医試験対策はアップデートされますので過去ログ参照してください。青森・東京・関西圏対応

マイクロサージャリー

@@とマイクロ鑷子は使いよう。血管、自分で挫滅させてませんか?

yuu2332
 今回はマイクロ鑷子についてです。
私はマイクロ鑷子の使い方って結構難しいと思いますし、
初心者のマイクロサージャリーでのミスの多くは、
マイクロ鑷子の使い方に起因すると思っています。

どういうミスが多いかというと、血管や神経をマイクロ鑷子で捜すため、
軟部組織を挫滅させ、ずたぼろにした挙句、

組織ないですねー。

ってなる結末です。

組織がないんじゃなくて、おまえが壊してるんだよ!

と思うのですが、本人にはわかりません。

下手だから。

末節の指紋の中心以遠の損傷の場合はともかく、
普通に挫滅した組織でも、血管が探せないほうが珍しいような印象があります。

ポイントは、

・大きく展開する。
・プレパレーション技術を上げる。

 ということなのですが、
うまくならない人はなぜかうまくならないのです。

結構経験してる人でもプレパレーション下手な人はずっと下手だし、
展開を小さく終わらそうとする人も無駄に時間かかります。
基本トレーニングなってない人は、年取っても全然うまくなりません。

 私はマイクロ鑷子は血管を傷つけかねないので、
先の丸いマイクロ鑷子を使ってます。
あとは、別に普通の鑷子や形成剪刀ですね、
これで展開はほぼ問題ないので、
プレパレーションの仕上げにしかマイクロ鑷子使わないかもしれませんね。

 どうしてこんなこと考えているかというと、
マイクロ講習でVeinGraftで私は手間取ったからですよ!!!
動脈とは違い、少しでも穴を開けると失敗するのです。
Veingraftはほぼプレパレーションで決まってしまうため、
いまだにVeinのプレパレーション失敗してキー!!
となる時もあるので、Veinってやっぱり難しいですよね。。。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

指の震えって気になりますか?手術中に手が震えるのをどうおさえるかのレクチャーまとめ。

マイクロサージャンにとって手の震えは忌むべきものか?ということに興味ありますか?結構手が震えるからマイクロ苦手なんです。という人多いですよね。手が震えるので細かい作業に自身がありませんとかいろんな人がいますね。

手の震えですが、はっきりいうと手の震えが気になるのはそれは下手だからです。

マイクロサージャリーのワークショップでも、

・酒
・タバコ
・カフェイン 過剰・過小摂取
・SEX
・睡眠
・ストレス

以上のことを避けなさい!
と指導されますが、

人に自分の嗜好まではっきりいって指図されたくはありません!!!
(タバコはしませんが、お酒禁だと、マイクロは緊急が多いためお酒飲めなくなってしまうじゃないですか、、)

私の愛すべき上司たちでしたが、しっかりヘビースモーカーでも確立されたマイクロサージャンもいます。そして手の震えがあっても上手な先生もいるわけです。

手の震えってそこまで重要のなのか?というと、多分、慣れの問題で
気にならなくなるまで練習しろ!
ということなのだと思います。

私は以上挙げた項目の中では、最後のストレスを挙げたいと思います。
かなり気持ちの面で手の震えは影響されるので、
整形外科的には手術中にイライラすることはやめてくださいね☆

たとえばですが、”マグミットの処方が切れるので処方お願いしますよ”の電話とか。手術のここぞ!というときにかかってくると本当に指揮が下がります。。。

緊急の用事は電話が必要ですが、そうでない場合が圧倒的に多すぎるきらいがあります。。


今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。


マイクロ手術がうまい先生の特徴。

とりあえずマイクロ手術がうまい先生の特徴です。個人的な感想文になってますが参考になれば。。

I先生
手が震えない。無駄のない動きをする。端的にいうと日常生活からして優雅。

K先生
毎日練習を欠かさない。基本に忠実。ミスがない。いつも他人に厳しい。

U先生
震えるけど、スピードが早く、結果的に効率が良い。

H先生
常に雑談しながら手術をしている。何種類かの得意な手術パターンをもっていて、いつも簡単な手技に結び付けている。難しいことをやらないで、どうしたら簡単に手術ができるかを考えている。

ということで、技術的な面と、戦術的な面があると思います。技術はある程度以上行ったら、あとは戦術面に気を使えるようになると良いのではないでしょうか。
でも、技術をよくするのも戦術目標なんだけどな、、




今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

マイクロが下手な先生の特徴。

僕がこれまで感じたマイクロサージャリーが下手な先生の特徴です。下手な先生について勉強するのはあまり参考にならないと思います。頑張ってください。

・手が震える。
>根本的に才能がない?震えなくなるトレーニングもありますけど聞く耳もたないないようですね。

・あきらかに練習不足。
>毎日練習していますか?

・基本がしっかりしていない。
>基礎技術トレーニング終わっていますか?研修を一からやり直したほうがいいですよ。

・解剖がわかっていない。手術手順がわかっていない。
>うまい先生ととりあえず同じようにしてみてはどうですか?

・神経と血管の違いがわからない。血管があっても見分けられずに切ってしまう。
>目が悪いんですか?頭が悪いんですか?

・バイパーラーをむやみに使う。神経も焼いてしまう。
>不器用な人はバイパーラーは使わないでください。

・機材の使い方をしらない。
>おとといきやがれ★

・経験がなく不器用なのに高度なことをやろうとする。
>身の程を知れ★

 指導する側としては、以上のことを認識してほしいと思います。やっぱり基礎の講習は受けておいたほうが良いし、マイクロの機材の使い方や基本の練習は最低限してほしいと思います。言っても変わらない人には指導する気が一切なくなります。

 指導される側としては、腕がイマイチな人にいろいろ言われるほど苦痛なことはありません。自由にやらせてほしいというのがあります。イチイチ言われるといらいらするので自分の技術も発揮できません。

 手術の細かい部分は自分が手術しているときに指導して、手術をさせるときはある程度自由にさせる。というのがマイクロでは理想だと思います。(あくまで理想ですが、、、)

マイクロサージャリー(手外科・手の外科)の研修 その2

マイクロサージャリーの研修 その2

私はマイクロサージャリーを専門施設で1年研修しましたが、みなさんはどこで研修されましたか?

国内で研修医を受け入れてくれる手の外科研修施設は

・新潟中央病院(新潟大学整形外科系列)
・聖隷浜松病院(新潟大学整形外科系列)
・岡山大学病院形成外科(岡山大学形成外科系列)

があります。先日聖隷浜松の大井先生のお話では全国からレジデント受け入れているとのことでした。新潟中央病院だと無給で働いたり(バイトで生計)がデフォだったので、研修待遇も改善している印象です。
(*新潟中央病院からは手の外科の施設が独立したという下記コメントを頂きました。201703追加)
https://www.tenogeka.com/

手の外科研修はもちろん症例数が多い病院で研修したほうが症例は勉強できますが、私が考える研修のポイントは

1、マイクロの初期技術指導(約1週間程度)をしてくれるか否か。
2、自分でマイクロサージャリーを担当できるか。
3、指導医の手術スキルがいいこと。

というのに尽きると思います。

 技術がうまくない先生とうまい先生について、うまくない先生の失敗するポイントを勉強するのも勉強にはなりますが、それも何がポイントかを見抜かなければいけませんから、やはり初期技術指導が大切になってきます。
 上記の3つの施設は初期技術指導をしてくれるようなので、他の施設で研修することになっても、初期技術指導を受けた上で臨床研修したほうがいいようなきがします。もちろん器用不器用というのはどうしようもありませんが、研修を受講しておくととりあえず標準的な知識と技術が身につく(ハズ)ですので、いいと思います。


国内外科研修(マイクロサージャリー)

マイクロサージャリーのトレーニングコースを国内で開放しているのは、岡山大学形成外科です。 http://www.okayama-u.ac.jp/user/keisei/kenkyu.html 血管吻合
MRC内写真
トレーニングコースもカリキュラムがしっかりとしていて、しっかりラットを使って研修ができるとの事。学生も受け入れており、整形外科を目指すのであれば学生のうちにトレーニングを受けることを是非お勧めします。 (私もラットの尾っぽの再接合までトレーニングコースでトライしました。) 私はケンタッキールイビル大学のマイクロサージャリーコースを受講しましたが、とても有意義でした。 こういうオープンなコースはどんどん増えてほしいですね。 ちなみにマイクロのセットで一番お勧めな機械は、ケイセイ医科になります。 とくに鋏が全然違うので是非購入してみてください。 http://www.keiseimed.com/
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ