整形外科的まとめBlog

整形外科専門医が監修しているBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を幅広く取り扱います。専門医試験対策はアップデートされますので過去ログ参照してください。青森・東京・関西圏対応

リハビリテーション

リハビリってそもそもなんですか?PM&R(Physical Medicine and Rehabilitation)について語れ!!

 そもそもですね。整形外科医はリハビリなんて系統的に習う機会なんてないわけなのです。実地訓練で、医師になってからいきなり自分たちより知識のあるPT(理学療法師)さんたちに指示出すわけですから、

うまくいきっこない

 ような気がします。もちろんPTの方々、ものすごいいい人が多いです。ですから表面上とくに言われませんが、影では結構いろいろ主張がある人たちなのですね。ですからリハビリも勉強して注意していきましょう!自分ではできる!と思っていても、PTをいろいろお話しすると、いろんなことを考えているPTはそもそもとっても多いのです。。

私が勉強したリハビリの教科書はやや古い教科書になるのですが
リハビリテーションシークレット

です。

 この本、ものすごい面白いです。USAの10年前くらいのリハビリでの常識的なポイントについて触れられいます。ややバージョン古いのですが、偉い整形外科医の先生は読むべきだと思いますね。幸運なことに、これ日本語ですから、、

面白い部分はいろいろあるのですが、まず目に付くのは、

・リハビリは、PM&RというPhysical Medicine and Rehabilitationの略です。リハビリ専門の科じゃないんです。

 そうです。リハビリは身体医学がメインであり、リハビリは物理医学が基礎になっているという部分です。私はまずここに注目しました。整形外科医が自分ではできると思っていながら、むしろ全然弱い部分でもあります。整形外科医として、保存療法を体系的に学ぶこと、こういう機会はほとんどないんじゃないかと思うからです。

 あとは言いえて言うと、これは現存の少数派であるリハ医に対しても、もう少し身体医学もがんばってくださいよ!という形になります。

そしてこのPhysical Medicine and Rehabilitationですが、体系的にまとまっています。
・基本理念
・障害者のケア
・評価
・電気診断学
・各論
・筋骨格系
・全身性疾患
・慢性疼痛
・特殊領域(スポーツ 芸術)
・職業
・合併症
・治療法
・物理療法
・インターベンション
・装具

というラインナップです。これだけの分野の系統的講義を受けたことはありません。
ほぼ実地訓練ですね。。
ですから、日本の整形外科医が、我々はプライマリもやるんだ!と本当に言い張るなら、、、

orthopedicsではなくて、

PM&O Physical Medicine and orthopedics

PM&Oと名乗ればいいのです!多くの整形外科医は、保存療法嫌いでしょうから、これは嫌だと思いますので、そうすると納得されるのではないかと思います。自分たちがどういう立ち位置にいるかということを、、
我々は、保存療法を重視しますが、あくまで手術がメインの科として教育を受けてませんか?

この本の衝撃的な部分は P336ページの

Q:腰痛は最初に外科医(脳外科医・整形外科医・外科医)にかかるべきか?

この答えになります。

この答えは、
A:絶対にダメである。

なのですが、その理由については、本書をお読み下さい、、、

関節mobilizationや鍼灸などのPM&R(”リハビリ”ではなく、、)での立ち位置などもわかり、私にはすごいためになった本でした。”外科医は外科医に特化しないと”再認識した本でもあります。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

ついに登場!学会認定運動器専門看護師を目指せ!!

今日は関東全体にわたってPM2.5攻撃が加わったみたいでしたが、天気はいかがでしたか?
周囲は結構花粉症の症状がひどい人が多いですね。。

今回は、運動器認定ナースの話題です!
http://jaon.umin.jp/autho.html

やっと整形外科病棟勤務のナースの専門資格が登場しました!!

この資格要件としては、

学会認定運動器看護師の審査・認定試験を受験するには、下記の資格要件を満たしている必要があります。

1) 日本運動器看護学会会員であること
2) 看護師としての実践経験が5年以上あること
3) 運動器領域(整形外科、脳神経外科、脳神経内科、リハビリテーション系の病院・クリニック・
専門施設等)での実践経験が3年以上あること
4) 上記条件を満たし、かつ、日本運動器看護学会認定運動器看護師育成講座の全コースを受講
し500ポイント獲得した者、または、同育成講座の該当ポイントを獲得し、育成講座と同等の履修
が修了していることを「日本運動器看護学会認定審査委員会」が認めた者
(詳しくは、申請の手引きをご覧下さい)
5) その他、1)から4)に該当する要件を満たすことを日本運動器看護学会理事会が認めた者

とありますが、とりあえず

「日本運動器看護学会認定運動器看護師申請の手引き」(1部1,000円)買えよ!ゴラァ!!

って事みたいですね。。

整形外科、脳神経外科、脳神経内科、リハビリテーション系ってことなので、かなり幅広いですね。クリニックでも可能とのことなので、もはや何でもござれですね。

500ポイントって何かと思ったら、講義のポイントのようです。。

Ⅰ.学会認定運動器看護師基礎コース
(4講座)
1. 学会認定運動器看護師の役割と機能
2. 患者のQOL向上のための多職種との連携
3. 患者・家族看護における倫理的課題と対応
4. 看護実践事例の特徴と事例検討の方法
(事例報告論文作成方法を含む)

Ⅱ.臨床看護基礎コース
(診断・治療5講座、看護5講座)
5. 中枢神経・末梢神経障害と治療
6. 関節機能障害と治療
7. 骨折・外傷と治療
8. 手の機能障害と治療
9. 小児運動機能障害と治療
10. 成長発達と運動機能障害に合わせた看護
11. 運動器疾患の急性期の看護
12. 中長期の運動制限とADL障害に応じた看護
13. 運動器の痛みを抱える患者への看護
14. 高齢者の運動機能障害に合わせた看護

Ⅲ.臨床看護実践コース (1講座)
15. 運動機能障害に合わせた援助技術

Ⅳ.看護実践事例報告コース (1講座)
16. 運動器疾患患者への看護実践事例報告

費用
コースⅠ(4講座:講義) 30,000円
コースⅡ(10講座:講義) 60,000円  
コースⅢ(1講座:演習) 50,000円 1日
コースⅣ(1講座:論文審査) 24,000円

計 144000円

 わりと必要な単位も多いようですね。でも講義・ペーパーワークのみ評価のようなので、内容がどうだかわかりませんが、学会認定の先生に講義を受けるだけで取れてしまう資格に、どれだけ価値があるのか?というのはちょっと疑問です。
 でも、看護協会認定資格とは異なり、医師の専門資格試験単位のように、学会や勉強会に参加するだけでよいというのは、逆に現場に優しいのかもしれません。

 僕は一般総合病院の5年勤続のナースにはご褒美として認定資格くらいないと、運動器疾患のナースを一般総合病院で確保できなくなる気がして心配でしたので資格ができたのは良かったと思ってます!
 ただ医療は現場教育の比重が多いので、やはり学会認定施設基準を作って、基準をクリアした施設での研修が必須という形にしたほうがよりいいのかなと思いますが、運動器看護学会の皆様、いかがでしょうか。普通に一般総合病院に勤めてるだけで取れるような資格にして欲しいですね。




今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。


本当に問い合わせが来たらどうしようと戦々恐々としているorthopedicsより
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
プロフィール

orthopedics

関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ