整形外科的まとめBlog

整形外科専門医が監修しているBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を幅広く取り扱います。専門医試験対策はアップデートされますので過去ログ参照してください。青森・東京・関西圏対応

交通事故

交通事故診療のポイント その1

交通事故診療を簡単にまとめてみます。

基本的には、
大きな外傷がない交通事故患者さんは、
自分で何かアクションを取って、
患者さんを治療したりして、
よくする必要はあんまりありません。

普通に記録して
普通に診察して
普通に検査して
普通に観察するだけで大丈夫です.

救急で十分にみれない制限された環境で
診療する事も多いので、
見逃しがあったり、
そのリスクに留意する必要があります.

ポイントとしては

*JATEC評価
全員をJATECアルゴリズムに乗せる必要はないかもしれませんが、
walk inでも結構重症な事もあるので、
そういう観点での評価は、一旦してもいいかもですね.
(救急車の症例は全例評価してます.)

*記録は大切
初診では記録も重要なので、
メカニズムなど記録を詳細に書く必要があります.
特に初診だけでいなくなる患者さんも多いので、
一回しか問診ができない場合もあります.

*注意事項をあらかじめ伝えておく.
診療については、応急処置である旨を伝え、
最低限度の検査しかしない、と伝えておくとか、
もしくは、交感神経の緊張により後で症状が見つかる事も多いので、
新しい症状がでたら必ず来てくださいとか、
あらかじめ注意しておく事でしょうかね.

みたいな感じです.

とりあえず後日トラブルにならないような診療を求められるので、
ちょっとめんどくさいなって感じですね.

とりあえずこんなかんじです。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

命令違反で思いだす事。 病院でも命令違反は時々起こります。

中村ノリが命令違反で2軍降格という記事です。
http://www.news-postseven.com/archives/20140511_255318.html

野球はチームプレーなので当たり前と言えば当たり前ですね。
さすがに30超えてこれだと困ります。

そういえばERでもそんなこと時々ありますよね。。




そのときは、
交通事故軽症7人行けますか?
のコールを取った後、
CPA15分後入りますのコールが入った時があったんです。
(CPA:心肺停止患者さんのこと。)

とりあえず7人はグリーンタグ切って、
CPAに対応するのでも良かったのですが、

15分もあれば1人でも7人診察して返せるかなと判断して、
研修医の先生に

”今回はちょっとした非常事態だから、カルテの記録だけお願いできるかな?”

っていうことで、カルテの問診部分の記載を7人分やってもらう。
自分は診察をして、異常所見を確認する。
という流れにしたんですね。

幸い、7人ともワンボックスカーに乗ってて軽症な交通外傷患者さんで、
患者さんも、大丈夫だと思ったけどとりあえず病院に来た
的な感じでとくに何もなかったので、
ルチーンの診察して返す流れまでは良かったのですが、

CPAの準備に取りかかる時になって、
研修医君がなぜか帰ってこないんです。

何してるんだ?と見に行くと、




一生懸命先ほどの軽症患者さんを診察してるんです。。

さっきボク診察してたじゃん!!

いや、確かに、
問診、診察、診断の流れを把握することが研修では重要で、
早く返す事が偉かったり重要なのではない。

と毎回教えてましたが、
今回は非常時なので勘弁してよ!!
と思ったので、
診察中止させて、CPAの準備の方へ回します。

すぐにCPAきたのですが、
CPAについては問題なく対処できたのですが、
その後です。

白紙の7人分のカルテを埋める作業ですね。。

もちろん患者さんはもう返してますから、

誰が誰だかわかんないじゃんーーーー

ってことで、ちょっとムッとした事がありました。

もちろんどうせカルテ内容は一緒なんですが、
車のどこに乗ってたとかの情報が記載できなかったんです。
(交通事故はあとあと初診カルテが重要になったりするので、
記録はしっかりしておこうとか個人的に思ってる部分なので、、)

ま、自分で全部カルテ書きましたけどね。

研修も大事だけど、
非常時の優先順位くらいは理解してよー!
と切に思ったのでした。。





単に仕事の愚痴で申し訳ありませんですが、

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

マンガ eせいけい 第八話 運動療法やらないか? 整形外科と交通事故編

マンガ e せいけい 第八話 運動療法やらないか? 整形外科と交通事故編
原作 eせいけい 作画 佐藤ショーキ

jpg

マンガの続きはこちら
http://wp.me/p30ItK-Y

今回は、交通事故をテーマにしてみました!!
佐藤先生ありがとうございました!!

 交通事故治療は、長年のテーマでしたが、
こつを教えてもらって実践できるようになってからは困ることは少なくなりました。
基本的に残る患者さんのほとんどは、頚椎捻挫の人です。
対応などはメルマガには流していますが、リンク先のマンガに書いておきました。

 他の骨折などの外傷の人は交通事故特異的というわけではありませんので、
普通に外傷で対応できると思います。
 もちろん多発外傷の範疇もありますが、数が少ないですし、
脳外傷含めた患者さんの治療にはものすごいリソースがかかるのは、
当たり前ですので、リソースをかけてあげてください!
そして後遺症は多くの場合残るんだから、
少し盛ってでも障害認定しないとかわいそうです。。

 もちろん多発外傷の患者さんも

・タバコがやめられない。
・疾病利得により本当の症状が把握しづらい。
・医療従事者に責任を問う傾向が強い。

などと、、ややめんどくさい傾向はありますが、
これは多発外傷に特有なことなのでしょうがないと思います。
 多発外傷を起こす人たちはもともとそういう傾向がある人たちなんだ!
と主張する整形外科医もいると思われますが、
いつ自分が多発外傷になるかわからない昨今、やはり

・スタンダードな治療、
・常識的な対応、

そういうの徹底したいと思ってます。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。


メルマガで先行配信したままになっていました。。
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
プロフィール

orthopedics

関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ