整形外科的まとめBlog

運動器疾患を担当する整形外科のBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を背景にまとめて取り上げてまっす。

参考書

これから整形外科医を目指す先生へ お薦めの教科書(洋書・和書)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
これから整形外科医を目指す先生へ お薦めの教科書(洋書・和書)

新人さんが準備をする時期なので、再掲しておきます。

定番の教科書は大体決まっています。以下のようなものを大体の先輩は持っているので3年目に適当に購入するといいです。追加するとしたら、Campbellくらいですかね。。

Rockwood, Green, and Wilkins' Fractures 

 最初に整形外科レジデントになったときに薦めていただいたのはこの本です。5年に一回くらい改訂があり、2014年に出版されています。外傷全般の教科書になるので、海外の治療をスタンダードに勉強したい人にお薦めです。ほとんどの外傷をこの教科書は網羅していると思われます。私はリファレンスに使っていましたが、すべて読破したという指導医もおりましたので、おそるべしです。。↑kindle版が昨年の12月にでているようです。

骨折・脱臼  

 私立大学の医局の先生が使っていました。所属医局よって使う教科書が異なるみたいようです。外傷に関して和書ではこの教科書がスタンダードになると思います。

整形外科医のための手術解剖学図説 

 手術解剖学の優れた教科書です。最近はイラスト満載の教科書が多いのでこの本の価値はあまりないのかもしれませんが、私の前の世代の先生から”手術進入路についてはこの本で学んだ。”という先生が多いのです。どんなに教科書を持ってないレジデントでもこの本だけはなぜか持っているようでした。

AO法骨折治療

骨折治療の原則を知りたい方には必須です。これ知ってると知らないとで全然診療が異なります。っていうか、考える楽しみが出てきます。AOコースもスキーとかできて楽しいですよね。

図解四肢と脊椎の診かた 

 身体診察の優れた教科書です。整形外科医は各運動器ごとに診察項目をルチーン化し、診断し治療する必要がありますが、この教科書はその診断思考過程形成に必須かと思います。

あとは、標準整形外科、クルズスは標準整形外科があればあまり必要ないかなと思います。標準整形外科は古くても多少問題なく、専門医受験の前に買いかえる形で大丈夫かと思われます。あとは興味ある分野の簡単な手術手技書を適宜購入したり、雑誌を講読したり、論文を読む形になっていくと思います。

標準整形外科学 

 標準整形外科は昔はリファレンスもなく、かなりいい加減な(整形外科的な?)教科書でしたが最近は一新されてだんだんよくなっています。2016年12月に13版でました。

教科書を買い揃える時の何かを始めよう!なにかをやってやろうという気分、いいものですよね!大切にしていきましょう!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。

整形外科的オススメの整形内科テキストブック!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
 整形内科とは、整形外科の外来診療が極めて内科的であるので揶揄的に整形内科と使われるようになったのだと?思うのですが、かなり奥が深い分野ですが整形内科を専門とする整形外科の先生はごくごく少数です。興味のない先生は読みとばしてくださいませませ。。
(まぁ、整形外科医は一応外科医ですからそんな希望者もすくなさそうですし、、)
(本当はこの分野、開業医の先生に是非がんばって頂きたい分野なのですが、、が!!)
 
 保存療法専門整形外科医!というのもやや聞こえ悪いですし、ペインクリニック専門整形外科医とか、ブロック専門整形外科医!なら見たことありますが、やっぱり微妙なような気がします。。。外科医と名がつくなら手術しろよと、、

 そのそもそもですね。保存療法の治療の研修ですが、どういうプログラムを立てるのか?と聞かれたら、一般の整形外来を丁寧に診察することがBestな近道だと思います。現存する教育機関で整形外科の保存療法をみっちりと教える機関ってあるんでしょうか、個人的には聞いたことがありません。本当は総合内科研修のようなスタイルでするべきなのでしょうが、整形外科外来はほとんどの場合実践から入ることが多いですね。。。まぁ、整形外来をあまり担当したことがない整形内科医?もいらっしゃると思うので、基本から抑えていきます。

1、体表解剖学の教科書


 まず私が整形外科外来にでた当初、オーベンからの最初の指導が、
”体の筋肉と起始停止をすべて覚えなさい。”
でした。かなり難渋しましたね。その次は”すべての筋の神経支配を覚えなさい”でした。。でも整形外科医であればやっぱり筋肉くらい全部覚えないと外来自体こなせないので、やっぱり必要だと思います。特にスポーツ整形外科には必須な知識かと思います。筋肉ごとに障害があり、固有の放散痛があるので、なかなか難しいところです。

2、放散痛の教科書


 神経学的には異常がありません。MRIでも異常がありません。(画像診断も時には見方により診断が異なりますね!撮影方法、見方によって異なります。)でもしびれのある人、痛みのある人、とっても多いですよね!そんな困った患者さんの治療方法の一手にトリガーポイント注射というのがあると思いますが、その教科書になります。ちょっとお高いですが、この業界ではわりと定番の教科書になります。って保存療法に興味がなければ必要になることはないと思います。。

3、各種ブロックの教科書
 そうですね。トリガーポイント注射、EDB、NRB、星状神経節ブロック、持続的硬膜外麻酔、硬膜外麻酔シングルショット、椎間関節ブロック、腹腔神経叢ブロックなどなど様々なブロックの手技があるかと思います。ペインでは、もっと高度な、持続的電気刺激電極埋め込み、硬膜外鏡下神経剥離術、などなどいろいろあります。簡単なものから専門施設でしかできないものもあるので、いろいろ楽しそうですが、

・ペインクリニックに本当に未来はあるのか?
http://www.orthopedic.jp/archives/52006596.html

という観点から、あんまり僕はここに力入れられません。
ですから、あまりオススメしないのが現状です。それより整形内科医は手技療法の組み合わせで患者を治癒させうる。ということに特化すべきかとも思います。
怪しい整体師と何が違うんだ?というと、
整形外科の知識がなければ、何も変わらないかもしれませんね。。。。

ブロック治療やらは各施設、そして各オーベンによくよく聞いてついてもらうのが肝要かと思いますよ。手技については結構論文になってるので、調べると結構でてきます。

運動療法の良書などありましたら、教えてくださいますようにお願いいたします。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへのリンクになります。

これから整形外科医を目指すレジデントの先生へ お薦めの教科書(洋書・和書)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
これから整形外科医を目指す先生へ お薦めの教科書(洋書・和書)

定番の教科書は大体決まっています。以下のようなものを大体の先輩は持っているので3年目に適当に購入するといいです。追加するとしたら、Campbellくらいですかね。。

Rockwood, Green, and Wilkins' Fractures 

 最初に整形外科レジデントになったときに薦めていただいたのはこの本です。5年に一回くらい改訂があり、2010年に出版されているので、今度は2015年に改定されるはずです。外傷全般の教科書になるので、海外の治療をスタンダードに勉強したい人にお薦めです。ほとんどの外傷をこの教科書は網羅していると思われます。私はリファレンスに使っていましたが、すべて読破したという指導医もおりましたので、おそるべしです。。

*⬆すみません。2014年度の夏に新しいのが出るようです。以下で予約できます。
http://www.amazon.co.jp/Rockwood-Green-Fractures-Adults-Greens/dp/1451175310/ref=dp_ob_title_bk

骨折・脱臼  

 私立大学の医局の先生が使っていました。所属医局よって使う教科書が異なるみたいようです。外傷に関して和書ではこの教科書がスタンダードになると思います。

整形外科医のための手術解剖学図説 

手術解剖学の優れた教科書です。最近はイラスト満載の教科書が多いのでこの本の価値はあまりないのかもしれませんが、私の前の世代の先生から”手術進入路についてはこの本で学んだ。”という先生が多いのです。どんなに教科書を持ってないレジデントでもこの本だけはなぜか持っているようでした。

AO法骨折治療

骨折治療の原則を知りたい方には必須です。これ知ってると知らないとで全然診療が異なります。っていうか、考える楽しみが出てきます。AOコースもスキーとかできて楽しいですよね。

図解四肢と脊椎の診かた 

身体診察の優れた教科書です。整形外科医は各運動器ごとに診察項目をルチーン化し、診断し治療する必要がありますが、この教科書はその診断思考過程形成に必須かと思います。

あとは、標準整形外科、クルズスは標準整形外科があればあまり必要ないかなと思います。標準整形外科は古くても多少問題なく、専門医受験の前に買いかえる形で大丈夫かと思われます。あとは興味ある分野の簡単な手術手技書を適宜購入したり、雑誌を講読したり、論文を読む形になっていくと思います。

標準整形外科学 


標準整形外科は昔はリファレンスもなく、かなりいい加減な(整形外科的な?)教科書でしたが最近は一新されてだんだんよくなっています。

教科書を買い揃える時の何かを始めよう!なにかをやってやろうという気分、いいものですよね!大切にしていきましょう!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ