整形外科的まとめBlog

整形外科専門医が監修しているBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を幅広く取り扱います。専門医試験対策はアップデートされますので過去ログ参照してください。青森・東京・関西圏対応

形成外科

腫瘍なんでもとってますか?

今日は講演会でしたー!

骨軟部腫瘍について、
とってもわかりやすい講義でしたね!

やっぱり初診では絶対わからないような
悪性腫瘍を並べられて、

こんなの初診じゃわからないっしょ?

という講義スタイルは、、


外来を疑心暗鬼にさせますね。。

orthopedicsが、
以前の教育講演を受けた内容では、

はっきりとわかる骨軟部腫瘍ですね、

明らかな脂肪腫
明らかなガングリオン
明らかな神経鞘腫 はとってOK!

それ以外の明らかでないのは全部送れって感じだったんですよね。。

現場に出ると、

5cm以上のでかーい脂肪腫をいじってる一般外科医
>5cm以上だと整形外科医でも躊躇しますよ。
>場所も上肢とかだったら整形外科医にひと声かけたら?

詳細がわからないけど、小さいならなんでもとっちゃう形成外科医
>地雷っすよー。いつか踏みますよ!

とりあえずなんでも生検してから他施設に送れと言う整形外科部長
>明らかにおかしいのは送っちゃダメっすか?


っていう先生方が、

まだまだ現役っす!!

腫瘍の先生方、

現場の教育を是非是非お願いしまっす!!


あまりにひどいケースがあって相談したところ、、

”なんでも取れなんていう整形外科部長は、
早く訴えられて現役退いたほうがいいよね。
馬鹿な整形外科医、形成外科医、一般外科医、
はやくいなくなって欲しいよねー。”



先生、うちの施設で講演してくださいよー>。<


今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。


手外科?手の外科?オススメの手の外科の教科書

 オススメの手の外科の教科書ですね!医学系の教科書って信頼に足りるのか?本当にあってるのか?そして網羅しているのか?というポイントがあると思います。

 日本の教科書はこれまでは引用文献がなかったり、絵がモロに嘘だったり、臨床経験がない人がレビューや教科書書いてきた背景があるので教科書の信頼性が低いような気がしています。最近はかなり改善されてきてはいますが、その傾向があることは否定できません。最近でもとある教科書のイラストに大きな嘘を見つけてしまいその教科書自体に幻滅を感じたところです。イラストが売りの教科書のイラストに明らかな間違いがあるようなレベルは本当に改善してほしいです。。。

 これまで手の外科関連で困ったときに参照する教科書というのは実は新潟手の外科研究所の教科書です。新潟のセミナーに参加してアップデートされた教科書をゲットするのが最善かと思います。研究所の先生方の偉業には本当に頭が下がります。いつもありがとうございます。

1、新潟手の外科研究所の教科書

非売品であることが味噌ですね。手に入らないんですよ。。。

2、私の手の外科

 スタンダードな手の外科医はこれでまず勉強していました。下記Greenとセットなので、やや高い買い物になります。手の外科医は出費がつらい!!
 ↑こんな凄い教科書ですら、著者いわくこれでも知ってること全部書いてないんだ☆という事のようなので、手の外科の奥の深さをうかがえます。
 手の外科は脊椎外科や関節外科のように、派手さがまったくない上に超マニアックで教科書も高く、非常に厳しい分野ですね。。手の外傷は結構多く、手の外科医は他の追随を許さないので、ニーズは高い科だと思いますが、参入障壁のようなものを感じます。

3、Green

私の手の外科医上司はこれでまず勉強していました。スタンダードですね。

4、手その機能と解剖

最近では、上羽先生の教科書が良いという流れになっています。

5、Rockwoodで済ませてしまう!

 非常にまずい状況ですが、1の手の外科の教科書がよすぎてですね。私は5の選択になりました。手の外科に進まれる皆さんは是非ほかの教科書を購入してください。結構ipadで見るのも便利そうなので、電子書籍もオススメだそうです。教科書を自炊(電子化)したとしてもデータ大きすぎてデータベースとして活用難しいかと思うので、考慮してみてもいいかもしれませんね。。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

読者からの声 その一 初期研修のローテーションについて 整形外科希望者の場合

紅葉がきれいな季節になってきました。日の落ちる前にみなさんは帰れてますか?

今回は読者の方からこんなメッセージを頂きましたので紹介させていただきます。
____________________________
 初期研修について質問です。今まで救急・集中治療科、外科と3ヶ月ずつローテートし、今後は神経内科を3ヶ月研修する予定となっております。二年目の選択科目の希望調査を行っており、来年度は地域1ヶ月、麻酔科3ヶ月以外に、救急・集中治療科、整形外科、形成外科、皮膚科もしくは放射線科を選択しようかと考えております。 
 2年目から後期研修に関しては上記の様に考えております。まだ不確かな部分が多いですが、2年目の選択等でアドバイスなどございましたら、ご教示いただけたら幸いです。
____________________________
がんばって返信してみます!
____________________________
初期研修について質問です。今まで救急・集中治療科、外科と3ヶ月ずつローテートし、今後は神経内科を3ヶ月研修する予定となっております。
____________________________
>2年間の研修が1年に短縮になったとかは、あれは大学病院とか一部の病院だけなんでしょうか?学生の時にしっかり教育しない分の2年間を医師としてのトレーニングに費やすという壮大な医療リソースの無駄使いを進める厚生労働省ですが、いいかげんにしてほしいところですね。でも医局にしばらくはいらないでもいい制度もメリットはあるのかもしれません。
____________________________
二年目の選択科目の希望調査を行っており、来年度は地域1ヶ月、麻酔科3ヶ月以外に、救急・集中治療科、整形外科、形成外科、皮膚科もしくは放射線科を選択しようかと考えております。
____________________________
>ERは面白いかもですね。でも整形外科医としての今後のスタンスですが、田舎で働く分には総合医として働く必要があり、麻酔科のバックアップもあまり望めないですから、昔のように半年くらい麻酔科研修をしてもいいのかもしれません。ただ、研修医は研修医当直で2年間ERまわっていれば、そこそこERはできるようになるので、他の知識を身につけてもいいかもです。

今後整形外科医としてPCPSをまわすことや血液浄化装置を回すことはあまり考えられません。そもそもCVを入れるのも危険なので、どこまで自分として技術を確立、維持するかを計画したほうがいいでしょう。将来ERで働くか、麻酔科のいない田舎で医師をする以外には全身管理は整形外科にはあまり必要ない現実もあります。整形外科の手術は出血1000-2000cc程度のもので、5000ccを超える場合はよっぽどだと思うので、そこまで術後管理は必要ない気がします。

>整形外科周辺だと、ご指摘の通り、皮膚科、形成外科、放射線科は面白いかもですね。同期は皮膚科面白そうでしたし、後輩は放射線科役に立っていそうです。整形内科的にもとても有意義かと思います。形成外科の皮弁の知識もあったほうがいい場合もあるので、整形外科的には一般外科、脳外科、皮膚科、形成外科を回るのは面白いと思います。ただ、整形外科も骨軟部腫瘍から小児整形外科までかなり幅広い分野であることは間違いありません。整形外科をまっとうに研修するのも結構タイヘンです。
____________________________
2年目から後期研修に関しては上記の様に考えております。まだ不確かな部分が多いですが、2年目の選択等でアドバイスなどございましたら、ご教示いただけたら幸いです。
____________________________
>いろいろな科を回れるというのはいいチャンスでもあるので是非是非がんばってください。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

手術用ツールシリーズ その1 手術用ヘッドライト☆

脊椎手術の手術用ヘッドライトがほしいと前から思っていました。でも20万円以上するので高くて購入できなかったのです。
(しくしく ><)

しかし、今日発注したLed lenserです。アウトドア用のヘッドランプなのですが、ランプの角度が可変式で、ハイビームが可能です。つまり、フォーカス性能もかなりよいのです。充電式でもちろん携帯できます。値段は8000円程度です。

買わないという誘惑に勝てますか?



電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ