オススメの手の外科の教科書ですね!医学系の教科書って信頼に足りるのか?本当にあってるのか?そして網羅しているのか?というポイントがあると思います。

 日本の教科書はこれまでは引用文献がなかったり、絵がモロに嘘だったり、臨床経験がない人がレビューや教科書書いてきた背景があるので教科書の信頼性が低いような気がしています。最近はかなり改善されてきてはいますが、その傾向があることは否定できません。最近でもとある教科書のイラストに大きな嘘を見つけてしまいその教科書自体に幻滅を感じたところです。イラストが売りの教科書のイラストに明らかな間違いがあるようなレベルは本当に改善してほしいです。。。

 これまで手の外科関連で困ったときに参照する教科書というのは実は新潟手の外科研究所の教科書です。新潟のセミナーに参加してアップデートされた教科書をゲットするのが最善かと思います。研究所の先生方の偉業には本当に頭が下がります。いつもありがとうございます。

1、新潟手の外科研究所の教科書

非売品であることが味噌ですね。手に入らないんですよ。。。

2、私の手の外科

 スタンダードな手の外科医はこれでまず勉強していました。下記Greenとセットなので、やや高い買い物になります。手の外科医は出費がつらい!!
 ↑こんな凄い教科書ですら、著者いわくこれでも知ってること全部書いてないんだ☆という事のようなので、手の外科の奥の深さをうかがえます。
 手の外科は脊椎外科や関節外科のように、派手さがまったくない上に超マニアックで教科書も高く、非常に厳しい分野ですね。。手の外傷は結構多く、手の外科医は他の追随を許さないので、ニーズは高い科だと思いますが、参入障壁のようなものを感じます。

3、Green

私の手の外科医上司はこれでまず勉強していました。スタンダードですね。

4、手その機能と解剖

最近では、上羽先生の教科書が良いという流れになっています。

5、Rockwoodで済ませてしまう!

 非常にまずい状況ですが、1の手の外科の教科書がよすぎてですね。私は5の選択になりました。手の外科に進まれる皆さんは是非ほかの教科書を購入してください。結構ipadで見るのも便利そうなので、電子書籍もオススメだそうです。教科書を自炊(電子化)したとしてもデータ大きすぎてデータベースとして活用難しいかと思うので、考慮してみてもいいかもしれませんね。。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。