整形外科的まとめBlog

整形外科専門医が監修しているBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を幅広く取り扱います。専門医試験対策はアップデートされますので過去ログ参照してください。青森・東京・関西圏対応

救急

当直の時、何見てますか?救急当直の教科書:その1

今回は、当直についてです。。

 当直、最初はどきどきしますね。今じゃ、Huluみながら、出前とってます。。1人当直から、内科当直、外科当直、整形外科当直、整形外科オンコール、こんなところが守備範囲です。一応研修病院で小児科も見ていたので、小児もやれないこともないけど、小児科の先生がいないところの小児科診療は救急対応に完全なる自信がないので、ちょっとパスですね。。

 当直はどういうトレーニング受けたかによって、いろいろなフローチャートは変わると思うのですが、わりと困るのが、

1、薬の内容
2、細かい対処法

などなどですね。

子供の投与量っていくらだっけ、、、
とか、
ムカデってどうするんだっけ、、
というように、いろいろ忘れてしまいます。

というわけで当直のあんちょこですね。
アップデートされているあんちょこは、、、

この本です。所謂赤本ですね。

この本がどこの医局にもぽいっと置かれてます。私も愛用してます。

っていうか、いろいろな人が救急の教科書として林先生の教科書薦めてるけど、
実際に仕事場でアレ読んでる暇はないから、時間があるときに読んでおく本だと思うのです。

 Ddxの教科書とか、林先生のシリーズとか、面白いんですけど、
学生時代に読んだりする本かなーとか思ってました。。
 研修医の時は、外来を回すこと、仕事を回すこと、論文を読むこと、講習を受けること、
なんかに時間がとられて、あんまり教科書をよく読めなかったかもですね。

鑑別診断?いいから、早く造影CTとってから考えれゃー!みたいな感じです。>。<

当直の恐ろしさは、

1、リソースが限られていること。
2、リソースが限られていることを顧客に納得してもらえないこと。
3、結局無理な時は、大きな病院への搬送になってしまうこと。

ですかね。100%っていうのはないんだよ!って説明しますが、なかなか難しいですね!!

救急の時の本当の救急の対応は、麻酔科研修やら、JATEC、ACLS、PALSなどしっかり受けて救急部で研修してください!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

読者からの声 その一 初期研修のローテーションについて 整形外科希望者の場合

紅葉がきれいな季節になってきました。日の落ちる前にみなさんは帰れてますか?

今回は読者の方からこんなメッセージを頂きましたので紹介させていただきます。
____________________________
 初期研修について質問です。今まで救急・集中治療科、外科と3ヶ月ずつローテートし、今後は神経内科を3ヶ月研修する予定となっております。二年目の選択科目の希望調査を行っており、来年度は地域1ヶ月、麻酔科3ヶ月以外に、救急・集中治療科、整形外科、形成外科、皮膚科もしくは放射線科を選択しようかと考えております。 
 2年目から後期研修に関しては上記の様に考えております。まだ不確かな部分が多いですが、2年目の選択等でアドバイスなどございましたら、ご教示いただけたら幸いです。
____________________________
がんばって返信してみます!
____________________________
初期研修について質問です。今まで救急・集中治療科、外科と3ヶ月ずつローテートし、今後は神経内科を3ヶ月研修する予定となっております。
____________________________
>2年間の研修が1年に短縮になったとかは、あれは大学病院とか一部の病院だけなんでしょうか?学生の時にしっかり教育しない分の2年間を医師としてのトレーニングに費やすという壮大な医療リソースの無駄使いを進める厚生労働省ですが、いいかげんにしてほしいところですね。でも医局にしばらくはいらないでもいい制度もメリットはあるのかもしれません。
____________________________
二年目の選択科目の希望調査を行っており、来年度は地域1ヶ月、麻酔科3ヶ月以外に、救急・集中治療科、整形外科、形成外科、皮膚科もしくは放射線科を選択しようかと考えております。
____________________________
>ERは面白いかもですね。でも整形外科医としての今後のスタンスですが、田舎で働く分には総合医として働く必要があり、麻酔科のバックアップもあまり望めないですから、昔のように半年くらい麻酔科研修をしてもいいのかもしれません。ただ、研修医は研修医当直で2年間ERまわっていれば、そこそこERはできるようになるので、他の知識を身につけてもいいかもです。

今後整形外科医としてPCPSをまわすことや血液浄化装置を回すことはあまり考えられません。そもそもCVを入れるのも危険なので、どこまで自分として技術を確立、維持するかを計画したほうがいいでしょう。将来ERで働くか、麻酔科のいない田舎で医師をする以外には全身管理は整形外科にはあまり必要ない現実もあります。整形外科の手術は出血1000-2000cc程度のもので、5000ccを超える場合はよっぽどだと思うので、そこまで術後管理は必要ない気がします。

>整形外科周辺だと、ご指摘の通り、皮膚科、形成外科、放射線科は面白いかもですね。同期は皮膚科面白そうでしたし、後輩は放射線科役に立っていそうです。整形内科的にもとても有意義かと思います。形成外科の皮弁の知識もあったほうがいい場合もあるので、整形外科的には一般外科、脳外科、皮膚科、形成外科を回るのは面白いと思います。ただ、整形外科も骨軟部腫瘍から小児整形外科までかなり幅広い分野であることは間違いありません。整形外科をまっとうに研修するのも結構タイヘンです。
____________________________
2年目から後期研修に関しては上記の様に考えております。まだ不確かな部分が多いですが、2年目の選択等でアドバイスなどございましたら、ご教示いただけたら幸いです。
____________________________
>いろいろな科を回れるというのはいいチャンスでもあるので是非是非がんばってください。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ