整形外科的まとめBlog

運動器疾患を担当する整形外科のBlogです。初期研修や整形外科についての話題を医療、法律、ネット文化を背景にまとめて取り上げてまっす。

整形外科

これから整形外科医を目指す先生へ お薦めの教科書(洋書・和書)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
これから整形外科医を目指す先生へ お薦めの教科書(洋書・和書)

新人さんが準備をする時期なので、再掲しておきます。

定番の教科書は大体決まっています。以下のようなものを大体の先輩は持っているので3年目に適当に購入するといいです。追加するとしたら、Campbellくらいですかね。。

Rockwood, Green, and Wilkins' Fractures 

 最初に整形外科レジデントになったときに薦めていただいたのはこの本です。5年に一回くらい改訂があり、2014年に出版されています。外傷全般の教科書になるので、海外の治療をスタンダードに勉強したい人にお薦めです。ほとんどの外傷をこの教科書は網羅していると思われます。私はリファレンスに使っていましたが、すべて読破したという指導医もおりましたので、おそるべしです。。↑kindle版が昨年の12月にでているようです。

骨折・脱臼  

 私立大学の医局の先生が使っていました。所属医局よって使う教科書が異なるみたいようです。外傷に関して和書ではこの教科書がスタンダードになると思います。

整形外科医のための手術解剖学図説 

 手術解剖学の優れた教科書です。最近はイラスト満載の教科書が多いのでこの本の価値はあまりないのかもしれませんが、私の前の世代の先生から”手術進入路についてはこの本で学んだ。”という先生が多いのです。どんなに教科書を持ってないレジデントでもこの本だけはなぜか持っているようでした。

AO法骨折治療

骨折治療の原則を知りたい方には必須です。これ知ってると知らないとで全然診療が異なります。っていうか、考える楽しみが出てきます。AOコースもスキーとかできて楽しいですよね。

図解四肢と脊椎の診かた 

 身体診察の優れた教科書です。整形外科医は各運動器ごとに診察項目をルチーン化し、診断し治療する必要がありますが、この教科書はその診断思考過程形成に必須かと思います。

あとは、標準整形外科、クルズスは標準整形外科があればあまり必要ないかなと思います。標準整形外科は古くても多少問題なく、専門医受験の前に買いかえる形で大丈夫かと思われます。あとは興味ある分野の簡単な手術手技書を適宜購入したり、雑誌を講読したり、論文を読む形になっていくと思います。

標準整形外科学 

 標準整形外科は昔はリファレンスもなく、かなりいい加減な(整形外科的な?)教科書でしたが最近は一新されてだんだんよくなっています。2016年12月に13版でました。

教科書を買い揃える時の何かを始めよう!なにかをやってやろうという気分、いいものですよね!大切にしていきましょう!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。

マンガ eせいけい アーカイブ 再掲

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
 これまで配信したwebマンガのアーカイブを作ってみました。

 マンガではテーマとかわりとバラバラなんですが、なんとかテーマに沿って2冊無事に出版できてよかったです!
 最近アップできていませんが、もう少しでアップできると思いますので、今後とも応援をよろしくお願いいたします。

第1話 整形外科としびれ
nurrse1

第2話 整形外科と慢性腰痛
nurrse1

第3話 整形外科と急性腰痛 
nurrse1

第4話 整形外科と難治性腰痛
nurrse1


第5話 整形外科看護編 看護師リリカ22歳 整形外科外来に立つ。 

nurrse1




第6話 整形外科とレントゲン その1 骨折見逃しは極刑ですよ。
shahoiu



第7話 整形外科とレントゲン その2 レントゲンって本当に必要なの?ririkacool


第8話 整形外科と交通事故 頸椎捻挫ってどう対応すれば良いの?
rririka



第9話 eせいけい初期研修編 その1 報告するタイミングって難しいッスの巻
tooruyuu



第10話 整形外科と手術室 それってホントに抜かないとダメ?
tadasi22



第11話 eせいけい初期研修編 その2 鍵なくしたときってどうしてますか?の巻nai


今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。続きを読む

GWは専門医試験の準備に丁度いいかもですね。 再掲

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
例年どおり7月提出であれば、そろそろ提出症例を集めて回る時期です。

GWが以前の病院を回ったりするいいチャンスなのですが、休みに病院に来ても情報は提供できないとか言われそうで、めんどくさいですね。

専門医試験は、とりあえず

1、論文
2、腫瘍の単位

をまずはがんばりましょう。

以下はこれまでの記事へのリンクになります。

1、とりあえず専門医試験対策は何をしたらいいの?
http://www.orthopedic.jp/archives/51774878.html
2、提出症例の作り方
http://www.orthopedic.jp/archives/51775312.html
3、試験勉強に必要な本
http://www.orthopedic.jp/archives/51776121.html

もう予定は既に みんな立てちゃってるかもですけどね、、、

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

拝啓 整形外科学会様 接骨院の保険診療分を整形外科管轄下にして下さいよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
今回は、日常的に整形外科医が愚痴る保険の問題を取り上げてみたいと思います。

1、骨折の手術点数が低すぎる。


 転子部骨折だけなら良いんです。でもね、難しい骨折も中にはあるんですよ!複雑骨折で、手術時間が1時間も2時間も超える物もあるんです。

昔の私のBOSSからは、
”骨折の点数は低いから1時間以上かけないように”
と指導されました。

 それでもやっぱり骨折の手術は難しい事があるので、なんというか認めてもらえないと、整形外科医としての存在意義に関わる問題なのでコレいかんと思うんですよね。骨折なんて誰でもできるなんて思ってる整形外科の先生もいますが、Traumaは専門性も高く、それ全然違うと思いますよ。

2、複数手術が取れない。


 腱縫合など地域によってはたくさんやっても査定されてしまう事があります。指なんかは2本神経が走っているのですが、1本しか認められないから1本しかつながなくても良いみたいな事がまかり通っています。施行した手術ごとに点数認めるとか、当たり前の事をどうして当たり前にできないのか、理解に苦しみます。1皮切、1手術とかも現実的でないので、速攻でやめて頂きたいです。
(最近は結構改善されましたけどね。)

3、柔道整復師の保険料金総額が高すぎる。


https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/274041/

 整形外科7000億円、柔整4000億円ですから、取り過ぎでしょう。削減するには、整形外科医が監修するしかありません。これは整形外科、整形外科関連企業がグループが一体となってロビー活動やらなければ、私たちの業界がじり貧になるとメーカ様も覚悟して下さい。
(既にじり貧になってきていませんか?)

ですから、

1、骨折の点数を増やす。
2、複数手術を認める。
3、柔道整復師の保険診療を整形外科医がチェックするようにする。


これをするべきですね。

この記事、拡散など可能な限りご協力よろしくお願いいたします。

下のコメント欄にご意見や署名(匿名化)などいただけると、数がもしたくさん集まったら、学会の方にも連絡してみようかと思っております。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

整形外科のレントゲンのみかた 整形外科医ってどうして読影できるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
shahoiu


整形外科のレントゲンの読影は、
整形外科のカンファレンスで鍛えられます。

だいたい研修病院では朝のカンファレンスで、
気になった症例やら、
外来で取った写真すべてをチェックしたり、
手術の前後のレントゲンをチェックしたりと、
レントゲンカンファレンスでみっちりしごかれるわけです。

上司から、

*これは何? (それは種子骨です。みたいな。)
*所見は?(大腿骨頸部骨折です。みたいな。。)
*分類は?(gastilo TypeⅡです。みたいな。。。)
*治療方針は?(ORIFをIMNで計画しています。みたいな。。。。)

などと矢継ぎ早に質問される形で研修を受けます。

ですから、所見を事前に勉強しとく必要もありますし、
カンファレンス自体がとてもいい研修ですよね。
とにかくものすごい情報量をスピードをもって見ることを求められるので、
みっちりしごかれてくださいね!

当blog売り上げ5位 救急・当直で必ず役立つ!骨折の画像診断

当blogでは紹介していませんが、人気な模様です。

骨折分類についての記事はこちら
http://www.orthopedic.jp/archives/52065361.html

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

交通事故診療のポイント その1

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
交通事故診療を簡単にまとめてみます。

基本的には、
大きな外傷がない交通事故患者さんは、
自分で何かアクションを取って、
患者さんを治療したりして、
よくする必要はあんまりありません。

普通に記録して
普通に診察して
普通に検査して
普通に観察するだけで大丈夫です.

救急で十分にみれない制限された環境で
診療する事も多いので、
見逃しがあったり、
そのリスクに留意する必要があります.

ポイントとしては

*JATEC評価
全員をJATECアルゴリズムに乗せる必要はないかもしれませんが、
walk inでも結構重症な事もあるので、
そういう観点での評価は、一旦してもいいかもですね.
(救急車の症例は全例評価してます.)

*記録は大切
初診では記録も重要なので、
メカニズムなど記録を詳細に書く必要があります.
特に初診だけでいなくなる患者さんも多いので、
一回しか問診ができない場合もあります.

*注意事項をあらかじめ伝えておく.
診療については、応急処置である旨を伝え、
最低限度の検査しかしない、と伝えておくとか、
もしくは、交感神経の緊張により後で症状が見つかる事も多いので、
新しい症状がでたら必ず来てくださいとか、
あらかじめ注意しておく事でしょうかね.

みたいな感じです.

とりあえず後日トラブルにならないような診療を求められるので、
ちょっとめんどくさいなって感じですね.

とりあえずこんなかんじです。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

アンチエージングについて整形外科的に考えてみるの巻 その1 超カンタンに美肌を追求できる方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
今回はアンチエージングについて考えてみたいと思いまっす。

整形外科って運動器外科であって(手足腰とか)、
美容整形外科とはさっぱり関係ないんですが、
(むしろ傷のきれいさには無頓着な場合が多い)
美容とか健康寿命に興味がない訳ではなく、
健康寿命的なお話で言えば、
運動器は健康寿命の生命線と言うか、
むしろ直結してタイヘン関連がある分野ですよね!!
ですから頑張って書いていこうかと思いまっす。

でもって今回は、
”美肌について”
考えてみたいと思います。




どうしてここまで運動器運動器で話題ひっぱっておいて”美肌”なの?
という感じですが、
今回はこんな論文見つけちゃったんですね。

Suppression of UV-Induced Wrinkle Formation by Induction of HSP70 Expression in Mice
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23096703

カンタンに要約すると、
42度のお湯にネズミつけてたら、しわ形成が優位に少なかったということでっす。

orthopedicsもですね、結構年齢不詳というか、

10年選手なのに未だに患者さんに研修医と間違われるタイプなのでー。。

どうしてかと思っていたのですが、
もしかしたら毎朝の朝シャンが影響してるのかもです。

朝はどうしても熱いお湯で体あっためるまでシャワー浴びないと気が済まないんですね。
普通にお風呂入ってもあついお湯で顔あっためるわけでもないので、
シャワーだからいいんじゃないかと思ったりしてます。

そんなかんじなので、停電とかガス管止まる生活とかもう考えられんっす。

というわけで、朝シャンもしくは夜シャワーは美肌にいいかもですよ!
ってことで、

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

P.S. ネットの紹介記事ではお風呂に入って体温を上げた方がいいと書いてありましたけどね..検証のほどはいかがなりますでしょうか..アンチエージングに関連する運動器の記事もたくさんありますので随時紹介していきます.

2014年度上半期の整形外科教科書の購入ランキング 順位はあまり変わりませんね.

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
読者の方が当ページからamazon経由で購入された整形外科教科書ランキングになります。
いつもご協力ありがとうございます.

あまり前回と代わり映えしませんが、
http://www.orthopedic.jp/archives/52109300.html
名前をあげていこうと思います.

第一位
図解四肢と脊椎の診かた


この本は繰り返しになりますが、整形外科の診察方法の基本手技になりますので、内科から外科になる先生、一般当直業務を将来視野に入れている先生は、研修医のうちに勉強しておく事をオススメします.整形外科なんて手術みても勉強にならないけど、診察方法は勉強しておいたら当直でよく使うと思うんですよ。

第二位
整形外科医のための手術解剖学図説 原書第4版


整形外科の手術アプローチの本ですね.整形外科医はこれがないとおまんま食えません.今はもっと良い教科書があるのかもしれませんが、内容的にはこれと手術手技ビデオ(ビデオライブラリー)があれば十分です.

第三位
標準整形外科学 第12版 (Standard textbook)


超定番ですね.改訂がそろそろでしょうか。

同第三位
Rockwood & Green Fractures in Adults (Fractures in Adults


超定番です.今年改訂です.もう少し立つとkindle版が出るかもしれないので、要チェックですね.

第五位
AO法骨折治療


外傷については、これ勉強している先生とそうでない先生はちょっと違うと思います.経験積んで難しい症例をこなすのも面白いですが、最初から”違いのわかる整形外科医”を目指すのも面白いのかもしれません.

同第五位
リハビリテーションシークレット


古い教科書なのですが、北米のリハの標準知識を体系だって覚えられる良い教科書かと思いました.古いのでどなたか改訂してくださいよう。。(もしくはorthopedicsがお手伝いしまっす.)

同第五位
整形外科医のための神経学図説―脊髄・神経根障害レベルのみかた,おぼえかた


これも定番ですよね.

同第五位
痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR―軟部組織へのシンプルで効果的なアプローチ


整形外科専門医による整形外科手技療法のテクニック解説の教科書です.教科書よりDVDの方がわかりやすいかもしれません.(ボクは両方持ってます.)評価ができないと手技も的確に運用できないので、評価の教科書の登場が待ち遠しいところです.

同第五位
ウケる技術 (新潮文庫)


唯一教科書以外の本がランキングしていますが、社会人として円滑に仕事行う為のコミュニケーションスキルについての本です.ボクには非常に参考になりました。
http://www.orthopedic.jp/archives/52115450.html

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。


*決して本をたくさん紹介する為に同五位が多いわけではないと、言い訳してみます。。

運動療法ってどう指導してますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
運動療法ですね。

患者さんはいろんな運動をしてたりするので、
社会歴で職業とスポーツは必ず聞く項目になってます。

個人的にさっぱりエビデンスはありませんが、
どんなスポーツがオススメなのか記載してみました。

あくまで個人的な意見なのでそこらへん勘案してください。

A 推奨する。症状悪化の可能性少ない。
B 推奨する。場合によって症状悪化のリスクあり。
C あまり推奨しない。場合によって症状悪化のリスクあり。
D やらないほうがいい。場合によって症状悪化のリスクあり。


A+  水泳(背泳ぎ・クロール)
A    水中歩行 
B   歩行 
B   ストレッチ
B   筋トレ
C   自転車
D   水泳(平泳ぎ)

みたいな感じです。

やっぱり一緒にみたりしないで運動をしてもらうのは、
歩行と水泳くらいしかない気がします。

ストレッチや筋トレは、診察して評価しないと
なかなか難しいですよね。

自転車についてもトライしたこともありましたが、
症状改善にはあまり役に立たないんですね。
心肺機能維持的なカロリー消費にはいいかもしれませんが、
身体機能の維持や改善にはあまり結びつかない気がします。

腰痛ガイドライン的には、
どの運動も変わらないって話ですが、
私は全然違うと思いますけどね。

歩行、水泳あたりは腰痛や肩こりなんかによく効くと思うんですが、
みなさんはどんな運動を処方してますか?

いろいろ教えてください!

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。

祝:後期研修合格おめでとう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
当blogに相談してきた初期研修医の先生が、
無事に希望するとある有名病院、後期研修プログラムに入れたようです!

もちろん私が手配したわけではさっぱりありませんが、
本当に良かったですね!

ちょっと心配でしたが一安心でっす。

2017年度から専門医取得に大学病院での研修が必要など
変動もある分野ですが、

業界でどう動けばいいかなど、
よくわからないことも多いと思いますので、
メールなど頂いたら、
いろいろわかる範囲では答えていこう!

と思っています。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。
電子出版しました!
マンガで読み解く
腰痛診療ガイドライン
eseikei5
腰痛をマンガでまとめました!

初期研修レジデント
コミュニケーションマニュアル
eseikei5
お役に立てれば光栄です。

整形内科概論
一ヶ月スパルタマスターコース
eseikei5
リリースしました!
予約販売中です!
最新コメント
アクセスランキング
eせいけいメルマガ(PC用)
HN
職種
名前
email
登録すると、規約に同意するものとします。
医療情報を扱うため職種の入力のご協力をよろしくお願いいたします。
バックナンバー
RSS/Contact
icon_06RSS登録はこちらから
相互リンクのご連絡はこちら☆ 医療相談についてのガイドラインはこちら☆
livedoor プロフィール
関連ページ
eseikeijWiki eせいけい
 ブログの内容をまとめたページです。整形外科専門医試験対策もまとめてみました。
eseikeijメルマガ eせいけい 
 メルマガをはじめました!応援をお願いいたします。
 
Amazonライブリンク
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ