昨日の外科の当直の先生ですね、、、一言言いたいというか、、

爪が汚染されてたといって、
抜爪された患者さんが外来に回ってきたんですね。
爪はどこに行ったの?
と聞くと、外科の先生が捨ててしまったと、、、

爪があれば創傷治癒が早く完了するのに、
爪の甲がなくなると、とっても時間がかかるのです。

特に手の爪は油とかでよっぽど汚れてても、
洗浄して消毒して使用します。
感染例はほとんどありません。

爪さえあれば、シラー法でもなんでも治療するのに、、

爪は、爪の根元の再生と、
爪の甲でも再生を担当しているので、
爪がなくなってから再生させるの、とっても時間がかかるのですね。

患者さんも爪の形を気にされる方も多いし、
手の指の爪って結構機能的にも重要なんですね。。

つめなんて乗っけておくだけで再生するんですから、
整形外科以外の先生も、爪の治療をよろしくお願いしますね!!

ま、他科の先生からも、
お互いにそういうこと思うこと多いんでしょうけどねー。

爪の処置だけで夜呼ばれるのも、あれなので、
こういうのはある程度はしょうがないんだと思ってます。

今後ともよろしくお願いしますね!
eseikeiUntitled

↑のロゴ、ぽちっと押してみてください。
blogランキングへの投票・リンクになります。